人気ブログランキング


にほんブログ村

 

前回のつづきです。

 

 

夫婦の会話も

ほとんどなくなっていた頃

 

 

夫のことを、20年近くも根深く

許せない

と思い続けていたとわかり

 

 

自分に驚く私でした。

 

 

そして驚いた次の日です。

こんなひと言が、

私の中に突然降って来ました。

 

 

夫が私にしてきたことに対して

 

 

 

 

 

それもあり

って。

 

 

 

 

 

このとき

「そうだよな…人は自由だもの…」

と驚くほど静かに納得する自分がいました。

 

 

これって…

許しのはじめの一歩じゃないか⁉︎

 

 

とこれまた静かに

分析する私がいました。

 

 

 

 

「許せない」と認めたら

「許し」が始まる…

 

 

 

 

皮肉な話です。

 

 

もしも「夫を許せない」気持ちに

まだ気づいていない私へ

誰かが

 

 

旦那さんがしてきたこと

「それもあり」なんだよ…

 

 

と言ったら

「人の気持ちも知らないでっ!」って

私はめちゃめちゃ怒っていたと思います。

 

 

たとえ真理だとしても、

到底受け入れられなくて。

 

 

ところが自分の正直な気持ちに

気づいたとたんに

こんなにも自分の反応が変わってる。

 

 

20年にわたる根深い気持ちが

たった1日で動き始めるなんて…

 

 

自分の正直な感情をひろいあげるのが

こんなに重要なのか!

と驚きました。

 

 

さらに私は

こんなことまで考え始めました。

 

 

私も悪いよね。

自分を恐怖から守るためとはいえ

夫からすれば

「そんなに長い間、何も言わずに

  ひたすら根に持っていたのか!」

って思うよね。

夫も被害者だよなあ…って。

 

 

これまでなら、こんなこと

死んでも考えたくありませんでした。

 

 

私は、私をあんなに傷つけておきながら

自分が正しいと思っている夫の在り方が

本当は大嫌いでした。

 

 

夫が悪いし、夫が間違っていると

思っていました。

 

 

私は必死で苦しんでやってきた。

私は間違ってない。

 

 

私は私を正当化するためにも

「私はちゃんとしている」

「私は悪くない」

を証明するように生活していました。

 

 

だから夫のことも、

寛大に許したふりを

していたのですね。

 

 

嘘のくせに…ね。

全然許せてなかったのにね。

 

 

 

 

 

夫を「許せない」と気づいたら

 

 

がんばっていたものが

私の中で突然崩れたのか

 

 

 

 

 

もう自分も

悪いやつで

いいや…

 

 

 

 

と思えました。

 

 

すると急に

どうでもよくなって

 

 

なんと私の心の中に平和が訪れました。

 

 

えっ!こんなのアリなの?チーンむかっ

という奇妙な感じがしました。

 

 

なぜなら

 

 

まるで、

心正しくよい行いをした

その先にしかないかのように

言われていた、心の平和は

 

 

なんと

 

 

私も悪いやつでいいや… 

というところにあった 

からです。

 

 

 

 

 

私が悪いやつだったら

夫が悪いやつでも…

 

 

 

 

ま、いっか

 

 

 

 

私はすでに

本気でそう思っていました。

 

 

 

 

 

 

もしかしたら、

これが本当の

許し

 

 

 

 

夫婦の会話がどんどんなくなっていった

この3年間、

いつも夫が私に向けていた

非難のエネルギーが

パタと止みました。

 

 

夫は何も知らないのに…です。

 

 

私は、心の中には平和を得て

さらに

夫からのエネルギーダメージを

受けることもなくなり

 

 

楽になりました。

3年間心に重くのしかかっていたおもりが

やっととれました。

 

 

今は、夫が私を

本当に大事に思っているのが

わかります。

 

 

でも、私が夫を

大事に思っているのかどうなのかは

わかりません。←正直

 

 

わかっているのは

 

 

今、私は

安心して私でいることが

できている

ということ。

 

 

私が20年間、

望み求め続けてきたものでした。

 




 

おわり


 


人気ブログランキング


にほんブログ村

AD

コメント(2)