数週間前に、故・船井幸雄さんが毎日実践していたという「両手振り運動」というものを初めて耳にしました。

 

こちらです。

 

**********************************

(引用元)

↓ ↓ ↓

◎船井流両手ふり運動

 

 私は2001年12月25日から「両手ふり体操」をはじめました。
これは関英男先生に奨められたもので、その効能は関先生の著書にも書かれています。
これは達磨大師の易筋経の中に書かれている健康の秘儀で、一般には、つぎのように説明されています。(以下は評言社刊、春田匡柯著『GORAKU』の中での紹介文です。)

 

 腕振り運動。達磨大師の易筋経の中に説かれる秘儀。やり方はいたって簡単だが、持続が難しい。病気を改善させたいときは、朝晩二千回ずつ実行すると効果があるそうだ。


① 両足を肩幅に開いて立ち、余分な力を抜く
② 目は軽く開き、前方を見る
③ 指を軽く伸ばし掌を内側(体側)に向けて両腕を振る


☆ まず両手を並行に腕の高さまで上げ、一気に後ろに振り下ろす。その反動を使って胸の高さに戻す。
☆ この動作をただただ繰り返す。雑念はできるだけないほうがよいので、ひたすら数を数えるとよい。
早朝の日の出と共にこれを行なうことを続けて超能力者になった人もいるという(噂もある)。 

 

 私は、はじめのころは毎日早朝に400-500回手をふっていました。最近では毎朝1000回くらいふっています。
 カラダには確かにいいようです。
 いろんな人に奨めました。奨めた理由は、300回くらいつづけてふると船井流指テスト(「O-RING-TEST」と同じ原理だが、「O-RING-TEST」のようにややこしくなく、かんたんに効き腕の逆の手に持ったものが、自分のカラダによいものか悪いものか判断できるテスト法)の結果として、水道水、コーヒー、ビール、タバコ、電源の入った携帯電話などふだんなら指の開く物を持っても指の力が弱くならないからです。これはカラダに悪い物の害を減少させる方法だと思って奨めたのです。たしかにこれはすばらしい秘儀だと思います。
 ところで4月2日に身体機能の研究家の玉木志保美さんから「船井先生は猫背ですよ。枕なしに上を向いて固い板間や畳の上では睡れないでしょう。そこで両手のひらを上向きにしながら外側へひねり、胸を拡げる運動をした方がいいですよ。これをやると猫背もなおります。若い人なら一ヶ月つづければ正常になりますから、先生もやってみてくださいね」とアドバイスされたのです。たしかに理屈の上からもよくわかります。
 ともかくこれを4月2日からやりはじめました。
 達磨大師流の両手ふり運動の後で、同じ回数くらいやるのです。
 まず両手をおへその前あたりで合せ気味にして、それから左右へ、ぐっと胸を広めるよう力を入れてふります。その時カラダの両側では手のひらを上向け外側へひねり気味にします。これは、気持ちのよい体操です。この二つを併用すると、一挙により体調がよくなりました。この二つをいっしょにして、とりあえず「船井流両手ふり運動」と名づけましたが、皆さまも、ぜひ自分のカラダに合わせて工夫してやってみてください。
                                                =以上=

 

**********************************

 

その他のブログ等でシェアされている、「両手振り運動」に関する内容は以下の通りです。

 

**********************************

(引用元)

↓ ↓ ↓

万病を癒す!『腕振り運動』のヤバすぎる効果!

 

関博士が著した、専門家向けのテキスト「宇宙学序章グラビトニックス」によれば、この腕振り運動で治った病気として下記のものが取り上げられている。

 

・肺癌(午前2000回、午後2000回、夜2000回を5ヶ月)

・関節炎
・食道癌
・頚部淋巴線癌(1日1000回)
・半身不随(5、6ヶ月)
・肝硬変
・白内障(朝800回、夜1000回で4週間)
・トラコーマ、色盲、まぶたに生じるこぶ
・心臓病、高血圧
・神経症、精神分裂症
・腎臓病

 

関英男先生著の[グラビトニックス]には、病気治療のためには一日2000回、単なる健康保持のためには1日500回となっています。

 

「関博士のものは、両手のひらを内側に向けて向かい合わせるのであり、向かい合わせた両手のひらから(正確には気道から)重力波が放射され、この時、クオーク(素粒子の一種)の渦が発生し、これにより、複数の重力子が結合した粒子(GTP)が発生(物質化)する。

 

このGTPが病気治癒などの効果を起こす原因である。

 

GTPは、生まれた時は多量に持っているが、時と共に減少する一方で増えることはない。しかし、腕振り運動をすることで、これを増やして体内に蓄積できるのである。これにより、我々の夢である若返りが実現する。」

 

**********************************

 

その他、この両手振り運動の普及団体があるみたいで、そこでアップされている動画に興味深い体験談が述べられていました。

 

どうやら、視力が0.01~0.1以下⇒0.3まで回復したみたいです。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

私自身は、毎晩寝る前に500回を行うことを自分に課していて、休日は朝など+100~500回くらいは行う様にしています。

 

やってみた感想は以下の通りです。

 

*****************************

 

・肩関節の頑固なコリが柔らかくなってきた。

 

⇒昔テニスの変な癖で石灰化したひどいコリが柔らかくなって来ました。

 

四十肩・五十肩系の症状に効果ありです。

 

 

・全身のオーラが活性化。

 

⇒いい気分になって来ます。

 

・内臓が活性化してきて、弱っている筋肉等が活性化。

 

⇒疲労に伴う体の歪みが整われていく感覚があります。

 

・エネルギーが活性化し、浄化される。

 

⇒疲労やストレス等で波動が乱れた時、これを地道に行い続けると、ある瞬間「フッ!」と抜け、それまでのイライラから抜け出す感覚が何度かありました。

 

etc..

 

*****************************

 

まだ初めて一ヶ月も経っていませんが、これを実践しし続けるか否かで、恐らく肉体・エネルギー体の活性化具体が全然違うことを肌で感じています。

 

3ヶ月以上続けた辺りから、恐らく何らかのブレイクスルーが起こり、別次元の領域にシフトできる、大切な行動の一つの様に感じています。

 

 

どんなにメンタリティをプラス化したつもりでも、肝心の「行動の質と量」を変えない限り、人生の流れを現実レベルで変えることは出来ないものです。

 

その行動を支える肉体をプラス化することは、人生の流れを現実レベルで変えるための超重要ポイントの一つと言っても過言ではありません。

 

 

この「両手振り運動」のいいところは、このシンプルな動きがむしろ好きな方であれば、これほど簡単でかつ本質的な効果が期待できる運動はそうはない、ということです。

 

現代人が苦手とする肩甲骨周りの運動不足を解消することで、猫背、四十肩・五十肩、胸郭出口症候群といった各症状にも物理的にバッチリ対応出来ます。

 

 

デスクワーカーにかなりおススメですので、ぜひぜひピンと来る方、この機会に試してみて下さい☆

 

私の視力も0.05くらいなので、0.1台に復活出来れば、とちょっと期待しています(笑)