男の活力を再び

テーマ:

最近、夜の生活はいかがですか。


「めっきりご無沙汰している」「いざというときに勃たない」「若い女性を見ても何も感じない」などという、特に中高年の方に朗報です。


「天然の精力剤」と呼ばれているサプリメントがあります。それは、「ベニックス」という栄養補助食品です。


中国のキノコである冬虫夏草イチョウ葉アルギニンを配合した特許成分のトリアシンが含まれています。


臨床研究では、12週間後に67~78%の人が著しい性的機能の回復を実感したと報告されています。


男性だけでなく、心身ともに若返りたい女性の方にもオススメです。


商品は、こちらからご購入ください。


※まずは左メニューの「パーソナルウェブサイト登録」をクリックし、お客様の配送先などの情報をご登録ください(入力された情報は、製品の配送以外の目的で使用されることはありませんのでご安心ください)。


その後、左メニューの「ログイン」をクリックしてください。


そうしますと「ベニックス」の写真が表示されますので、それをクリックしていただき、必要な個数を入力し、「買い物かごに入れる」をクリックしてください。


その後、左メニューの「買い物かご」の「詳細を見る/会計」をクリックしていただくと決済画面に進むことができます。



冬季オリンピックの女子フィギュアスケートの浅田真央選手、銀メダルで惜しかったですねー。

でも、健闘を称えたいと思います。


今回は、カンジダ膣炎についてです。


【専門家の助けを求めるとき】


おりものに強いにおいがあったり、色がついていたりしたら、カンジダ・アルビカンス以外の微生物がいる可能性があります。そんなときには、かかりつけの医師に、分泌物を綿棒で採取して検査してもらうようにしてください。



【使用するハーブ】


ティートリーの精油は抗真菌特性があります。これを使った、膣のなかに挿入できるペッサリーが手に入ります。


ティートリーラベンダー没薬の各精油を2~3滴ずつあわせたもの、あるいはこの三趣の精油のどれか1つを6滴使用して、これを携帯用のビデあるいはその代用品に入れたお湯に加えて、患部を洗ってください。あるいはまた、これらの精油を20mlのオリーブ油で希釈して、それを脱脂綿に含ませて患部に適用します。


ラベンダーマリーゴールドローズマリータイムホワイトデッドネットルをあわせてつくったハーブティー(各ハーブをそれぞれ小さじ2分の1杯ずつあわせるか、どれか1種類のハーブを小さじ3杯用意するかして、そこにティーカップ1杯分の熱湯を注ぎます)を用いて、必要なだけ患部を洗うか膣洗浄します。


カレンジュラ(マリーゴールド)入りのクリームまたは軟膏を使用することができます。これには、抗真菌特性があるからです。上記の各精油を、このクリームや軟膏に加えることも可能です。その場合には、精油1滴を10mlのクリームか軟膏に入れるか、精油1滴を20mlのオリーブ油で希釈して、脱脂綿を使って患部に適用します。


エキナセアを摂取して、免疫機能を強化してください。ティーカップ1杯分の熱湯に対して、このハーブ小さじ1杯を用いて煎剤を作り、これを1日に1回ないし3回服用します。この煎剤を使って患部を洗うこともできます。


ゴールデンシール(妊娠中は使用しないでください)は粘膜にたいする強壮剤になります。これを膣洗浄剤として使用することができますし、ハーブティーとして飲用することも可能です。後者の場合には、ティーカップ1杯の熱湯に対して小さじ1杯のハーブを使って煎剤を作り、これをティーとして1日に2~3回飲用してください。


(参考図書;『症状別ハーブ療法』、フランセス・ビューニング、ポール・ハンブリー著、フレグランスジャーナル社)


【専門家の助けを求めるとき】

自分の障害が間違いなくカンジダ症であることをしっかり確認してください。特に、極めて厳重な食事制限にとりかかるときには必要です。


【使用するハーブ類】


マリーゴールドローズマリータイムには抗真菌特性があります。これらをハーブティーとして飲用します。小さじ1~2杯のハーブにティーカップ1杯の熱湯を注いで、成分を浸出させてください。


ボーダーコ(南米産のタヒーボーの木の樹皮)は、抗真菌剤です。これは、一部の健康食品店で健康茶として入手できます。


エキナセアの根を摂取しますと、免疫機構を刺激できます。このハーブを小さじ1~2杯用意して、ティーカップ1杯の熱湯を注ぎ、さらにそれを煎じた煎剤を1日に1~3回飲用します。


ティートリー油は、きわめて有効な抗真菌剤です。これは、ペッサリーまたは座薬の剤型のものが手に入ります。カンジダが消化管のなかにいるときには、これを夜、直腸内に挿入することができます。


(参考図書;『症状別ハーブ療法』、フランセス・ビューニング、ポール・ハンブリー著、フレグランスジャーナル社)