ハイパーリミックス3 | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
March 21, 2006

ハイパーリミックス3

テーマ: ├    AT機

ハイパーリミックス

【メーカー】サミー
【販売年月日】2002年3月17日
【タイプ】AーAR
【特徴】ディスクアップの後継機。ライクニューマシン


ディスクアップの後継機として、ゲーム性はほぼ継承していたものの

ARが出玉のカギを握る波荒マシンとなっていました。


ディスクアップのARは「50・100・200・2000」と継続ゲームは4種類。

2000はプレミア扱いだったのが、「5・50・100・200・300・2000」6種類と

増えた上、100を越えたら一番期待値が高いのは2000という、常に一発逆転の

要素を持っていたのです。


突入率2分の1に「5GのAR」が含まれてはいたものの、一旦突入すれば本当に

どこまで継続するかと常にドキドキできましたw



攻略心をくすぐる技術介入度もなかなかのもので、通常時に発生する小役ナビを

兼ねたドット演出は「始動時に表示された小役を否定する」という法則がありました。

(従って最初に「・(外れ対応)」からスタートすればその時点で小役orボーナス)


出現率はプレミア並ですが「女の子キャラ→スイカ&チェリー」スタートした場合、

0確となります。*女の子キャラはスイカ・チェリーに対応している為。



一時はこの台ばかり追いかけていました。ARの一撃性が高い分BR確率はかなり

低いのですが、それでも打ち込める面白さを持っていたのです。



自慢ではありませんが、1時間870回転の記録もこの台で出しました。

何故ならば閉店1時間前にARに突入してしまったからです。

健闘虚しくそのまま閉店となってしまいましたが・・・・


もっと哀しかったのは閉店20分ほど前にARに突入したときですかね。

必死で終われ終われと祈りながらら打ったにも関らず、残念ながら時間切れでARを

取り残してしまいました・・・・・・・・305回転で(涙



ちなみにライクニューマシンというのは、メーカーがホールから回収した機械のうち

使える部品を再利用しているものです。通常機よりも割安で販売されていたようなの

ですが、今でもやっているのですかね?

hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス