人気ブログランキング

 

今、ツバメが巣を作って、

子育てをする季節ですね。

 

 

(出典 Pet Pedia)

 

 

 

「ツバメが家に巣を作ると縁起がよい」

と言われているそうです。

 

 

春にやって来るツバメが

巣で卵を産み、

子どもを育てて一緒に巣立つのです。

 

 

巣を作った家には

どんな影響があるのでしょうか。

 

 

気になります。

 

 

 

 

 

 

実は、私の実家の木造の車庫に、

ツバメの巣がひとつあります。

 

 

私の祖父母の時代、

その車庫が農機具庫だった頃から、

そのツバメの巣はありました。

 

 

もちろん、巣は、壊れるたびに

ツバメが新しく作っているのですが、

 

 

場所はほぼ同じです。

車庫の天井の中央なのです。

梁を上手に利用して作っています。

 

 

なんで中央だったのか、

今になってわかりました。

 

 

私の実家は超田舎なので、

ヘビがよく出ます。

 

 

なんとヘビは、木造の車庫を

天井まではって行って

ツバメの巣を襲うのです。

 

 

だから、最も到達しにくいように

中央だったのですね。

ツバメかしこい。

 

 

さて、祖父母の代に

ツバメが子育てまっさい中なのに

 

 

その倉庫を

うっかり閉め切ったままにしたことが

あったそうです。

 

 

そのときのツバメ家族がどうなったのか

想像するだけで痛ましいのですが、

 

 

その年、実家では

とても不幸で悲しいことが起こったそうです。

たまたま

同じ年に重なっただけかもしれません。

 

 

それでもそれ以来、私の実家では

 

 

ツバメがその年に無事、巣立つかどうかが

我が家の命運を握っている

 

 

とばかりに、

 

 

ツバメの子育てを

全面協力するようになりました。

 

 

車庫の真ん中に巣を作っているのですから、

車の中央に

いつもフンが落ちてきます。

 

 

車の上には

フン対策の小さなシートを置いていました。

 

 

車で通勤する父は、面倒くさかったでしょうが、

毎日もくもくと、

置いて外してを繰り返していました。

 

 

もちろん、ツバメが出入りするための扉は

必ず開けておきました。

 

 

それでも、ヘビがやって来て

ツバメの卵と一緒に

巣ごとやられることだってありました。

 

 

巣立ちに間に合うようならば、

親ツバメはもう一度、

そこに一から巣を作り始めます。

 

 

田んぼの泥などを

少しずつ運んで、

再びこの巣を作るのです。

 

 

 

その姿をみていると、けなげに思えて

今度こそ、絶対に守ってやらねば

という気持ちになります。

 

 

両親は、ツバメの巣の周りの柱に

ヘビよけの液体をしみこませた布を

ぶら下げたりしました。

 

 

下からは、巣の中は見えませんが、

あるとき、ピーチクピーチク

子どもの口が見えるようになります。

 

 

「あ!卵が孵(かえ)ったね!」

と家族で喜びます。

 

 

「今年は子どもが2匹だね」

と、子どもツバメの数まで把握し、

 

 

子どもツバメが、

飛ぶ練習をする頃になると、

 

 

車庫の中から

親ツバメの次に出ていく子どもツバメの

その飛ぶ勢いを見て、

 

 

一匹は上手なのに、

もう一匹は、うまく飛べないみたいだね。

大丈夫かな?

 

 

と心配しながら

見たりしていました。

 

 

そんなある日、

「そういえば、

 車庫からツバメが出入りしなくなったな」

 

 

と思ったら、

巣がガランとしています。

 

 

そう、無事、

 

 

ツバメ家族は

飛び立って行ったのです。

 

 

やれ、やれ、よかったぁ…

 

 

私の両親は

これで今年は我が家も安泰

と、胸をなで下ろしていました。

 

 

年によっては、

親ツバメが、はなから我が家にやって来ない

ということもありました。

 

 

心配していたら、

その次の年以降に

ちゃんとやって来ました。

 

 

両親の話によると、

ツバメが来なかった年は、

やっぱり我が家の運気も、

パッとしなかったそうです。

 

ま、気のせい・思い込みの可能性もあります。

 

 

 

 

私が今、考えるところによると、

 

 

あれだけかしこいツバメですから、

 

 

見えないその家の「勢い」というか「運気」は

ちゃんと感じているだろうなと思います。

 

 

だから当然、家のエネルギーを感じ取り、

今年は、ここで子育てするのは難しいな

と思ったら、

別のふさわしい所を探すでしょう。

 

 

そういえば

私が子どもの頃の実家は、

 

 

両親が心配性だったので、

「勢い」とか「運気」は別として、

慢性的にちょっとネガティブな家庭でした。

 

 

だから、

 

 

ツバメにとっては、エネルギー的には

そこまでよい環境ではなかったと思います。

 

 

でも、ツバメが子育てして

無事巣立ってくれることによって、

 

 

逆に、実家の方が、

エネルギーをもらっていた

 

 

ように思えます。

 

 

実は、私達、

ツバメに

お世話になっていたのですね。

 

 

image

 

 

 

だから私にとって、ツバメは

 

 

大きなパワーを持った

かしこい生き物

 

 

なのです。

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング