財産と親戚の再確認に使うエンディングノート | へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

へにょへにょ日記[スムースチワワ写真ブログ]

犬、ペット、本、アート、家電、カメラ、写真、料理、ハンドメイド、医療、健康…。なんとなく過ぎてゆく日常のあれこれ。スムースチワワの小太郎(15歳♂)と過ごす日々。


テーマ:

気圧や湿度や気温の変化についていけてなくて、だるだるー。梅雨っぽいだるだるー。

 

 

夏の気温なので、チワワの小太郎の暖房も切ってしまってますけど、ちょっとお腹がゆるくなってるみたいだし、まだ暖房いるのかもしれません。小太郎おじいちゃん、人間語をしゃべらないので暑いのか寒いのか、イマイチよくわかりません。

 

でも最近は暖房がついているかどうかにかかわらず、昼間はハウスに入る時間が減っています。それなりに自分で温度調節してるみたいです。ハウスにいないときには適当に部屋にあるクッションとか布団とか、ふわふわの上で寝てます。

 

 


↑以前から欲しかった、エンディングノート、1冊買ってみました。本屋さんの店頭にあったこれを買いましたが、いろんな種類が出てます。(→Amazonで「エンディングノート」を見る

 

葬儀や終末医療についてというよりも、自分と家族の財産とか、親戚関係の整理に役立ちそうだと思って。

最近はネット銀行だけじゃなく普通の銀行も紙の通帳を無くす方向になっているし、両親が入っている保険も把握できてないものもあるし、銀行からの引き落としで払っているものとか、お金関係のことをまとめて書くのに便利そう。

 

あと、親戚関係。両親に聞いても、自分のきょうだい(私にとっての叔父叔母・伯父伯母)に連絡すればいいいよ、としか言わないのですけど、いやいや…葬儀やお見舞いに来てくれた人の関係を知らないとやっぱり困るでしょう…と思うわけです。

 

エンディングノートにはたいてい、親類や知人の連絡先リストの記入欄と一緒に家系図の記入欄もついていて、空欄を埋めれば家系図ができちゃうというのがいいです。これなら両親も書き込みやすそうだし、そういえばこんな親戚もいた、って思い出すきっかけになりそう。

 

あと、よくもらい物をする親戚だか知人だかわからない人なんかも、実はこういう関係の人だよって聞き出せるかも。本人に口頭で聞いても適当だし、○○のおじさんの奥さんの兄弟とか言われてもよくわからなかったりするんですよ…。そもそも○○のおじさんって誰…って話で。

 

新聞の記事に書いてありましたが、いきなり親にエンディングノートを渡して書いてもらうよりも、まず自分が書いてみるとか、自分の分と親の分を買って、一緒に書いてみるとか、書き込めるところから書いてみるとか、工夫が必要みたいです。

 

我が家の場合は私は持病があって、いつなにがあるかわからない反面、両親はなんだか元気で(特に母は)長生きしそうなので、みんなでエンディングノート書くのもいいかなと思います。まずは自分の分の銀行口座のリストから書いてみます。

 

にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ

のりこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント