今、その空間、心地よい?

テーマ:


人気ブログランキング


にほんブログ村

 

 

アゲハチョウは神様のお遣い

と言われています。

 

 

先日、エネルギーについて

書かれた記事を読んで

 

 

神社の神様は、

どうやって

参拝した人の前に

意図的に

アゲハチョウを出現させているか

わかったので

 

 

今日はその話を。

 

 

 

 

私達は、神域や森林で

気持ちがいいと感じます。

一方で、空気がよどんだような場所では

嫌な気分がします。

 

 

これは私達が、エネルギーを

感じているからですが、

 

 

自然界の動物や昆虫は、

それらを感じる能力がもっと敏感で

反応も素直です。

 

 

神様はエネルギーを

変化させられるので

アゲハチョウから参拝者までの

空間のエネルギーを変化させて

 

 

アゲハチョウが、

飛びたくなるような

心地よいエネルギーの道を

つくっているようです。

 

 

だから、アゲハチョウは

素直にその道を通って行き

参拝者の目の前にたどりつく…

というわけです。

 

 

アゲハチョウは神様の歓迎のしるし

と言われているけど、

「なんで?」と思っていた私。

 

 

でも、あるとき鳥居の手前で

自分の身長くらいの大きい円を

描いて飛ばれたときには

(→生理中。神様は?)

 

 

「確かに神様の意志が

 あらわれてるわ」

と思い知らされました。

 

 

それは神様が

チョウが飛びたくなるような心地よい

ドーナツみたいな円の道を

つくっていたからだったのか…

と納得。

 

 

他の動物・昆虫でも

同じことが起こりますが、

 

 

神様が道をつくりやすくて、

そしてその道を、

素直に通る生き物が

 

 

神様のお遣いとして

一般的によく認識されている

ということなのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

そんなことを考えていると

私はふだん、

 

 

自分が今いる空間が

心地よいのかそうでないのか

 

 

感覚をとぎすませて

感じてみることなんか

めったにないなと思いました。

 

 

忙しすぎて感じる暇もない。

感じるという発想もない。

 

感じないようにしないと

時間がくるまで

嫌でもここから

離れられないんだから。

 

 

って思っていました。

 

 

でも、

自分が今いる空間が

心地よいのかそうでないのか

意識的に感じるって

 

 

すごく重要なこと。

 

 

なぜなら

 

 

自分を大事にする

ということだからです。

 

 

もしも、心地悪くて

離れられない場所にいるときでも

「嫌だ」と自覚し、

より快適になる方法を探し始めたとたん

変化はちゃんと起こってきます。

(これは不思議だけど私も体験ずみ)

 

 

 

 

まるでアゲハチョウのように

軽々と自由に

好みの場所へ飛んで行ける…

 

 

本当は、人間にとっても、それが

自然な姿なのかもしれないなあ…

 

 

と思えてしかたない私なのでした。

 

 

人気ブログランキング


にほんブログ村