失敗から学ぶ感染症対策。作品だけは出す。 | へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

カメラ、写真、本、アート、ペット、犬、家電、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎と過ごした日々。

 

油彩画がなんとか完成して(させて)、「一日一絵」の展示用パネルもなんとか形になりました。これで、万が一、インフルエンザなどで倒れても作品だけは展示できそうです。精神的にひと安心。少しはゆっくり眠れます。

 

毎年1回の「怪作展」、今年で21回目(21年目)となるのですが、まだ初期の頃(チワワの小太郎が小さかった頃だから15,6年前かな)に、開催2日目に激しい胃腸炎(おそらくノロウィルス)で倒れて、大事を取って入院、そのまま会期終了まで入院していて会場に行けなかったことがありました。

 

当時は膠原病(多発性筋炎)になって1年目か2年目くらいでステロイドを飲んでいて感染しやすくなっていたのと、体力も落ちていて症状が激しかったのだと思います。その後も何度か胃腸炎になりましたが、この最初の時が一番辛かったです。その後は免疫がついたのかどうか、かかっても入院することはなかったです。(しかしノロは軽くても、とても辛い)

 

 

辛かったけれど、人は失敗から学ぶもので、「感染症対策は手洗いが効果的」「油断大敵」「万が一倒れてもなんとかなるように物事を進める」、ということを学習。今、コロナウィルスが流行っているし、地元神奈川で患者さんが出ているのでちょっと怖いですが、できる範囲での予防策を取って、会期前も会期中も会期後も、感染しないようにしたいです。

 

なにせ、会場が、人がたくさん集まる大型ショッピングモール。以前の小さな会場のように、展覧会を見に来た人とだけしか接触しないということはなく、不特定多数のお客さんがいるので戦々恐々です。展示会場としてはいいのですけど…。

 

そして、今年は会期が少し遅いので、春の不順な天候にも振り回され気味。気圧の乱高下、気温の乱高下、お天気の変化。気候による体調不良なのか、単に疲れているのか、両方なのか。見極めながら、適度に休みながら、ゆるゆるっと頑張りたいと思いまする。

 

っていうか、今日、バレンタインデーですな。(←関係ない人)

 


 

【 第21回 怪作展 】

2020年2月19日(水)〜24日(月/振休)
10:00〜18:00(初日は13:00から/最終日は16:00まで)
ギャラリーNEW新九郎(小田原/ダイナシティウエスト4F)
ダイナシティへの交通アクセス

 


 

【今日の撮影機材】

カメラ:Canon EOS 9000D →楽天市場 / Amazon / 価格.com

レンズ:EF-S60mm f/2.8 Macro USM →楽天市場 / Amazon / 価格.com

date:2020/2/8

※写真は縮小しています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ