私にとっては

 

 

「ふだんの空」と

「なんか気になる空」

 

 

があります。

 

 

「なんか気になる空」は最初は

ただの気のせいだ、と思っていましたが、

 

 

最近は

ちゃんと霊的な理由があるんだと

わかってきました。

 

 

一昨日、

朝、起きてカーテンを開けたとき

その「なんか気になる空」でした。

 

 

 

 

しかもこの日は

空の写真を撮っているときに

 

 

飛んでいるカラスが写りました。

こんなことはめったにありません。

 

 

image

 

 

あ、また写った。

今度は小さいよ、わかる?↓

 

 

 

少し時間がたつとこんなふうに。

↓↓

 

 


 

 

 

そしてまもなく

空は「ふだんの空」になりました。

 

 

我が家のすぐ近くには

電柱があるのですが、

 

 

その日、その電柱の上に

カラスが一羽とまっていました。

 

 

わ、すっごいめずらしいな…

と思い、このことが、

ちょっとひっかかりました。

 

 

2年前、宗像大社を参拝したとき、

大島にて、

 

 

こういうふうに電柱の上にとまり、

お見送りをしてくれた神使の鳥のことを

思い出しました。

 

 

でも、ここは、神域じゃないし…ね。

 

 

とスルーしました。

 

 

その後、識子さんがアップした

この記事を見て、

↓↓
 

 

ああ、今、

出雲大社の神在祭の期間なんだなと

知りました。

 

 

もしかして、

神在祭に参加する神様が

上空を通った?

と思いましたが、

 

 

神在祭は6日夕刻~と書いてあり、

私がみた「気になる空」は7日の朝。

 

 

神在祭はとっくに始まっていて、

それでは大遅刻です。

 

 

こりゃ、違うわ

と思いました。

 

 

さて、次の日の朝は「ふだんの空」でした。

 

 

朝、娘を送り出すとき、

外に出たら、

 

 

なんとまた

カラスが電柱にとまっています。

 

 

どうしたんだろう、とは思いましたが、

でも気のせいよ、とスルー。

 

 

しばらくして

洗濯物を干すために庭に出ました。

干しているとき、なぜか

ふと識子さんのことを思い出しました。

 

 

そのとき

「カア~」

と聞こえてうしろを振り向くと、

 

 

ええっ!

 

 

まだ

電柱の上に

カラスがとまっています。

 

 

あれから15分は経っていました。

これは、霊的にあやしい。

 

 

私はカラスを見て、

 

 

カラスから

何か感じ取れるかためしてみました。

 

 

でも何もわかりません。

 

 

なんだ、やっぱり気のせい

とまたスルー。

 

 

家の中に入りました。

 

 

 

 

カア~、カア~

カア~、カア~

カア~、カア~

カア~、カア~

カア~、カア~

カア~、カア~

 

 

 

 

連続でしつこく鳴き続けるカラス。

家の中まで聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

さすがにこれは、

霊的に

 

 

 

なんかある笑い泣き

 

 

 

 

スマホを持って外に出ました。

 

 

カラスは電柱の上にとまったままでした。

 

 

カラスは私が家から出てきたのを見ると

鳴くのをやめました。

 

 

スマホをかまえて撮影を始めると

カラスは「よしよし」という感じ。

 

 

 

 
 

 
 

 
 

 

 

 

写真を撮り終えてスマホを降ろすと、

 

 

スッと

 

 

それはかっこよく

飛び去って行きました。

 

 

これには、私がびっくり。

 

 

ほんとに「写真を撮りに来い!」って

言ってたんわ、と。

 

 

カラスはこの出来事で私に

何かに気づけ

と言ってきてるのはわかりましたが、

 

 

私は何に気づけばいいのか

さっぱりわかりません。

 

 

わかるわけないじゃないかー!

 

 

その後、お昼のことでした。

ふと、本当にふと、

 

 

あの「なんか気になる空」は

もしかすると…と

 

 

私の中で、ある仮説が

浮かびました。

 

 

その瞬間、

「ちりん、ちりん」と鈴の音がしました。

 

 

誰もいない家の中で

絶対に鳴るはずのない音です。

 

 

でも、はっきり聞こえて、

それが「かわいい鈴の音」なので

 

 

この仮説があっているのかな

と思いました。

 

 

その仮説とはね、

 

 

神在祭に参加する神様が

出雲に行くときに、

お供をした眷属がいてね、

 

 

神様が無事、出雲に到着したあと

その眷属はいったん自分の神社に帰る

 

 

そのときに通った空が

「なんか気になる空」になった

 

 

というものです。

 

 

ただ浮かんできたものなので

なんの根拠もありません。

 

 

神在祭は6日夕刻~で、

私がみた「気になる空」は7日の朝だから、

 

 

タイミングとしてはピッタリ。

 

 

それでね、私は

急いで調べてみたのです。

 

 

私の家の上空を通りそうな

出雲大社神在祭に行く神様を。

 

 

山岳系の神様ではない

総本宮の神社。



地図を見て、神社から出雲まで

一直線に進んだとして、

私の家が、ほぼその線上にある

そんな神社があるかな…

 

 

すると、



ありました!

 

 

ものすごいでっかい有名な神社です。

 

 

ひえ~っ!そうなのか~!

と思いました。

 

 

それなら、

 

 

これから、眷属さんが再び

出雲へ神様を迎えに行くとき、

 

 

そして、神在祭が終了して

今度は、神様と一緒に帰る時

 

 

また上空を通る可能性があります。

 

 

あ、それとも、

 

 

みんなを愛する神様なので

同じところばかり通らず、

 

 

あえていろんなところを

通るかもしれませんね。

 

 

どちらにしても

 

 

出雲大社の神在祭に参拝できずとも

こんな恩恵を

受け取ることができるんだなあ…

 

 

と、うれしくなった私でした。

 

 

おっと、

しかしながら…

 

 

これはあくまで私の仮説。

 

 

本当にあっているかどうかは

わかりません。

 

 

だから、

 

 

あなたも

神在祭のあとまで

しばらくは…

 

 

 

 

 

いつもより多めに、

上空をながめて

 

 

ぜひ、あなたの目で

 

 

確かめてみてくださいね。




神在祭は

11月6日夕刻〜11月13日夕刻

だそうです。

 

 

 


 

***観月まひろから年賀状が届く***

くわしくはこちら↓

観月まひろの<直筆メッセージ入り年賀状>

 

 

 


人気ブログランキング