キッチンのエアコンの寿命とスリムエアコン物色 | へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]
新型コロナウイルスに関する情報について

へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

カメラ、写真、本、アート、ペット、犬、家電、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎と過ごした日々。

 

キッチン(台所)の換気扇の掃除、完了。昨日、朝から掃除しました。疲れたけど、気分すっきり。

 

しかし、一難去ってまた一難。キッチンのエアコンの調子が悪く、室温がなかなか下がらなくなってしまいました。ちょっぴり涼しいそよ風程度の風しか出てこない…。

 

昨年はコロナの10万円給付金(すでに懐かしい響き)で、居間と父の部屋のエアコンを買ったのですけど、それで給付金を使い果たして、キッチンのエアコンは買えませんでした。価格だけではなくて、買いたかったダイキンのエアコンが大きすぎて今のエアコンの設置場所につけられなかったというのも理由のひとつ。

 

しかし、今年はスリムタイプが登場。これなら、我が家のカーテンレールの上のすき間にも付けられます。(→価格.com

 

 

 

あとは、価格がどのくらいか。ダイキンのは高いと思うので、もう、他のメーカーの安いのでもいいかなという気もします。キッチンは調理と食事のときに涼しければいいし、冬はファンヒーターを使うので暖房はほとんど使いません。それなりの冷房機能があればOKです。

 

いまのエアコンが2005年購入。最近の機種なら、安くても、これよりは機能アップしてるはず。

 

エアコンは取り付け工事もしてもらわないといけないので、地元のお店で工事料金なども合わせて値段交渉して買います。とりあえずは各メーカーのスリムタイプのエアコンのカタログを見て、購入する機種の候補を物色しているところです。

 

 

↓富士通のエアコンはコスパが良さそう。(→価格.com

 

 

 

 

 

↓昨年のエアコン買い換えの記事

 

 

 

 

 

【今日の撮影機材】

カメラ:FUJIFILM X-T20 → 価格.com

レンズ:XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro → 価格.com

date:2021/7/22

※写真は縮小しています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ