明日から真似したくなる漢の映画

男子総草食化が叫ばれる、昨今。
男なら明日から真似したくなる映画を紹介していきます。
たとえ真似したところで、明日が全然変わらないにしてもだ!


テーマ:
{1AB6F46D-159E-4D71-8306-17B95A3FE275:01}
~シュワルツェネッガーによる1人蘇民祭!力任せの野蛮ファンタジー~


魔法、剣、神話、モンスター・・・

漫画、ゲーム、映画、アニメ問わず、繰り返し描かれているジャンル=ファンタジー。
今も昔も、深夜のアニメにチャンネルを合わせれば、美少女の魔法使いやら、線の細い男だか女だか分からない剣士がスタイリッシュに剣を振るっている。
こと映画でいえば童貞のメガネが魔法使いのアレとか、指輪を捨てる捨てないで小人がすったもんだするアレが有名ですな
だが、銃、火薬、カーチェイス、肉弾戦という男のファンタジーを追っていたおれにとっては、やはり夢中にはなれないジャンルだった。
かつてFF7が発売した時に「ファイナルファイト7出るのか!?3,4,5,6はどうしたんだ!?」と即答したと言えば、如何に俺がファンタジーに疎いか理解してもらえるだろうか。
だが、そんな俺でもたった一つ自信を持っておススメできるファンタジー映画がある。
それが今回ご紹介する、コナン・ザ・グレート。

かつてファンタジー映画好きの女性に、このコナンザグレートをおススメし、その後しばらく俺が無視されたのだが、無理もない。
アーノルド・シュワルツェネッガーが褌一丁で挑むファンタジーを好む女性が何処にいるのだろうか。
だが、そんな冷静さを忘れさせるほどの強烈なインパクトが、この作品にはあった。

魔法や神より頼りになるのは己の持つ剣と勇猛さ!
斬るというより叩き付けるようなソードアクション!!
登場シーンの8割がシュワルツェネッガーの上半身裸!!!

ファンタジーなのにこの無骨さ、そして泥臭さはどうだ!?

この作品のコナンであれば90分位で悪の魔法使いを倒し、指輪も返せる!!
もう、これ以外のファンタジーを俺は知らん!!
というわけであらすじ。

遥か文明の夜明け前。

闇の中、剣が精製されるのをうっとり見守る少年。
彼の名はコナン。
鍛冶屋の両親の元に生まれ、「人を信じるな。剣を信じろ」という教育理念のもと、平和に過ごしていた。
だが、ある日、黒い太陽と蛇をかたどった邪教集団に村が襲われ、父は犬の餌、母親は首ちょんぱというハードコアな生い立ちの孤児となってしまう。
コナンは幼い奴隷として売られ、公園の遊具のような石臼を押し続けるというブラックな労働に従事させられるのであった。
宮崎駿の「千と千尋の神隠し」のようにハクが助けるような事もなく、年月が過ぎ、一人、また一人と脱落していく奴隷たち。
遂に最後の一人となったコナンは重労働の結果、屈強な肉体を手に入れる。
{26A90C33-D0D2-425D-B39B-372AC3866DDD:01}
{D3A9C85A-C4B5-4A76-9756-6125CE50E160:01}
↑上が労働前、下が労働後のコナン。別人じゃねーか!

それに目を付けたスカウトマンのおっさんによって地下格闘技の世界に足を踏み入れたコナンはデビュー戦をアームロックからのハンマーパンチ白星を飾り、その後も連戦連勝。
{697B2E00-2FD6-4C2D-86B2-B207549B4A00:01}
↑孤独のグルメばりのアームロック!

剣技、女、教養を覚え、RPGでいえば既に戦闘力LV99といっても納得出来そうな生活を送るのだった
名声は留まることを知らず、遂には、ど真ん中にあぐらを組んだコナンを交えた飲み会まで開かれるようになる。
{0AB5ACAF-0866-4296-8548-87A7193D9BCF:01}
↑野郎ばっかのオフ会の図。

宴もたけなわの所で、朝青龍っぽいオッサンが息子たちに尋ねる。
「一番の楽しみとは何だ!?」
するとおっさんの息子がドヤ顔で興を削ぐような一言で返す。
「草原を馬で駆けぬける事。腕に鷹を乗せ、髪を風になびかせる事だ。」
するとオッサンはシャンプーのCMか!?何スカしたこと言ってんの、お前は!?と言わんばかりに否定する。
「違う!!コナンよ、お前にとっての最上の喜びは何だ!?
ここでコナンが腰に来る一言を返す。
{C77D0351-B7AF-4FED-A695-E764BEFCE404:01}
「敵を打ち負かすこと、そいつらの息の根を止め、女どもの悲鳴を聞くときです!!」

このファンタジーというジャンルにも関わらず披露する、ぶっきらぼうなセリフ。
煮詰まった会議や飲み会で、「一番の楽しみは何だ!?」と言われたときは、是非このセリフで返したい、明日から真似したくなるセリフである。
そして男ばっかの飲み会では、女子受けのいい話や、シャンプーのCMのようなスカした話はしてはいけないと見るものに印象付けるシーンだ。

そんなこんなで超高校級の選手生活を送るコナンであったが、ある日、スカウトマンのおっさんに情が移ったのか分からんが、コナンを夜逃げさせる。
急に与えられた自由に戸惑いながらも、そこらへんをプラプラ歩くコナンだったが、早速狼の群れに遭遇!
命からがら逃げたコナンは王族の墓らしき岩窟にたどり着く。
コナンは罰当たりにも王様の白骨死体から見事な剣をパクリガンガン叩いてサビを落とし、自らの武器にするのだった。
{402828A9-087C-4ABF-AE69-072C28233F8A:01}
↑パクった剣でのドヤ顔。いい表情だ。

自由、そして剣を得たコナンは足枷を剣で薙ぎ払い、遂に己のすべきことを見つける。
それは両親の仇を討つこと!!
弓矢の名手サボタイ、女盗賊ヴァレリア、そして竹中直人似の魔法使いをパーティに、コナンの冒険が幕を開ける!!


ぼったくりバーの呼び込みのような魔女を暖炉に叩き込む。
サボタイとの「どっちの神様が強いか?」というチャイルディッシュなトーク。
コナンの食べ歩き&ラリってラクダをパンチ一発で失神させる珍道中。
巨大な蛇をヘッドロック退治。
邪教集団の手がかりになりそうな宝石を躊躇なく売っての贅沢三昧。
コナンのバレバレな変装。
磔にされながら禿鷹を食い千切る。
カモフラージュになってないが間違いなくカッコいいボディペイント。
敵の親玉の妖術を気合いで破る。
・・・という、たまに復讐をド忘れしながらも、ハードコアな冒険を繰り返すコナン。
どうだろうか?ファンタジーファンもワクワクしないだろうか?
というか、ワクワクしろ!!
とにかく、ザッと箇条書きにしても、ファンタジーにしては掟破りな展開がこれでもかと連続する。
だが荒唐無稽な模写が連続する中でも、泣かせる場面、そして男なら燃える模写も嫌味にならない程度に盛り込んでいる。

恋人であり仲間のヴァレリアが死に、火葬するコナン。
魔法使いがサボタイを見ると、サボタイが泣いている。
「何でお前が泣くんだ?」と問うとサボタイが一言。
「コナンはキメリア人だ。泣けない彼の代わりに俺が泣く!!」
ドラえもんの名エピソード、「のび太の結婚前夜」でしずかパパがいった「人の幸せを願い人の不幸を悲しむことができるのは人間にとっていちばん大事なこと」という名言を体現する名シーンだ。
男なら、こうありたいものだ。

そして、何といっても邪教集団VSコナン&サボタイという、たった2人での集団戦におけるコナンの一言。
古戦場にて、そこらへんに落ちていた防具や剣、槍、斧で武装するコナンたち。
シティハンターの香の持つようなハンマーを持つ敵やら、中世なのに革ジャンを来た敵を擁する邪教集団がすぐそこまで迫っている。
多勢に無勢の戦い。
だが、恋人、そして両親の仇を討つためにも負けられない戦いでもある。
{96A5A1BE-CBE6-4B08-B82B-94DDBED9EB5E:01}

「クロム(神様)よ、俺は祈ったことがない。
俺が口下手だからだ。どちらが正しいのか、何のために戦ったかはどうでも良い。ただ俺たち2人は大勢と戦う。勇気をくれ。1つだけお願いがある。復讐を遂げさせてくれぃ!この祈りが聞けぬならもう祈らんぞ!!

この神頼みからの逆ギレっぷり。
是非明日から真似したくなる姿勢だ

パワースポット巡りやら「オーラが見える」などとほざくスピリチュアルデブが蔓延り、アイドルもしくはアニメのヒロインを神様のように媚び崇める、ある意味ファンタジーな現代。
今作は、ともすればシュワルツェネッガーの圧倒的なガタイに目が行きがちだ。
実際、シュワルツェネッガーの肉体が一番ファンタジーではある。
だが生きていくのに必要なのは、神や宗教に媚びることではない。!あくまで己の肉体と意思に忠実であるかどうかだ!もう神様に逆ギレする位!というテーマがあるんじゃねえか、と。
ラスト、さんざん考えた末、ハンマー投げの要領で教会にダイナミック放火する場面にも、その辺のテーマが伺える。
{F2A9D9E6-9F6A-4A0B-9DDE-E124E37AE975:01}
↑ラストのダイナミック放火の図。

今こそ、アイドルの握手券のためにCDを100枚買うなら、コナンザグレートのDVDを100枚買う、ファンタジーのコスプレは褌1丁に剣をもつコナンスタイルが必要なのではないだろうか。

その後も、続編として明後日の方向に全力疾走したものの、これはこれで面白い「キングオブデストロイヤー~コナンpart2~」、番外編として「お前まんまコナンじゃねーか!」といいたくなる準主役カリドーを演じた「レッドソニア」褌一丁で剣を振るう作品に多数出演し、スターダムを駆け登ったシュワルツェネッガー。
その足がかりとしても必見の本作。
近々、シュワルツェネッガー主演のレジェンド・オブ・コナンも公開を予定しているらしい。
幾多の戦場をくぐり抜け、王となったコナンが自分の死期を悟り、最後の戦場に向かうという聞いただけで男泣きしそうなストーリーだ。
「年寄りの冷や水だろう」とかヨボヨボのシュワちゃんのアクションなんかねえ・・・」とか言う人も中にはいるかもしれんが、まずはこの褌一丁で剣を振るう活躍を見てから物を言ってくれ!!と。

とにかく、今作における、武器である剣のように幾多の困難に打たれて鍛えられるコナンの勇姿。
ファンタジーの世界で褌一丁で力任せに剣を振るうコナンに現代人は学ぶ所が多い。

今からでも遅くない!
とりあえず、この夏は海辺でコナン流剣術を披露する所から始めよう!
そんな明日から真似したくなる漢の映画である。


{926C9156-7C3C-4F84-BAB1-34BE14AF191A:01}


殺るか殺られるかのTwitterアカウントはこちらから→
@eroerorocknroll
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

“DIE”sukeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。