チューリップの花壇と住みやすい街のこと | へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

犬、ペット、本、アート、家電、カメラ、写真、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎(15歳♂)と過ごす日々。


テーマ:

チューリップ、見てきました。チューリップってまばらに咲いてることが多いので写真撮るのが難しいのですけど、花壇にたくさん植えてあると写真映えします。

 

 

いや、でかけるつもりなかったのですけど、父が留守で、母がお散歩ついでに買い物に行くというので、ちょっと贅沢にランチはお寿司でも買ってきたら〜なんて言って、回転寿司の持ち帰りメニューを見ながらあれやこれや話してるうちに「面倒だから食べに行こう」って言い出すもんだから、ついでにチューリップ見に行くなら、となったのでした。

 

 

地元の南足柄の中部公民館。父は、そんなに期待しないほうがいいよ、と言ってましたけど、いやいや、けっこう見応えのあるチューリップ。お天気もよく、写真も撮れたし、満足です。

 

それよりも、この施設、市内に住んでいるのに、初めて来ました。けっこう立派な建物で、いろいろと面白そうな講座も開催されてるみたい。でも、駅から歩くので、電車だと不便。自宅から自転車だと遠い。

 

 

ここに限らず、南足柄市の公共施設って、交通の便が悪いのです。いや、それなりに駅から歩けない距離ではないのだけど、目的地の周辺に商店街などがあるわけでもなく、なにかのついでに行くという感じでもないから、なんかね、わざわざ行くのが面倒。

 

そして、それぞれの施設の場所が点々としています。それを線で繋ぐようなバスの路線があればいいと、常々思うのだけど、…ないのですよねー。

 

役所や図書館などの公共施設、それに病院、買い物できるスーパー、大きな公園、そして駅。車を運転しない高齢者には、駅から歩くのが億劫だから、その施設の前まで行くバスが必要だと思うのです。そういう交通手段があれば、駅から遠い、車がないと不便な地域に空き家や空き地が増え続けるってこともなくなりそう。

 

 

小田原から新幹線があるので、都心まで1時間くらいで通えるし、自然はいっぱいだし、箱根や伊豆、熱海も近いし、富士フイルムの企業城下町だった(いまも?)から高齢世代にも地方から来て定住した方が多く、割とヨソ者を受け入れる土壌がある土地ではないかと思います。

 

住みやすく、子育てしやすくなれば、移住者も増えるんじゃないかな。子育て世代が増えれば、高齢者も住みやすくなるんじゃないかと思います。子どもに優しい環境は、高齢者にも優しいです。たぶん。

 

 

FUJIFILMの話が出たから、FUJIFILM X-T20 で撮ったチワワの小太郎、載せておきます。(元記事→雨が降ったらお休み。/へにょへにょ日記)

 

※チワワの小太郎は2018年9月、16歳で永眠しました。過去写真を載せてます。 

 

【撮影機材】(チワワ)

カメラ:FUJIFILM X-T20 →Amazon / 楽天市場 / 価格.com

レンズ:XF35mmF2 R WR →Amazon / 楽天市場 / 価格.com

※写真はトリミングしています。

 

【今日の撮影機材】(チューリップ)

カメラ:Canon EOS 9000D → 楽天市場 / Amazon / 価格.com

レンズ:EF-S60mm f/2.8 Macro USM →楽天市場 / Amazon / 価格.com

※写真はトリミングしています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

のりこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント