プリーツマスク、立体マスクを手作り | へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]
新型コロナウイルスに関する情報について

へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

カメラ、写真、本、アート、ペット、犬、家電、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎と過ごした日々。

 

とうとう戦時中みたいになってきましたよ…。我が家の使い捨てマスクのストックはまだあるのですが、徐々に減ってきているのでそろそろ買い足そうかと思ったら、どこに行っても、ない。

 

朝からドラッグストアの前に並べば買えるようですが、まだそこまでする気力はなく。

 

いよいよ手作りするしかなくなるのかと思って、家の中の材料物色。布は大量にあるのだけど、マスクに使えそうなゴム紐がほとんどありません。なのでゴム紐だけ買おうと思って手芸屋さんや百円ショップに行ってみたんですけど、どこも売り切れてました。なんと、ゴム紐まで…。


ネットで見たら、Tシャツ生地を切って紐状にすると代用できるというので、家にあったニット生地でやってみました。細長く切ってからびろーんと伸ばすと、マスクの紐に似た感じのものができました。

 

 

ニット生地(Tシャツやカットソー用の生地)は、チワワの小太郎のお洋服用に買ったものがたくさん残ってます。人間用のお洋服を作るような量はないけど、マスク作るには十分。

 

手作りマスクのレシピにはダブルガーゼなどの材料が書いてありますが、ニット生地も柔らかいのでつけ心地良さそうです。

 

で、さっそく型紙ダウンロード。

 

立体マスクはセリアのサイトから。→手作りレシピ(セリア)

プリーツマスクはこちらから→プリーツマスクの作り方と無料型紙(作り方と型紙 OHARICO)

 

ネットに大量にレシピが出てますが、なるべく簡単に作れそうなものを採用。表の生地は伸縮しない生地。綿麻だったかな。

 

 

セリアの立体マスク、少し大きめに作ろうと思って型紙も拡大して作ったらかなり大きくなってしまい、再度、拡大しないで作り直しました。それでもちょっと大きめサイズです。この写真は最初の大きいバージョン。

 

 

プリーツマスクはただの四角形なので、サイズがわかれば型紙なしでも大丈夫かも。プリーツ用の折り線が付いてますが、印つけなくても適当で大丈夫。

 

 

縫い代の印もつけないで、適当に縫います。ずれないようにまち針はしっかり打って。

 

 

ミシンでカタカタ。立体マスクは、形が複雑そうだけど、型紙通りに切って、順番通りに縫えば簡単です。

 

逆に、プリーツマスクは四角くて簡単そうだけど、プリーツの部分に厚みが出るのでミシンによっては縫うのが大変かも。うちのミシンはぞうきんも縫えるミシン。

 

プリーツはアイロンでしっかり形をつけてから脇のゴムを入れる部分を三つ折りにして縫います。生地にもよるけれど、私が使ったのはふんわりしたニット生地だったのでけっこうな厚みがあって縫いにくかったです。

 

 

脇の部分を別布やバイアステープで始末する方法を採用しているレシピもあるので、そちらのほうが楽かも。バイアステープや、ふちどりニットテープをそのままゴム紐の代わりにする方法もあるようです。

 

【型紙いらず】綺麗に仕上がるプリーツマスクの作り方(SMILEWORKS25)

ダブルガーゼでマスクを手作り!立体、タック、プリーツの3パターン!(暮らしの美学)

 

 

意外にも、プリーツなしの立体マスクのほうが作りやすかったです。採用したレシピは、4枚の型紙を筒状に縫ったあとに上下を縫うのですが、上下を縫う前にゴム紐を通してしまうので、紐通しの面倒もないです。

 

しかしつけ心地の好みもあるので、両方試作してみてよかったです。プリーツマスクのほうも使い心地はよさそうです。

 

薄手の生地で作って、マスク用のフィルターやキッチンペーパーを挟んで使う方法もあるようです。あらかじめフィルターを入れるポケットを作っておくレシピもあります(検索してみてくだれ)。

 

このご時世なので、色つき、柄付きの手作りマスクをしている人も珍しくなくなってきました。使い捨てマスクは遠出するとき用にとっておいて、普段のお散歩などはこの手作りマスクでいいかも。お散歩では感染症対策というよりは花粉対策でマスクしてます。…田舎なので、お散歩中にあまり人に会いません。

 


↑洗えるフィルターシート。


↑使い捨てのフィルターシート。


↑手作りマスクの材料セット。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ