春の草花、雑草観察 | へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

犬、ペット、本、アート、家電、カメラ、写真、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎(15歳♂)と過ごす日々。


テーマ:

春ですねぇ。公園や広場には春の草花が目立つようになってきました。先日買った「四季の雑草図鑑」を見ながら楽しんでます。

 

 

タンポポは、朝夕は花を綴じてしまうので目立たないのだけど、昼間はぱぁっと開いていて、緑の中に黄色い花が点々としていてかわいいです。

 

 

よく見かけるのに名前を知らなかった草。ヒメオドリコソウ。名前は聞いたことある。顔も見たことある。でも両方が結びつかないこと、よくあります。そんな感じ。花が、ホトケノザに似ているので、ちょっと混同してましたが、違う種類です。

 

 

スイバ。これ、すごく大きくなる草で、成長すると、黄色いセイタカアワダチソウと並んで「ザ・雑草」という感じなんですけど、小さいときはかわいいです。で、初めて知ったのだけど、「ヨーロッパでは「ソレル」という名前で野菜として流通している」って「四季の雑草図鑑」に書いてある。食べられるのか! っていうか売れるのか!

 

 

ナズナ。私は子どもの頃からペンペン草って呼んでます。葉っぱを少し下に割いて、振ると、でんでん太鼓みたいにペンペン鳴ります。これも小さい花なんだけど、早朝だと花が開いてないです。写真映えしない…。

 

当たり前なんだけど、小さい草花でも、春になると花を咲かせるし、一日のサイクルに合わせて花を開いたり閉じたり、太陽に向かって微妙に向きを変えたりしています。ちょっとくらい踏んづけてもちゃんと立ち上がるのです。

 

そうそう、あと広場の中でこんもりとして、草が密集して生えているところは、誰かがワンコのウンチョを埋めたところだったりもして、しかもそこに別のワンコたちがシッコしてマーキングするもんだから、栄養過多でますます草が茂るっていう、なんというか、草花と動物が共生している感じが体感できるのが田舎暮らしの醍醐味です。

 

まぁ、要約すると、「ウンコ埋めんな(犬のフンは持ち帰りましょう)」って話なんですけど。最近は少なくなってますが、たまーに、スコップひとつ持って散歩してるおじさんとか、います。川沿いだと川に、土があれば土に、還してるようです…(ダメです)。

 


 


 

【今日の撮影機材】

カメラ:Canon EOS 9000D →Amazon / 楽天市場 / Amazon / 価格.com

レンズ:EF-S60mm f/2.8 Macro USM →楽天市場 / Amazon / 価格.com

※写真はトリミングしています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

のりこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント