明日から真似したくなる漢の映画

男子総草食化が叫ばれる、昨今。
男なら明日から真似したくなる映画を紹介していきます。
たとえ真似したところで、明日が全然変わらないにしてもだ!


テーマ:
{84CB21A4-8C9B-4628-AAF7-01DD4166063B:01}

~子連れステイサムが、途中から子供を忘れて陰謀に挑む!~

「子供好きなんですよ。」
と臆面もなく言う野郎は大体、相手に良い印象を与えたい下心ありきか、ペド野郎の2種類しかない。

そんな風に思っていた時期が俺にもありました。

そりゃ可愛いかもしれないが、あいつら一筋縄じゃあ行きませんよ。
ある日の事だった。
実家に帰ってゴロゴロしていると、弟が面倒を見ろ、と。
姪っ子を。
こちとら漫画の子連れ狼とか見てますからね。
子供の扱いは慣れたもんですよ。
「まあ何か見せとけばおとなしくしてるだろう…」と、とりあえずイップマンの10人組手の動画を姪っ子に見せていたのだが、弟に本気で「辞めろ!」と言われたのだった。
むかしは香港映画かシュワルツェネッガーを見せてれば、ガキンチョも黙って見ていたじゃねえか。」
と返すと「それはウチだけだよ!」と言ってテレタビーズという、これまた狂った子供番組を弟は再生して、結局姪っ子と一緒に見る羽目になってしまった。
まあしかし、俺も大人だ、これでも
テレタビーズも黙って見ていたし。
それはそれとして、やはり良い年になると、ガキとの付き合い方子連れ狼以外で考えなきゃいけないなあ、と。
しかしねえ、そんなの今更誰に聞かなきゃいけないのか?と。

そんな事を、すっかり忘れた昼下がり。
俺は相変わらず実家から戻ってゴロゴロしていた。
ちょっと見るもんねえなあ、と久しぶりにトランスポーター2を再生したのだが、答えはトランスポーター2にあった!

というわけで、最新作トランスポーター・イグニションをスルーして、あえてトランスポーター2!!
実に半年ぶりのステイサム映画。
ステイサム流・子供との付き合い方を描いた、トランスポーター2をご紹介します。


前作にてフランスで運び屋をやっていたステイサム。
しかし、微妙なヒロインに振り回されるは、ルールは破るは、と色々懲りて、アメリカに引っ越していた。

誰もいない駐車場にてマジメな表情で時計を確認するステイサム。
そこへブリトニースピアーズを意識したコギャルが声をかけてくる
{DABD3DCB-0C14-4DA6-8CCB-05F124CBBC2C:01}



普通なら、「お!ギャルだ!」何て浮足立ってしまいそうなもんだが、ステイサムは違った。
「悪いが用事がある」と答えるステイサム。

するとギャルは銃を突き付けてくる。
裏からゾロゾロと現れるチンピラたち。
車上荒らしであった。
だが、カツアゲする相手を間違っていたのは言うまでもない。
おおよそ5秒くらいで叩きのめされるチンピラ達だった。
{7032DA4E-8A24-459E-BB68-19D3F3269BA8:01}


車両盗難保険より安心のステイサムセキュリティドン引きするコギャルは銃を向けるものの、ステイサムは家に帰って宿題をやれ。」と意に返さず、その場を去るのだった。
{E2B8E968-75A9-4D6A-949B-5F1E62B3FCB2:01}


男、というか世のオッサンと言うのは、年下の女の子に話しかけられると判断が鈍りがちだが、この家に帰って宿題をやれ。」という姿勢は男なら明日から真似したくなる。

ギャルへのガードの硬さを見せつけ、無事遅刻することなく現場に着いたステイサム。
誰を乗せるのかと思いきや、乗ってきたのは6歳のガキンチョであった。
まあ女を乗せるとロクなことがないと前作で色々学んだのでしょう
ガキンチョを乗せたら、黙らせるために妖怪体操第一とか流すんでしょうが、ステイサムは違った。
{6B39C6E2-10D8-4D91-BFD7-ECBEF4F02EB5:01}


ルール1・車と運転手に敬意を払う。
ルール2・挨拶をする
ルール3・シートベルトをする

相手が誰であろうとルールを課すのは、相変わらずだ。
運び屋の性分が抜けきっていないステイサムだった。
FMすら流さず、全くヒントを出さないナゾナゾを出し、坊やとドライブするステイサム。
それでもノリノリの坊やが答えを言うものの、基本「違う。」の一言で済ますのだった。
実はステイサムが雇われるということもあって、坊やの親は政府のお偉いさんであった。
そんな坊やを無事家まで送迎するのがステイサムの仕事だ。
俺なら良いところの坊やと聞いたら、着くなり「さあ降りろ」言いたくなるが、実は坊やの両親は離婚危機にあった。
今日も玄関の前で夫婦喧嘩をしていると。
ここで更になぞなぞを出して時間を稼ぐステイサム。
{DDA591F3-8ACD-4910-B79A-D8485EE9F003:01}


俺も「空気を読めないなあ・・・」なんて良く言われ空気は読むもんじゃねえ!吸え!!と返していたのだが、せめて坊やの前では空気を読みたいもんだ。
このステイサムの姿勢も男なら明日から真似したくなる姿勢だ。

ここまでで男の憧れ(まあ主に俺だけでしょうが)を集めるステイサムだったが、それは坊やのお母さんも例外ではなかった。
その日の夜、宅配ピザを待っていたステイサムを奥さんが訪ねてくる。
ほろ酔いで。
ピザより先に人妻が来るという状況にステイサムも困惑する。
冷静に考えてほしい。
昼はコギャル、そして夜は人妻ですよ。
大体俺の家に来るのはNHKの集金怪しい宗教の勧誘だが、このシチュエーションで冷静でいられると自信を持って言える人間はいるだろうか?
例によってダメ押しのように人妻にハグなんかされちゃう。
「もういいだろ・・・」という気持ちを持ってしまいそうになる。
ていうか俺ならなる!!
「寂しくて、どうすればいいのか分からない・・・」なんて人妻に言われるものの、ステイサムは「みんな寂しい。」と茶を濁し、人妻を家に返すのだった。
この年齢が上も下も関係ない鉄壁のガードぶり
{6E169064-9542-4D65-B893-EFB96733667D:01}


後ろめたさがあっては、子供のお守りは出来ないとステイサムは俺たちに教えてくれる。

色んな意味でのルールを破らずに、順調に運転手稼業を続けるステイサムだったが、平穏な日々が続くはずはなかった。
エクストリーム剣道をするテロ組織のボス、そして、すがすがしいほどのビッチな女ヒットマンが坊やの誘拐を計画していたのだ。

そして誘拐の裏に見え隠れする陰謀…
果たしてステイサムは坊やを守れるのか?

こうして、ステイサムの真の子守が始まるのだった・・・。
{761533D9-690B-414E-8059-2FD085CE3340:01}


このトランスポーター2、何が素晴らしいというと相手が子供だろうが男気を発揮するという点だ。
あくまで己の姿勢は崩さない。

例えばこうだ。
坊やを予防接種に連れて行ったステイサム。
注射されるんじゃないかと心配する坊やに「それは分からない。ルール1、どうなるかわからん事を、あれこれ心配してもしょうがない。」と励ますのだった。
あれこれ心配するのは子供に限ったことではないが、このあれこれ心配してもしょうがない」と相手を納得させる姿勢は是非真似したい。
{6A637598-5A1F-4AB5-969E-4E9EF31DEC6A:01}


その後、下着姿の女ヒットマンから銃を乱射され、顔を舐められる、病院をフロアごと吹き飛ばす、audiで隣のビルに突っ込む、という異常事態が待っているとしてもだ!


{E24D94FE-2202-4D74-B7AB-AB16106A3ADA:01}


しかし、ステイサムの男気は止まらない。
結果、テロリストのボスに誘拐される坊や。
「痛いことはさせないって約束だよ、フランク!!」と叫ぶ坊や。
ボスに「守れない約束はするな。」と言われるステイサム。
ここで「ルール4。守れない約束はしない。」と言い切るのだった。
この唐突なルール4宣言は男なら是非真似したくなる。

{552E1530-4C91-495A-88E7-1CF05D50B082:01}



予告編を見ると、坊やとの心の交流を強調されている。
だが、実際はステイサムが坊やの安全を確保するや、中盤からテロ組織を全力で潰しに行きます。
予告編の割には心の交流描かれていないじゃん!とかいう人もいるかもしれん。
だが待て。
これはトランスポーターだぞ!と。

ベタベタした坊やとの心の交流より、坊やとの約束=契約を優先するステイサムが正解なんだ!と、今決めました。
まさかのルール4宣言後、爆弾を仕掛けられたaudiを、誰も真似できない方法で解除するのだが、映画「スピード」を3分で終わらせると見る者に感じさせる。
{B689577E-F09B-421F-8E20-839416854E9A:01}


他にも薄い木の板一枚で弾丸を防ぐ、弾丸を生身で避ける、ジェットスキーで公道に飛び出す、手を上げずに足を上げて交通事故を回避する、アグレッシブな消火ホースの正しい使い方、ラストで披露する一人ワイルドスピード・スカイミッションなど、「なんやかんや守るだろうなあ、約束・・・」と思わせてくれる。
この説得力。
{229A96D2-E249-4333-8453-E13EF4D36AAB:01}


やっぱ子守をするには、これ位出来なきゃダメなんだと見る者に感じさせてくれるのだった

で、そんなステイサムの男気にばかり目が行ってしまうのだが、同じくらいに男気を発揮するのが前作でも登場したタルコニ警部だ
今回はフランスからアメリカまで片道12時間位かけて来たにも関わらず、ステイサムの家でクリームブリュレを作っていた中、逮捕されてしまう。

しかも拘束された連邦捜査局でステイサムをサポート、結果5分位ステイサムと話してフランスにトンボ帰りするのだった
普通であれば「ふざけんな!金返せ!!」と言いたくなるが楽しいバカンスだった」と、また片道12時間位かけて帰るタルコニ警部。
子供との付き合い方とは別に、5分喋って文句言わずに片道12時間かけて帰るこの姿勢も男なら是非真似しておきたい。

{523FE5E4-D210-47DD-9166-5FA06F22BDE5:01}


ここまで書いておいてアレだが、俺も考えすぎなんじゃねえか…なんてボンヤリ思う。
良い大人であれば「トランスポーターなんて、ハゲが撃って殴って爆走する映画なんでしょ?というかもしれん。
実際俺も昼下がりに見たし。
あながち、その面も否定できない。
だが今作の子連れステイサムから学ぶことは多い。
とりあえず「子供好きなんですよ…」という野郎に、「まずトランスポーター2を見ろ!」と言いたくなる。
そんな明日から真似したくなる漢の映画である。



{72C7F9E9-8F95-455E-BBD7-5276E32949A9:01}

隣のオッサンを唐突に蹴るアカウントは、こちらから→@eroerorocknroll
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

“DIE”sukeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。