「美女と野獣」実写版もお気に入り | へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

犬、ペット、本、アート、家電、カメラ、写真、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎(15歳♂)と過ごす日々。


テーマ:

各地の水害が心配です。よく考えたら、関東は梅雨明けしたけれど、まだ梅雨が明けてない地域が多いのですよね。これ以上被害が大きくならないことを祈ります。

 

 

なんだかはっきりしないお天気で、体調もはっきりない感じです。すごく調子が悪いということもないのだけど、なんとなく動きづらいというか、身体が重いというか。気温が上がって、湿度も高めで、むわっとしています。

 


↑夏の連ドラがまだ始まらないので、今日もひとり映画祭。「美女と野獣」の実写版、WOWOWで録画してあったのをやっと見ました。字幕版です。

ディズニーアニメの「美女と野獣」が好きで、大学生くらいの頃、ビデオで何度も見てました。他のディズニーアニメ映画のビデオ(当時はVHSビデオテープ)もほとんど持ってました。そのあと、劇団四季のミュージカルの「美女と野獣」も何回も観に行きました。このお話が好きなんですよね。主人公のベルが頭がいいし、単に王子様に見初められて結婚するだけのヒロインじゃないところがいいんだと思います。

音楽や演出などミュージカル的な要素も好きで、特に、お城で主人公のベルをおもてなしするシーンの「Be Our Guest」が映画版でもミュージカル版でも一番好きです。

で、実写版はいったいどうなっているのか不安だったのですけど、もうね、期待を裏切らないというか、期待以上でした。ストーリーなど根幹部分は踏襲しつつ、微妙にアレンジしてあって、アニメともミュージカルとも違う魅力があります。楽しかった。

やっぱり「ラ・ラ・ランド」より「美女と野獣」のようなミュージカルが好きだなぁ。これは、映画の出来とかじゃなくて、好みの問題で。現実っぽいファンタジーより、ファンタジーのなかのファンタジーのほうが遠慮なく世界に入り込めるからかも。

しかし、実写版とはいえ、お城の中のキャラクターはほとんどCGだし、どこからどこまでが「実写」なのか境目がわからなかったです。この映画に限ったことではないけれど、今のCGの技術力すごいです。

 


にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ

のりこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント