パワーボム | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
January 29, 2006

パワーボム

テーマ:■4号機

パワーボム

【メーカー】パル工業
【販売年月日】1995年5月
【タイプ】A
【特徴】設置されたほぼ全てが裏物


3号機の裏物爆裂時代が、ようやく忘れられかけたこの頃、業界にもお客にも

ショッキングな事件が発生します。


パル工業の解散


1号機ペガサスから業界の老舗として認知されていたメーカーが裏物に関与

していた事が発覚した為、検定取り消し処分となったのですが、そのまま会社

を精算してしまったのです。


当時一部の地域や特定の機種に怪しい挙動を見せる台というのは存在してい

たのですが、パル工業が発表した機種はほとんどが、ノーマルとは思えない波

の荒さを持っていました。


又、同一配列でBGMや制御を使い回した機種を乱発し、連荘システムが異な

るという露骨な台が続出したのです。


ビガー・パワーボム・パワーゴリラ・V10等・・・


リプ連やチェリ連で大当りするなど、あからさまな仕様はハードを結ぶハーネス

部分にROMが仕組まれており、その部品が工場から発見されるという、かなり

ショッキングな出来事で発覚する事となりました。



勿論裏物が違法だというのは誰もが理解はしていますが、気軽に連荘を楽しみ

たい・・・そういう従来の機種を知っている古参ファンはまだまだ数多く存在して

いたのです。


ペガサスで連荘の面白さを伝えたパル工業は最後まで、その姿勢を貫いて玉砕

したのかも知れません。


専門誌も事実経過等を記事にはしていたのですが、コメントに関しては好意的な

ものが多かったような気がします。



「交通安全週間に制限速度を無視したら、そりゃぁ捕まりますよ」



パルの解散に関して某メーカーの方が語った一言から、当時の情勢を垣間見る

事ができるのではないでしょうか?




スフィンクス

【メーカー】パル工業
【販売年月日】1995年
【タイプ】A
【特徴】パル工業最後の機種


摘発後、ほとんどの機種が撤去されたわけですが、その時点でまだ導入

されていなかったスフィンクスに関しては、既に契約が終了していた台数

のみ特別に設置が許可されました。


全国で数百台だったのですが、これがパル工業の遺作となりました。


尚解散したものの、開発スタッフの多くはそのまま新規参入メーカー

「EMA」に移籍し、パルのブランドも引き継がれています。


hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス