怖いながらも便利なSNS。Facebookの個人情報流出。 | へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

犬、ペット、本、アート、家電、カメラ、写真、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎(15歳♂)と過ごす日々。


テーマ:

Facebookの個人情報流出がニュースになっているので、一応、自分は大丈夫か確認してみました。とりあえず大丈夫なほうに入ってるみたいです。


↓こちらのページ(英語)の一番下のところで確認(要ログイン)。

An important update about Facebook's recent security incident(Facebookヘルプセンター)

↓確認方法はこちらの記事を参考にしてください。
あなたはFacebookの情報流出の“被害者”だったのか? それを実際に確かめる方法(WIRED)

 

 

それにしても、Facebookは実名登録だし、友人の繋がりなどで(不正でない手段でも)個人情報を知られる可能性が高くて、ただでさえ危険度が高いです。なんならFacebookに登録してなくても、Facebookに登録している友人と会っているだけで情報がネットに漏れてる可能性もあります。

Facebookには登録してないけど同窓生の○○ちゃんと会ったとか、集合写真載せてたりとか、友人限定だとしても、私、その人知らん、という投稿もかなりあります。友人の友人関係なんて、全部把握しているほうがおかしいから、それが普通ですけどもね。

 

程度にもよるけれど、どこで誰と会ったとか、誰といつどこに行った、というのもSNSに載せるのをためらうことも多くなりました。逆に、そういう情報を多く載せている人と会うときには用心するようにも。

 

SNSの中でも、特にFacebookは、本名、写真、年齢、居住地、出身地、出身校、同級生、部活動、趣味、職場、旧職場、配偶者、親戚、子ども、子どもの学校…と、自分がプロフィールに書いてなくても芋づる式に分かってしまうこともあり、怖いなと思いながら使っています。とはいえ、使う以上は、ある程度は仕方ないかなと思いつつ。

↓まとめ記事ですが、参考までに。
Facebookの個人情報流出問題 原因と確認方法は?(excite)

 

ちなみに、私が一番気持ち悪いと思った実体験は、とある非正規ルートで私の写真を入手したネットでの知り合いが「地元の○○のお店で見かけましたよ」ってメッセージでお知らせしてくれたことです。こっちは相手の顔を知らないので怖かったです。リアルで私を見かけてもネットでお知らせしてくれなくていいですから。必要なら直接声かけてください(それも怖いけど)。これはちょっとした事情のある特殊案件でしたが、とても勉強になりました。

 

※チワワの小太郎は2018年9月11日、16歳で永眠しました。しれっと過去写真を載せてます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

のりこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント