GFCF 腸内環境

<GFCF 腸内改善>





GFCFとは、グルテンフリー・カゼイングリーのこと。


関連記事 


食物過敏を引きおきしやすい食べ物について


未消化のタンパク質がなぜ発達障害の子どものカラダに悪い影響を及ぼすのか


食物過敏と極端な偏食について





image
和食は自然とGFCF生活に。










腸内環境






には、約1億個神経細胞があり、脳の次神経細胞が多い臓器です。


は、に支配されない唯一の臓器なんですね。


消化は、脳からの指令を待つことなく独自で行われています。


そして、この腸の神経


90%までは、脳に情報を送っているそうです。





つまり、腸の神経は、脳に影響を及ぼします


腸は第二の脳といわれるのも、うなずけますね。





先ほど紹介した過去記事にもありましたように、グルテン・カゼインというタンパク質は、消化に時間がかかります


腸になんらかの代謝異常がある場合未消化のまま吸収され、その未消化のタンパク質が、カラダに悪い影響を及ぼします。


発達障害のお子さんは、腸の消化・吸収・代謝に問題を抱えている場合が多いといわれていますね。


アトピー・アレルギー・喘息など何かしら抱えていませんか。





そこで、グルテンフリー・カゼインフリー食事療法で、腸内環境を改善し、消化・吸収・代謝が正常になるように進めていこうというものです。










グルテンフリー・カゼインフリーの効果






アメリカの発達障害研究所の調査では、65%GFCF実践者効果があったという研究結果があります。






睡眠障害の改善

視線をあわせるようになる

腸内環境の改善

頭痛がなくなる

癇癪がなくなる

執着がなくなる

学習能力の改善、など








私の効果は、過去記事「グルテンフリー・カゼインフリー生活を続けて約7ヶ月たちました」に書きました。


ゆる〜く続けています(‐^▽^‐)





GFCFは、腸内環境を元気にする第一歩 ♪


「まごわやさしいこ」の食事を心掛けると、自然にGFCF生活になりますよ〜(^O^)/