参院選の投票率にがっかり | へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

カメラ、写真、本、アート、ペット、犬、家電、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎と過ごした日々。

 

投票所に行くついでにカメラ散歩。雨降ってなくてよかったと思いつつ、蒸し暑さに辟易。途中で少しお日様が出たのはよかったけれど、やっぱり暑いのであまり寄り道しないで帰りました。

 

ネットでは参院選、盛り上がっていましたけど、テレビではその熱狂はほとんど放送されなかったようで、盛り上がりに欠けるとか報道される有様。

 

結果は期待通りではなかったけれど、ある意味、予想通り。しかし、投票率の低さにはかなりがっかりしています。なんでみんな投票行かないんだろう。投票は無料というかむしろ税金で賄われているから、行かないとみすみすその権利と税金、ドブに捨てるようなもんだと思うのですけど。

 

棄権や白票は、当選した人への白紙委任状と同じです。その人を支持してるってことになっちゃいます。反対しなかったんだから賛成ということと同じではないかと。

 

棄権を選ぶ人は中立を表明したいのだ、という記事を読んだのですが、私も昔はそうかなと思っていたこともあったけれど、それは中立ではないのですよね。結局、当選した人への一票と同じ。一票を半分にして、賛成派と反対派に投票することはできないのだから、中立を表明したいなら、中立を表明している候補者に投票しなきゃいけない。

 

つまり、投票しないで「消費税増税困るよねー」って言っている人に説得力なし。今回、とりあえず与党が過半数超えてるし、予定通り増税されると思いますけど、投票しなかった人たちはそれを甘んじて受け入れるのだな、と解釈されても仕方ない。

 

選挙にも政治にも、いろいろと思うところはありますけれど、改憲に賛成でも反対でも、増税に賛成でも反対でも、徴兵制に賛成でも反対でも、そんなのよくわかんない、という人でも、みんな投票には行って欲しい。

 

投票に行っても行かなくても、誰かが議員になって誰かが政治をして、誰かがこの国の未来の形を決めるのだから、どうせなら自分たちで選んだ人に代表になって欲しいと思います。それが民主主義。投票率低くなりすぎて選挙すらなくなっちゃったらどうするんだろう。

 

 

【今日の撮影機材】

カメラ:Canon EOS 9000D →楽天市場 / Amazon / 価格.com

レンズ:EF-S60mm f/2.8 Macro USM →楽天市場 / Amazon / 価格.com

date:2019/6/21

※写真は縮小しています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ