あっという間に「怪作展」最終日 | へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

犬、ペット、本、アート、家電、カメラ、写真、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎(15歳♂)と過ごす日々。


テーマ:

怪作展、今日が最終日で夕方搬出です。一週間(正確には6日)、早いような、長いような。普段、引きこもっているので、もういっぱいいっぱい。疲れました。

 

 

柏木美術鋳物研究所の柏木くんの作品。こっそり小田原鋳物(←本業)が使われてます。今回、会場での鳴り物(風鈴など)の販売がないので音を聞けないけれど、小田原鋳物は音がとてもよいのです。工房は「砂張ギャラリー鳴物館」として小田原市の街かど博物館にもなっているので興味のある方はぜひ。(→街かど博物館(小田原駅周辺エリア)

 

 

 

絵画に見えるけれど友禅染めの作品。技法を何度聞いても、翌年また聞いてしまう…。やってみないとわからんですな。

 

 

昨日の日曜日は受付当番だったので、丸一日会場にいました。1年に一度、怪作展でしか合わない知人、友人もいるのですが、引きこもり生活では人と会うこともあまりないから、この機会は大事。SNSやっていないとか、ネットでは繋がっていない人とも会えるのがいいところです。

 

接客したり、会場の写真を撮ったり、おしゃべりしながら休んだりしつつ、一日終わりました。ぼーっとしていて、知り合いに気付かず挨拶できなかった方多数。すいません。(あとで芳名帳を見てびっくり)

 

 

今回、ご近所さんに展示のことを話したら、その方が宣伝してくれて他にも近所の方が見に来てくれました。普段、カメラ持ってふらふらしているから、怪しまれていただろうけども、これでちょっとナゾが解明されたかな。

 

そして、意外とカメラが趣味のご近所さんも多いということが判明。あちこち出掛けて、歩き回って、写真撮る、って健康的でいい趣味です。絵を描く趣味だと引きこもりがちだけど、写真だと家族も連れてあちこち出歩けるのがいいと思います。機材にお金がかかるのと、撮影者の都合で家族が連れ回されるところが玉に瑕のようです…。早朝に撮影スポットに連れていかれたりだとか、機材の荷物持ちだったりとか…。

 

 


小田原でグループ展「怪作展」を開催しています。写真、油彩画などを出品しています。

おかげさまで、物販コーナーのポストカードセットなどもそこそこ売れてます。嬉しいな。もっといろいろ作りたくなってしまいます。

 

【 怪作展 】

2019年2月6日(水)〜11日(月/祝)
10:00〜18:00(初日は13:00から/最終日は16:00まで)
ギャラリーNEW新九郎(小田原/ダイナシティウエスト4F)

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

のりこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント