温室の白猫と熱帯の花々 | へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

カメラ、写真、本、アート、ペット、犬、家電、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎と過ごした日々。

 

一昨日行った、小田原フラワーガーデン、温室に珍しい花が咲いているというので、入ってみました。温室(トロピカルドーム)は有料で、大人は200円。一緒に行った母は高齢者なので無料。その他、障害者手帳などで入園料免除になるようです(→施設のご案内/小田原フラワーガーデン)。フラワーガーデンは温室以外は無料で、駐車場も無料。

 

園内はワンコも入れますが、温室には入れないので、チワワの小太郎と一緒のときには温室にはめったに入りませんでした。今は人間だけなのでお気軽です。

 

 

 

温室の今の目玉はホワイトキャットという花。猫の顔に居ています。ブラックキャットという花もあるのですが(→2019年7月19日ブラックキャット開花!ドームがお勧めです!/フラワー便り)、今咲いているのはホワイトキャットだそうです。白猫と黒猫がいるのか。

 

フラワーガーデンのブログ、フラワー便りには花の写真がたくさん載ってます。ホワイトキャットも、私の写真よりきれいなのがたくさんあるので見てね(→2019年10月30日(水)ドームの中で「白猫」がまた開花してくれました!/フラワー便り)。

 

 

他にも温室にはかわいいお花がいっぱい。中でも、このピンクの羽根に乗ったみたいな紫の花、かわいい! なんだこれ。

 

 

ティランジア・キアネア(ハナアナナス)っていう花らしいです。花の写真だけ撮るとあとで名前を調べられないので、最近はなるべくプレートも一緒に撮ってます。iPhone XRでパシャパシャ。

 

温室だと暗いので一眼レフで外で撮るときと同じ設定のまま撮ってるとブレブレ。iPhoneのほうがキレイに撮れます。適材適所(どこかの政治家のコメントみたいですけど)。

 

 

 

不思議な花がいっぱい。でも、こういうのが普通に道端に生えてたら慣れちゃうのかもしれないです。自分たちの身近な花も、外国の人からしたら不思議なのかも。

 

 

 

そうそう、花の写真を撮るときに、あとから種類など調べたい場合は、葉っぱや全体像も撮っておくと、ネットの画像検索で出てきた画像と見比べ易くなります。花が似ていても、葉の形や生え方で種類が違っていたりします。

 

それでも、正確な種類を見極めるのはけっこう大変。だから面白いっていうのもありますけども。私の記事は適当なので、あまり信用しないで欲しいですが、無責任なことも書けないので、できる範囲で調べるようにはしています。でも間違ってたらスミマセン。

 

【今日の撮影機材】1枚目のホワイトキャット

カメラ:Canon EOS 9000D →楽天市場 / Amazon / 価格.com

レンズ:EF-S60mm f/2.8 Macro USM →楽天市場 / Amazon / 価格.com

date:2019/11/2

※写真は縮小しています。

 

その他はiPhoneXRで撮影。


↑チランジア・キアネアなどの名前で売ってました。自分でも育てられるらしい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ