明日から真似したくなる漢の映画

男子総草食化が叫ばれる、昨今。
男なら明日から真似したくなる映画を紹介していきます。
たとえ真似したところで、明日が全然変わらないにしてもだ!


テーマ:

{5C16811C-1145-44A5-ACE1-3C80AB176A97:01}
~ステイサムに泣け!まさかのステイサム版ケータイ小説!~

ホームレスになりたい。
いっそ何もかも投げ出して路地裏で生活したい
日常生活において、そんな考えが頭をよぎったことはないだろうか?

大学の合コンで、渾身のサモハンキンポーの吹き替え物マネがド滑りした、あの日。
深夜まで鼻血が出るほど働き、家に帰ってくると電気が止められ、ロウソク一本で寝た、クリスマスイブの夜。
別れ話を切り出され、呆然としている内に終電をスルー、漫画喫茶で時間を潰し、朝方の誰もいない繁華街を一人歩いた、あの朝。

いやあ、今思い返してみても涙がこみ上げてくるなあ!
しかし、そういう泣きたさ200%の瞬間というのが男には少なからずあるのではないか?
かつて、そんな話を友人にしたところ、「いや、ねーよ。」などと言われ、「え、ないの!?」とますます泣きたくなった。

で、今も相変わらずショッパイ現実を生きる俺は、もう家に帰って男気溢れるステイサムの作品を見るしかない日々を送っていたのであった。
例え、見たところで1mmも明日が変わらないにしてもだ!
そんなショッパイ涙とは無縁と思われていたステイサムが遂に泣いた!路地裏で!とステイサム映画の歴史に名を刻んだ作品が今年の6月に公開された!
思えばSAFEでも、目に涙を溜めていただけで済ませていたステイサムだが、今回は嗚咽していた、といえば、どんな異常事態か分って頂けるだろう。
それが今回紹介する「ハミングバード」である。
公開前、裏社会、黒スーツ、復讐をフューチャーしたハミングというよりキリングな予告編を見て、やった!いつものステイサムだ!と、頭を剃り上げて観に行く予定が、諸事情で同じ時期に公開されていた「私の男」を観る羽目になってしまったのだった。
私の男より、私のステイサムだろう!!
だが、そんな俺の心の言葉が伝わるはずもなかった。
というわけで、流石にレンタルでは申し訳ないと思った俺は、なけなしの金でDVDを購入したのだった。
結論から言えば、いつものステイサムではなかった。
言うなれば、寒い真冬に暖かいラーメンを食いに行ったら、全力の冷やし中華が出てきたような作品なのであった。
んじゃ、不味いのか?と言われれば、そんなことはない!断じて!
『もし、ステイサムがケータイ小説映画に出演したら・・・』を地で行く、このドン底感。
ステイサムの哀愁エスプレッソ状態で味わえる、大人のステイサム作品とでもいおうか。
というわけで、あらすじ。

ロンドンの路地裏。
訳あって軍を電撃離脱した脱走兵ステイサムは、頭は禿散らかし、酒浸り、常に胃腸の弱い同級生のように腹を抑えているという、ホームレス生活を送っていた。
{9E218E90-93C2-4F8C-9257-362598EE0328:01}

まさに麻雀で言えば、ダメな男の役満状態。
そんなある日、路地裏にチンピラによるホームレス狩りが始まってしまう!
いつものステイサムなら叩きのめすところではあるが、今作の胃腸の弱いステイサムには無理な相談だった。
オタクがゲーセンの喧嘩で使う、突き飛ばしを駆使し、タッグパートナーの少女を逃がし命からがら逃走するステイサム。
逃げ込んだ家には、男の尻がデカデカとプリントされたポスターが貼ってある。
どうやらゲイ専門のカメラマンの家らしい。
ちなみにステイサム映画にゲイが登場する確率は打率9割を越えている。2014年・ステイサム学会調べ)
しかも留守電メッセージを聞くと10月まで家主は不在だ、と。
ダメ押しのように、駐車場には高級な外車、暗証番号つきのクレジットカードがポストにあるじゃないの!!
「これは人生をやりなおすチャンスだ!」と思い直し、みっともない頭をバリカンで丸刈り、酒を断ち、鈍った体を鍛え、胃腸を整える、かり暮らしのステイサム。
{39B10A8B-8384-4920-96FE-57E65D38D0AA:01}


人のクレジットカードのお金を全額下ろし、ホームレス仲間に宅配ピザを100枚届けるなど、とりあえずいいことをしてみるが、絶賛無職中だと、どうにも間が持たない。
というわけで、近所の中華料理屋でバイトを始めるステイサムであった。
そんなこんなで地道にバイト生活をするステイサムだったが、ある日バイト先の店長から「ちょっと態度悪い客がいるから注意して来い。と声をかけられる。
ちょっとお客さん、飲みすぎですよ。終電も無くなるから早くお帰りなさいな・・・と注意するものの、「なんだ、このハゲ!表へ出ろ!と因縁をつけられる。
だが、頭を見てもらえばわかるとおり、冒頭のハゲ散らかしステイサムではない。
{3158CBBF-D510-4BB8-B78D-CCD0BC95569A:01}


鮮やかにクレーマーを叩きのめし、「終電を逃したな・・・」と気の利いた、いつものステイサムジョークを披露!
この腕っぷしを買われ、中国マフィアの運び屋として雇われるのだった。
裏の仕事で貯めた金を冷蔵庫貯金、修道院のシスターとも、徐々に良い仲になるなど、パワフルプロ野球のサクセスモードばりに出世していくステイサム
{A5A73557-D7E0-4B3D-8622-51A4539ED4F9:01}

順調に思えたかり暮らし。
だが、はぐれたタッグパートナーの少女が何者かに惨殺された!という知らせがステイサムに舞い込んでくる。

復讐、裏社会のバイト、シスターとの恋。

10月までのかり暮らしで、果たして自分の人生をやり直すことが出来るのだろうか?
ステイサムの己の再生を賭けた闘いが始まるのだった・・・

二度目の復讐は、正義か、悪か・・・という痺れるキャッチコピーの本作。
確かに、ナイフを持ったチンピラに「俺にはスプーンがある。と言い放ち披露する、スプーンVSナイフの異色すぎるバトル、タッグパートーナーを殺した鬼畜セレブを「底辺に生きるものの気持ちを思い知れ!といって高層ビルからスローイングするなど、明日から真似したくなるシーンがあるにはあるが、重要なのは、そこではない。
とにかく、ままならない男の不器用な生き様が、これでもか!と描かれている。

脱走ついでに捨てた妻と娘を、合わせる顔がない為、車から遠目で眺めるしかないステイサム。
そんなステイサムが、偶然コンビニで妻に出会う。
いいスーツを着ていることを詰め寄られ「今まで何してたのよ!?こんな良いスーツなんか着ちゃって!!私はフェラして家賃下げてもらってるのよ!!と言われても、何ら気の利いた一言もいえない、この気まずさ。

良い仲になるシスターとのデートでもこうだ。
BBQに誘うものの、場所は精肉工場の通路。
しまいにはタッグパートナー殺害のニュースに激高してコンロを放り投げる最悪な初デートっぷりを披露するのだった。
二度目のデートも悲惨だ。
かり暮らしの家に写真展のペアチケット来たので、真っ赤なドレスを送りつけ、シスターを誘うステイサム。
だが、肝心の写真展は、ゲイおよび性器丸出しの写真展という、うっかりぶり。
ちゃんとチケットの中身確認しろよ!と言わざるおえない。
しまいには面識のない自分の娘に写真を渡すべく「俺の写真を撮ってくれ。」と、よりによって想いを寄せるシスターをカメラマンに、公園で始まるステイサム撮影会
そんなステイサムに気を利かせてくれたのか、シスターが楽しみにしていたバレエの公演のペアチケットを譲られるものの、復讐でバックれ!
シスターが会場の外に出ると、酒を飲んで転がっている「捨てイサム」状態で、号泣しながら聞いてもいない過去を勝手に語り始めるステイサムだった。

この、空気の読めなさ。
だが、俺にも痛いほどステイサムの気持ちが分かる!
なぜなら俺も女心が1mmも解からないからだ!!
今作のステイサムを見ていて、かつて、意中の女の子をホルモン食べ放題に誘い、油が余りにも跳ねるのでキレて帰られた思い出が脳裏をよぎった。

今作のステイサムはトランスポーターと同じように「運び屋」という仕事を請け負うが、期待していたステイサムアクションには、いつも何処か哀しい音楽が流れる。
人生をやり直す」と言ったものの、結局、過去と同じように手を汚すしかない、戦闘マシーンとして変われない男の悲哀とでもいおうか。
確かに松崎しげるが急に白くはなりませんよ。
だが、自分の黒さを認め、その結果、全てにケリをつけ、酒瓶片手に路地裏をさまようステイサムの姿は、音楽でいえばブルースそのものだ。
何とも味わい深い。

タイトルの「ハミングバード」の意味は無人偵察機の意味らしく、劇中ステイサムが監視され、追われている模写がある。
今作のステイサム、そしてシスターにとってのハミングバードとは過去の罪だったのかもしれない。
いつものステイサム作品とは一線を画す本作。
だが、いつもの痛快丸かじりとは、一種違った形で仁義を通すという点では、いつものステイサムともいえなくない。
ドラ泣きならぬ、ステイサム泣きをしながら。

そんなわけで、今月は12月ということで、独り身にとっては足に来るクリスマスシーズンである。
そういう人にこそ、クリスマスど真ん中に、是非見て頂きたい作品だ。
敢えて孤独を選ぶ、このハードボイルドぶりから学ぶことがあるのではないか?
今作を見れば、今作のステイサムのように、脱走兵気分で酒瓶片手に朝方の路地裏を歩きたくなることだろう。
そんな明日から真似したくなる漢の映画である。
{F5AD6644-126A-4E63-9D94-854E11408B96:01}


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

“DIE”sukeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。