● 最小の空間の中に、最大限の宇宙を表現する。〜子供の発想は、宇宙そのもの。〜

 

 

おはようございます。

片づけ心理研究家・伊藤勇司です。

 

 

月曜日は

 

「子育ての片づけ心理」

 

というカテゴリで執筆します。

 

 

その中で今週は

 

最小の空間の中に、最大限の宇宙を表現する。〜子供の発想は、宇宙そのもの。〜


というテーマでお届けします。

 

 

ちなみに先週は

 

 

抑え込んでいた感情こそを、全力で片づける。

 

というテーマで見ていました。

 

 

今日は月間茶の間の

新年発売号に掲載される部屋と開運についての

取材を受けておりました。

 

 

何気に、抹茶好きなので

ありがたいご縁の取材。

 

 

そしてぼくが抹茶が好きなこともあり

事務所も「千利休スタイル」と称して、

 

千利休が晩年茶室を

どんどん狭くしたように、

 

活動が広がるにつれて事務所を

どんどん小さくするという

 

一般的には特殊なスタイルで

仕事をしていることをお話をすると

斬新で面白いとさらに話が盛り上がりました。

 

 

最小限の空間の中で

最大限の宇宙の広がりを表現する。

 

そして

 

最小の労力で最大限の効果を出す。

 

 

これがぼくの

ビジネススタイルにおける

基本コンセプトです。

 

 

茶道に詳しい訳ではりませんが

お茶の世界に通づるものがあると

今日の取材でも実感しました。

 

 

 

片づけ心理の仕事を通して

子供との関わりも多数あるのですが

 

関わるたびに思うことが

 

「子供の発想は宇宙そのものだな」

 

ということです。

 

 

その無限の広がりがある発想を

地球という枠組み、日本という枠組み、地域性という枠組み

学校という枠組み、そして家族という枠組みとして

 

どんどん小さな枠に収めた発想に制限してしまうからこそ

窮屈さを感じている子供たちは多いんじゃないかな。

 

 

と、よく感じることがあります。

 

 

片づけという問題を通して

自分の発想や才能が生きなくなることで

片づかない状態を引き起こしていることが多いから。

 

 

子供は頭の中に、小さな宇宙を持っています。

 

 

ぼくが関わりとして

一番大切にしていることは

 

「自分の中にある宇宙を現実世界に体現するサポートをする」

 

ということ。

 

 

そうすれば

夜空の惑星が輝いているように

 

その人の個性が輝くようになり

 

その輝きが派生してまた

誰かの輝きを作るという

素晴らしい連載が生まれます^^

 

 

目の前の子供の中にある

無限に広がる宇宙を

どこまでも深く感じてあげて。

 

 

●子供の中にある宇宙を広げる質問

「子供が頭の中で考えていることをちゃんと汲み取っていますか?」

 

 

 

ーーー

 

9月15日(土)宝島社より発売!

「21日間で部屋がきれいになって人生が変わる! 実践式片づけノート BOOK」

 

9月27日(土)KADOKAWAより発売!

「毒舌フェニックスが教える 家族を救う片づけ」

 

ーーー


記事がお役に立てそうなら

身近な人にもお気軽にシェアしてください^^

 

転記・転載の許可は必要ありません。
知ることによって心が楽になり
幸せな日常を過ごすヒントになれば何よりです。

 

ーーー

 

「片づけ心理研究家」

空間心理カウンセラー・伊藤勇司公式Twitte

 

「片づけ心理研究家」

空間心理カウンセラー・伊藤勇司公式Facebook

 

ーーー

 

再生回数8000回突破!

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋/WAVE出版』ムービー

 

 

無料メールで情報配信中
3分で頭がスッキリ!ココロのお片付けメルマガ

 

伊藤勇司著書一覧