※ 初めての方は、こちらからどうぞ。

 

 

 

 

 

 

こんにちは♪ 幸せな食卓の惑星 しあわせレシピ職人ヒロコさんこと小林浩子です♪
 
 
 
 
 
image
 
 
 
 
 
トマトと味噌、合うんだよね〜(^ε^)♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鶏肉とトマトの味噌煮込み
 
 
 
 
 
材料
 
 
鶏もも肉 2枚(唐揚げの大きさに切る)
 
トマト 3個
 
にんにく 1片
 
ココナッツオイル 大さじ1(他の油でも)
 
 
味噌   大さじ2
 
はちみつ 大さじ1(大さじ1/2から調節してもいい&他の甘味でもいい)
 
塩   少々
 
 
オレガノ 少々
 
レモンバーム 少々
 
(ハーブは入れても入れなくても)
 
 
 
 
 
image
 
 
※鶏もも肉は、しょうゆ麹 大さじ1 に漬けて、冷凍していた。
 
解凍してから使用。
 
漬けていなくてもいい。
 
 
※ココナッツオイルは、匂いがないココナッツオイルを使用。
 
匂いが気になるなら、オリーブオイルで。
 
 
 
 
 
image
 
cocowellのプレミアムココナッツオイル
 
ココナッツの香りが、ほとんどない。
 
 
 
 
 
作り方
 
 
 
 
(前準備)
 
 
トマトは角切り。
 
 
味噌とはちみつは混ぜておく。
 
 
 
 
image
 
 
 
 
 
1)
 
 
①ココナッツオイルをフライパンに入れて、鶏肉を炒める。
 
 
②にんにくを入れようと思いつき、刻んで追加。
 
 
③トマトを入れる。
 
 
④味噌とはちみつを入れる。
 
 
⑤蓋をして、強火で5分。
 
 
image
 
 
 
 
 
2)
 
 
①蓋をとって、煮詰める。(15〜20分くらい)
 
 
②味見をして、酸味が欲しかったので、生のレモンバームを刻んでいれる。
 
(レモン汁、酢など、酸っぱく感じるものならなんでも)
 
 
③オレガノを入れる。
 
 
④塩で味を整えて、できあがり。
 
 
 
 
 
image
 
 
 
 
 
トマトの濃さ&酸味で、味が変わる。
 
 
味見をして、調節はかかせない。
 
 
はちみつは、大さじ1/2から調節してもいい。
 
 
 
 
 
image
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
栄養価のピックアップ
 
 
 
 
ココナッツオイル
 
にんにく
 
オレガノ
 
 
 
 
 
この3つの食材。
 
 
抗菌作用のある食品として知られている。
 
 
 
 
腸壁が荒れて、毒性のある未消化のタンパクなどを体内に取り込んでしまう病気。
 
 
リーキーガット症候群は、腸内のカンジダ菌などの真菌増殖が、原因の一つとして挙げられている。
 
 
 
 
実は、私。
 
 
昨年の遅延型アレルギー検査で、カンジダ菌項目の数値が高かった。
 
 
 
 
発達障害さんも。
 
 
リーキーガット症候群の人は多いのではないか、という意見もある。
 
 
 
 
 
そこで、日常の食事で活躍するのが、抗菌作用のある食材。
 
 
ココナッツオイル、にんにく、オレガノの他に。
 
 
シナモン、生姜などなど。
 
 
 
 
 
ちょっとした心がけで、摂れる食材なので。
 
 
頭の片隅に入れておくと。
 
 
何気ない食事も、抗真菌作用、腸内環境を整える食事となる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
では、まったね〜ヾ( ´ー`)
 
 
 
 
 
最後まで読んでくれて、ありがとうラブ

 

 

 
鎌倉ハッピーランチ会♪
 
 
日時:6月24日(土)12時00分〜15時00分
 
(11時40分 鎌倉駅東口改札口前 待ち合わせ)
 
募集人数:3名様(あと1名様)
 
参加費:ランチ代金(和ふたぬーんセット 3,024円)
 
 
〒248-0024
鎌倉市由比ヶ浜2−7−12−22
TEL: 0467-38-6697
 
詳しくはこちらを読んでね ウインク
 
 
 

 

 

 

 

 

 

Facebook友達になってくださると嬉しいです(*^▽^*)
「ブログからきました」と一言メッセージくださいね♡
小林 浩子

毎日夕飯の写真を投稿しています。
読者登録 / メルマガ / メニュー / お問い合わせ