・ウルトラマン倶楽部3 | 懐かしのぱちすろ名機列伝xxΣ
July 08, 2006

・ウルトラマン倶楽部3

テーマ: ├    CT機

*動画を追加しました



ウルトラマン倶楽部3

【メーカー】サミー
【販売年月日】1998年3月
【(C)】円谷プロ バンプレスト
【タイプ】B-CT
【特徴】CT(チャレンジタイム)採用機


4号機の規制解釈の緩和の前に新スペックとして採用が認められたのがCT

(チャレンジタイム)というゲーム性です。


これは、特定Gの間リール制御が完全にビタどまりするものでリプレイ・ボーナス

のフラグ以外は停止後に判定を行なうというものでした。



ビッグ図柄に赤7と青7があるのですが、赤7(制御で振り分けられる)ボーナス終了後

CTに突入し、「100Gを消化する」「201枚以上のコインが払いだされる」「ボーナスが

成立する」いずれかの条件をクリアするまで継続されます。



目押しの有無が機械割りに大きく影響し、CT中は素早く限界までコインを獲得してから

以後は現状維持で規定ゲーム数をクリアするという「CT維持打法」が必須とされました。


サミーはこの機種以降「タイアップを前面に押し出した機種の開発」を明言しており、

それにふさわしいだけの完成度も誇っていました。


以後に始まる、大量獲得機ブームで忘れられがちなのですがパチスロのキャラクター

路線という指針を示した名機でもあります。


大ヒット機種だけに何かと話題も多く略称を「ウルクラ」にするか「マンクラ」にするかで

ガイドとマガジンがいがみあったり、万枚仕様の設定6に賛否両論が分かれたりもしま

した。


信じられないかもしれませんが、マンクラの機械割りが判明し6だけが別格のスペック

と言う事実に、「5以下とわかると客がつかない」という苦情がホールから出たりしたの

です。当時としては「6だけがエクストラ設定」というのは決して歓迎されるものではなか

ったようなのです。


何気に自分が始めて万枚を達成した機種でもあります。

3時くらいから打ち初めて10時までひたすら当たり続けて気がつけば万枚に到達して

いました(確かビッグは47回だったかな?)


CT機は4号機の共通仕様として採用されたはずなのですが、その後本来の特許を

所有していたアルゼが各メーカーを訴えるという暴挙に出た為、(元々、こういう特許

があるんですけど、皆で使いませんかという提案をしたのはアルゼ)、一時的に人気

を得たものの後継機が登場しなくなったため、いつしか忘れられた存在となってしま

いました。



■おまけ動画


ボーナス後からが本当の勝負

nobさんのブログ から転載しています



■ゲームで遊ぶ

実戦パチスロ必勝法!サミーレヴォリューション
Amazon.co.jp

中古相場は150円前後。


他の収録機種は祭、テキーラ、ホンテッドパーティ2、BC20000

スロゲーというジャンルが認知されるきっかけになったになった

ソフトだったような・・・(当時としては)実機の再現度が群を抜いて

いました。

hi-upさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス