<甘酒>





image
きゅうりの甘酒漬けと一緒に♪




甘酒は、飲む点滴と言われているくらい、豊富な栄養と酵素が含まれています。


米麹から作る手作りの甘酒は、何だか懐かしい味(*゚ー゚)ゞ


酵素は、腸の消化・吸収を助けてくれます。


善玉菌も増やしてくれ、腸内環境を元気にするお手伝いもしてくれます。


発達障害さんの腸内環境も整えてくれたら嬉しいですね。


砂糖より、優しい甘さです。





関連記事


【甘酒】甘酒をつくってみた


【甘酒】甘酒は2種類あった


【甘酒】甘酒は脳に良いかも!


甘酒を砂糖代わりに、ママのダイエットにも、波立凸凹さんにも^^






<ハーブ療法>





アロマの講座に参加して、脳に直接届く、香りの効果に驚きます。




image





香りに効果があるなら、食べる香りの野菜ハーブも効果があるはず!


そんな思考から、ハーブ、香味野菜に注目しました。


メディカルハーブ、ドイツの自然療法、ココロに効くハーブ療法など。


ただいま、本を片手に勉強中





ハーブでココロを癒し、症状を緩和。


根本改善ではないですが。


あらわれている、または、あらわれるかもしれない症状の改善に、ハーブ療法を注目しています。


実は、ハーブは、ココロや神経系を得意とするのです。





うつ病、不眠症、認知症、神経症、神経性の腹痛と下痢、更年期障害、片頭痛などは、効果がある世界的に認められています。





私は、この中に、「発達障害」も加えたいです。


なぜなら、「発達障害」は、ココロと神経深く関係があるからです。





どのような種類があるのか。


どのように食べるのか。(料理に使用する、ハーブティー、エッセンス、チンキ剤、飴、シロップ、粉末で。。。)






まだまだ勉強中ですが、まずは、自分から試してみようと思います。


あくまで、食べることにこだわりたい (*゚ー゚*)






これから、ハーブの効用を順次アップしていきますね。


普段の食事にも、取り入れていきますよ。





<関連記事>

【ハーブ】赤紫蘇は日本のハーブ


【ハーブ】体調が?と感じたら、ハーブティー♪♪


癒しのハーブティー







ミントシロップ
image