人気ブログランキング


にほんブログ村

 

ある日、ツインソウルの友達が

「なんか今日は

 イライラして怒ってばっかりだ」

と言いました。

 

 

ツインは、その感情が不快だったので

ぽろっと本音を私にもらしたようでした。

私は、

 

 

「怒ってるとき

 『自分は怒りたくて怒ってるんだ』

 と思ってみて。」

 

 

と言いました。

なぜなら、先日私がブログに書いた

「どんな感情も歓迎して豊かな人になる」

の論理を適応するならば

 

 

お金持ちに一歩近づく!

と思ったからです。

(どうなの?そのアドバイス笑い泣き汗)

 

 

 

 

すると数時間後、ツインが

驚くことを私に言いました。

 

 

お釈迦様や道元・親鸞が説いている

あるがままを受け入れる

が腑に落ちた…と。

 

 

ツインの友達は過去に

仏教を修行していたので

そのことは、私が想像する以上に

深いレベルでのことを意味していました。

 

 

感覚で腑に落ちたことを、

私にわかるように教えてもらうなんて

無理だとわかってはいますが、

 

 

そこをなんとか説明してもらって

このツインの気づきを

私なりに理解したこととは

こうでした。

 

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

なんらかの出来事に腹を立てて

怒っているとき、

 

 

どこかで

感じたくもない感情を

感じさせられている

と思ってしまいます。

 

 

でも本当は、

自分が怒りたくて怒っています。

「怒るという感情を選択しているのは自分」

ともいえる。

 

 

この

自分が怒りたくて怒っている

というのを

自分でわかっている

という状態が、

 

 

「これが自分である」

あるがままの自分を受け入れている

あるがままの自分を許している

 

 

という状態。

すなわち「悟り」の状態だそうです。

 

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

 

それを聞いて

ああ…

私には思い当たることが。

 

 

以前、私が子育て中で

子どもを怒ってはいけない…と

感情にフタをしまくっている頃

 

 

なにかの拍子におさえきれなくなって

激しく怒ってしまったときでした。

心の中でかすかに、でもたしかに

 

 

私ったら、

怒ることができて喜んでる!滝汗汗

私、怒りたいんだ!

 

 

と自覚したことが

何度かあります。

感情をおさえておさえた極限での感覚でした汗

 

 

当時の私は、そのあと

一瞬といえども怒ることを喜んだ

自分を責め、

子どもに対する罪悪感をひきずり

苦しみました。

 

 

でももしもそのとき、

 

 

 

 

私は怒りたくて怒っているんだな。

これが私なんだな。

これが私でいいんだな。

 

 

 

こうやって自分を受け入れ許したら

私はすぐに立ちなおり

顔をあげて、前を向き

笑って進んで行けたでしょう。

 

 

そのほうが

 

 

私も

子どもも

 

 

幸せだったと思います。

 

 

 

 

そう、

自分は怒りたくて怒っている

と自分でわかっていて

あるがままの自分を受け入れる。

 

 

これからは、

不快な感情がふいにやってきても

 

 

感じたくもない感情を

感じさせられている

という思いに

 

 

のみ込まれるのはやめよう。

 

 

 

 

 

 

お金持ちになるため…というか

豊かな人になるための在り方

 

 

仏教では悟りといわれる

あるがままを受け入れる

という在り方

 

 

一致していたという不思議。

 

 

 

矛盾なき宇宙の真理が

まるで

 

 

 

豊かさと幸せは

同時に手に入る

ものなんだよ

 

 

 

と教えてくれたような

出来事でした。

 

 


人気ブログランキング


にほんブログ村