昨日、「発達障害さんの食事を考えるセミナー」を開催しました~!


image





こんにちは。幸せな食卓の惑星~発達障害の子どもの食事を支援する方法~小林浩子です。


岩田由美さんとのコラボ企画のセミナー


とても暑い日でしたが、遠くからも参加してくださり。


無事に開催することができました。










「発達障害さんの食事を考える」






今回のポイント。





グルテンフリー・カゼインフリー(GFCF)で。


発達障害さんの腸と脳を元気にしよう!






参加された方々


さすが意識が高い


すでにご家庭で実践されている方もいらっしゃいました。





GFCFの献立紹介として。


米粉のうどん、米粉の天ぷら調理実習しました。




米粉の特徴、調理の工夫など、ほんのさわりでしたが。


お話もさせていただきました。





グルテンフリー生活にとって。


米粉は、献立の幅を広げてくれる重要な食材です。





米粉の可能性





少しでも感じてくださったら嬉しい限りです。










調理をすること





参加されたみなさん


意識が高いばかりでなく。


とても手際がよく。


段取りの悪い私でしたが。


助けられました(・・。)ゞアリガトウ





~調理している時の会話~


「発達障害さん、あいまいな表現通じないのよね~。」


「そうそう!”さっくり混ぜ合わせる”の”さっくり”ってどんなくらい?とか。」


適度に”の”適度”ってどれくらい?とか。」


何センチ切る何分ゆでる具体的にさせないと伝わらないのよ~。」





おー、料理説明では、よく使われる表現なんです。


「軽く」「もったりと」「つのがたつくらい」「だいたい」。。。。


曖昧な表現のオンパレード(笑)





今回のレシピプリントは。


ご家庭で、お子さんと一緒に調理をされる時のために。


視覚支援として。


手順の写真付きにしました。



image





表現までは、気がつかなかった。


今後に生かしていきます!





調理実習


一方的にお話させていただくセミナーよりも。


お互いの距離ぐっと近くなるんですね。


さきほどの「曖昧な表現について」の会話も。


一緒に作業をしていたからこそ。




私の方も。


コツや作り方を、お一人一人の様子を見ながらお伝えすることができます。





話すだけより、ずっと楽しい♪♪♪♪





大発見でした。





これからは、調理実習、料理教室力を入れていきたいと、あらためて思いました。





本当にありがとうございました!





感想由美さんのことなど、また後日記事にしますね。





image










■Skypeで「とりとめなく30分おしゃべりしましょう♪■

無料モニターさん大募集!

◯詳細はこちらです◯
 




メルマガ詳細は、こちらです^^












Facebook友達になってくださると嬉しいです(*^▽^*)

毎日、夕食を投稿しています。

「ブログからきました」と一言メッセージくださいね♡