なかなか終わらない「三国志」 | へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

へにょへにょ日記[ゆるゆる田舎暮らしブログ]

カメラ、写真、本、アート、ペット、犬、家電、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎と過ごした日々。


テーマ:

やる気スイッチがどっか行っちゃってるので、やらなきゃいけない作業もノロノロ。それでも少しは進んでいるからよしとします。

 

とはいえ、溜まっていた新聞を読んだり(山積みだった)、録り貯めてあった映画を見たり(HDDの録画時間の残量がヤバイ)、日々のごはんを作ったり、なんだかんだで、それなりにいろいろとこなしています。

 

映画とか舞台とか、録画で見るのですけど、ドラマに比べると時間が長いので、なかなか見始めるまでが大変。全部見ると何時までかかっちゃうしなぁ…なんて思うと見始められないので、最近は、もう、途中まででもいいや(続きは後日)って思って見ることにしてます。そうすると、案外、最後まで見れちゃう。

 

 

近年は集中力が続かないし頭もぼんやりしていることが多いので、本もあまり読めてないのですが、今はわりと読めている方かも。というかね。吉川英治の「三国志」をだいぶ前から読んでるんですけど、登場人物が多いし、体力的に長時間集中で読むことができないから途切れ途切れで、その度に話の筋がわからなくなったりして、全然進まない…。で、体力のせいにしていたけれど、やっと全体の4分の1(電子書籍なので%で表示されて、やっと25%を超えたところ)を読み終わってみて、これ、自分にあまり向いてないのかも、って思い始めました。中国の英雄話にあまり興味がない…。いやでも、三国志の内容は把握しておきたいので、頑張って最後まで読むつもりですが、挫折するかも。

 

三国志はいろんなバージョンがあるらしいので、挫折しても他の方の本で読みます。横山 光輝さんのマンガ版「三国志」が電子書籍化されるのを待ってるのだけど、いまだに紙版のみ。電子化されても高額になりそうではあるけれど。そして、この横山版も実は最初のほうだけ読んだことがあるけど、あまり入り込めなかったという過去もあり。やっぱ三国志はあまり肌に合わないのか…。

 

以前(若い頃)は、肌に合わない本でもえいやっと最後まで読了できたし、それが人生の糧にもなったのだけど、最近はダメなものはダメになってきました。本を読めないのは病気と薬のせいもあるけど、普通に、年齢的なものもあるのかな。

 

三国志は、解説本やムックも多いから、それっぽいのを買って人物紹介とか読んだんですけど、登場人物だけ把握してもストーリーはわからず。やはり近道はないようで、結局、小説のほうが詳しいし、小説読むのが一番手っ取り早い気がしました。これ、若いうちに読む本ですね。。。

 

 

今日のチワワの小太郎は2015年12歳の頃。(元記事→疲労の値と障害年金/へにょへにょ日記)

 

※チワワの小太郎は2018年9月、16歳で永眠しました。過去写真を載せてます。 

 





↑私は合本版(楽天kobo)で買いました(→Kindle版はこちら)。無料版もいいけれど、出版社で編集されてるから有料版のほうが読みやすいということもあります。三国志については比較してないけど、他の本での経験では。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ