新しいiPhoneは3眼カメラ。 | へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

カメラ、写真、本、アート、ペット、犬、家電、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎と過ごした日々。

 

新しいiPhoneが発表されましたね。今回は買い換えの予定はないけれど、一応チェック。ざざっと見ただけなのだけど、ざざっとリンク貼って置きます。(Apple公式→iPhone

 

↓概要はこちらで。

5分でだいたいわかるiPhone 11 / Pro / Pro Maxまとめ。新Apple Watchや10.2インチiPadも(engadget)

 

↓3眼カメラ搭載の iPhone11Pro

「iPhone 11 Pro/Pro Max」発表。初めて『Pro』を冠したiPhone(engadget)

↓デュアルカメラ搭載の iPhone11
iPhone 11発表。デュアルカメラと6色ボディの「スマホ史上最速」モデル、XR後継(engadget)

 

↓iPhone選びのポイント

無印とPro、iPhone 11の選び方は?評価すべきポイントをズバリ(engadget)

 

 

噂にはなっていたものの、本当に3つのカメラが搭載されたことにびっくりしましたが、名前が iPhoneXR と iPhoneXS というわかりにくものから、iPhone11 と iPhone11Pro というわかりやすいものに変わったのはよかったと思います。XR→11、XS→11Proへのバージョンアップと考えていいと思います。

 

気になるお値段をAppleStoreで確認したところ、iPhone Pro Max 512GBモデル(最上位モデル)で157,800円(税抜)。iPhone 11 64GBモデル(最下位モデル)で74,800円(税抜)。256GBモデルで90,800円(税抜)。

 

16万円のスマホって、もはやパソコン。一番安いモデルでも税抜きで約7万5千円。おそらく、カメラ(レンズ)が高いんですよね。レンズひとつでいいから安いほうがいいという人もいるのでは。レンズを着脱式にして別売りすればいいのに。

 

気になるレンズ、Proのほうは広角、超広角、望遠の3つ。無印(iPhone11)のほうは広角と超広角の2つだそうです。カメラ機能が大幅に向上したことはすごいと思うのだけども、それ、全員に必要? って思っちゃう。

 

自分が普段、一眼レフやミラーレスカメラで撮影してるからかなぁ。スマホのカメラは、どんなに機能向上しても所詮スマホのカメラなんだと思ってしまう。もちろん、カメラ専用機(って言い方でいいのか?)にはない、ソフト的な処理やアプリとの連携、ネットとの親和性なんかは強みだと思うけれど、レンズ自体はシンプルなものでいいのではないかと。

 

もはや、スマホにカメラがついているのか、カメラにスマホ機能がついているのかわからなくなってる。価格もね、カメラ部分の価格が占める割合が高いのだったら、スマホにお金払っているのか、レンズにお金払っているのかわからない。カメラを使う頻度って、人によって違うだろうし、カメラがまったくないのは不便だけど、そんなに高機能じゃなくてもいいよっていう人も多そう。

 

なので、個人的には今使っている iPhone XR が、価格的にも機能的にも大きさ的にも「ちょうどいい」です。新機種が出て値下がったらお買い得かも。

 

新機種についてはまだよくわからないので、今後のレビュー記事などを待ちたいと思います。カメラ以外のすごい機能があるのかも。

 

というか、新しい10.2インチiPadが34,800円(税別)からって書いてあるんですけど、このiPadをサイズダウンしてiPhone作れば安いのできるんじゃないですかね…。

 

【今日の撮影機材】

カメラ:Canon EOS 9000D →楽天市場 / Amazon / 価格.com

レンズ:EF-S60mm f/2.8 Macro USM →楽天市場 / Amazon / 価格.com

date:2019/9/2

※写真は縮小しています。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ