編集会議 乗り物チャンネル! -2ページ目

編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:

 千葉市の中央区・若葉区・稲毛区、四街道市、佐倉市で路線バス、稲毛・四街道〜羽田空港便やユーカリが丘〜東京駅便の高速バス、さらに12月16日からはJR稲毛駅〜成田空港便も運行している京成グループの千葉内陸バス。12月19日から日野ハイブリッドバス(車両型式2SG-HL2ANBP、全長10.55×全幅2.48×全高3.10m)を初導入し、運行を開始しました。

 そのバスのデザインは、鉄道模型やミニカーを製造・販売しているトミーテックが営業車では初めて担当。鉄道模型ブランド「トミックス」が1974年に発売した富士重工業路線バスのデザインをモチーフに、千葉内陸バスのイメージカラーの緑と掛け合わせたデザインになっています。1/150スケール模型のデザインが1/1スケールの実車バスとなったわけです。

 さらに、トミーテックのバス模型1/150「バスコレクション」と、1/80「全国バスコレ80」として、来年4月に発売される予定です。

1/150「バスコレクション」

 

 また、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 特別仕様ナンバープレート」を千葉内陸バスとして初めて導入しています。

 

この日はLED行き先表示には、スペシャルバージョンが表示されました。

 

 

 

 


テーマ:

 京成バスは12月16日(土)より、リフト付き高速バスの実証運行路線として、成田空港〜東京駅鍛冶橋駐車場間の「有楽町シャトル」の運行を開始します。所要時間は約70分で、1日往復21便運行。

 これは、国土交通省が推進する「2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の円滑な運営に向けたバリアフリー化」に対応するべく実施するものです。

 そのため、リフト付き高速バスを使用。この車両は、リモコンで操作する車椅子専用の乗降リフトが車体中央部に搭載しており、乗客は車椅子のままバスに乗車できます。

 運賃は同一エリアを運行する 「東京シャトル(成田空港~東京駅八重洲口)」 と同額(前日までの予約・決済の場合は900 円、当日予約または未予約の場合は1,000 円)に設定し、回数券や東京地下鉄とのセット券「東京シャトル&サブウェイパス」の使用が可能。

 

 

 


テーマ:

 京成グループの京成バスと千葉内陸バスが、12月16日(土)より千葉市稲毛区の「草野車庫(京成バス長沼営業所)」・千葉都市モノレール「スポーツセンター駅」・JR総武線「稲毛駅」と成田空港を結ぶ高速バスの運行を開始します。

 当路線では全車両に、多言語に対応した無料Wi-Fiサービスや自動放送、案内用液晶表示器のほか、トイレ、AEDを搭載。

 また、成田空港行きの高速バスについては、草野車庫では無料駐車場(事前予約制)を用意しており、駐車したあと、そのままバスを利用できるパーク&バスライドに対応しています。

 草野車庫発は1日7便、成田空港発は1日9便運行。運賃は大人1,000円、子供500円。


テーマ:

 国際ロボット展注目出展作品第2弾は、消防庁消防研究センターの元、三菱重工業(株)、三菱電機特機システム(株)、ヒロボー(株)、東北大学が開発を進められている消防ロボットシステムです。プラン火災やトンネル災害、高放射線量下など、消防隊員が立ち入れない大規模火災現場での迅速な初期消火活動を行なうものです。

 消火活動の流れは、

1:消防隊員が消防ロボットシステム搬送車両を運転し、火災現場に近い安全なエリアへ出動。

2:搬送車両からロボットを搬出し、稼動準備。

3:偵察・監視ロボットが出動。

4:偵察・監視ロボットからの情報を元に、放水砲ロボット・ホース延長ロボットが連結して火災現場近くの放水位置まで自律移動。

5:放水砲ロボットを設置し、ホース延長ロボットがホースを自動敷設。完了後、ホースとポンプを接続し放水を始めます。

 

右/放水砲ロボット、左/ホース延長ロボット。この2台はお互いが消防用ホースで接続された状態で、自動運転により火元にむけて走行。ホース延長ロボットは内径150mmの消防用ホースを300mまで搭載できる。放水砲ロボットは供給圧力1MPa時に4,000リットル/minの放水が可能な放水銃を搭載している。

放水砲ロボットサイズ:全長2.1×幅1.4×全高1.9メートル(参考値)

ホース延長ロボット:全長2.4×幅1.75×全高2.150メートル(参考値)

 

偵察・監視ロボット。消防としては世界初となる自律移動機能を備えている。放水砲ロボットが走行する経路を先に走行し、経路や災害の状況を偵察。放水開始後は、放水軌跡を横から撮影し、目的の場所に放水できているかを監視。

また走行経路に障害物が飛散していることも考えられるため、車輪とクローラーの2つの走行方式を備えている。

サイズ:全長1.3×幅1.0×全高1.8メートルで、段差乗り越え高さは40センチ。

 

偵察・監視ロボットには、飛行型の電動無人ヘリコプターHX-2もある。

サイズ:ブレード全長2.5、ボディ全長1.497×ボディ幅0.512×全高982メートル

 

このシステムは、2019年3月までに、完成予定だそうです。


テーマ:

 2017年11月29日〜12月2日、東京ビッグサイトで開催された「2017国際ロボット展」。昨今のAIの進化で、急速に開発が進むロボット。当然はたらく乗りものの出展も多数ありました。そのなかで、気になった出展作品を何回かに分けて紹介します。

 今回は、ファナック社の大型ロボットFANUC Robot M-1700iAです。世界最大の搬送能力をもっており、可搬質量はなんと1,700kg! 動作範囲は水平4,683mm、垂直6,209mmです。会場では、軽々と乗用車を持ち上げるデモンストレーションが行なわれていました。


テーマ:

 11月29日〜12月1日「鉄道技術展」と同時開催されていた「橋梁・トンネル技術展」で見つけたはたらく乗りものを1台紹介します。

 ブームが下にコの字に曲がり、道路上から橋の下部まで点検できる橋梁点検車。日本ビソー社のGC-200はタダノ社の橋梁点検車を改造し、作業員が乗るバスケットの代わりにゴンドラを装着しています。ベースとなった橋梁点検車の最大地下深さは5.4〜7.3mですが、ゴンドラに改造したことによって最大地下深さは56.2mになりました。橋梁点検車では届かない高橋脚面へのアクセスが可能。また河川部など高所作業車がこれまで立ち入れなかった場所への上部からアクセスできます。ゴンドラデッキ部は長さ1,400×幅550×高さ1,225mmで、積載荷重は200kgです。


テーマ:

 日野自動車は小型ノンステップバス「日野ポンチョ」を改良して、12月21日(木)に発売します。

 今回の改良点では、排出ガス後処理装置に新たに尿素SCRを搭載して平成28年排出ガス規制に適合し、トランスミッションを5ATに一本化しました。ついに、小型バスも尿素SCRを搭載する時代になったようです。エンジンは変更なく、J05E〈J5-Ⅵ〉で最高出力は132kW(180ps)。

 そのほかの改良点としては、メーターの大型化と液晶表示を採用して視認性を向上。さらに室内灯をLEDにして省エネ化しました。

 東京地区希望小売価格はロングボディ都市型(型式2DG-HX9JLCE)、36人(座席11+立席24+乗務員1)=税込18,093,240円、ショートボディ都市型(型式2DG-HX9JHCE)、29人(座席10+立席18+乗務員1)=税込17,744,400円

ロングボディ2DG-HX9JLCE

 


テーマ:

 日産自動車とDeNAは無人運転車両を活用した交通サービス「Easy Ride」を共同開発中ですが、2018年3月5日(月)から18日(日)までの2週間、神奈川県横浜市のみなとみらい地区周辺にて、一般モニターが参加する実証実験を実施します。

 「Easy Ride」はだれでもどこからでも好きな場所へ自由に移動できる交通サービスで、各地域の既存の交通サービスを補完するものとして開発を進めています。

 専用のモバイルアプリによって、目的地の設定、配車、支払いまでが行なえます。さらに遠隔管制システムによって、無人運転時でも安心して利用できます。訪日外国人でも利用できるように多言語にも対応する予定です。

 一般モニター募集を、本日2017年12月5日(火)より公式サイト(https://easy-ride.com)で開始し、2018年1月15日(月)まで受け付けます。

 興味のある方は募集してみてはいかがでしょうか。

 

実証実験で使用するモバイルアプリの画面イメージ


テーマ:

 WILLER EXPRESS JAPANは12月1日より東京〜福知山・宮津・豊岡の高速バス新路線を開設しました。WILLERは北近畿地域で7市町を結ぶ鉄道「京都丹後鉄道」を営業しているので、すでに鉄道の利用客増をもくろみ同区間の高速バスを運行していると思っていましたが、意外にもなかったのですね。シートタイプはWILLER EXPRESSで一番人気の4列シートのリラックス《NEW》と3列独立シートのコモドを採用。

 北近畿地域は関西では人気のある観光地で、日本三景の一つである天橋立や1300年の歴史を持つ志賀直哉など文豪に愛された城崎温泉があります。関東から行くためには、新幹線と在来線または飛行機とバスを乗り継ぐ必要があり、かなり不便でした。

 この高速バスは毎日運行で、WILLER EXPRESS JAPANでは初年度は年間2万人の乗客輸送を計画しているということです。

おなじみのピンクのバスで運行。写真は実際に運行される車両とは異なります。

顔を覆うカノピーを装備したリラックス《NEW》。写真はヘッドレストの形状は異なります。


テーマ:

 まもなく引退を迎えるであろう1A169と1A198。臨港バス創立記念式典後に行なわれたラッピングバス撮影会では、臨港バス最古参車両1A169がベストの撮影場所に置かれるという大サービスがあり、バスファンの注目を集めていました。

 1A169は鶴見営業所から塩浜営業所に移籍してきた車両で、フィルム式方向幕を装備していた車両の最後の一両です。引退も予定され、今回かつて臨港バスが車両に施していたホイールへの⻘塗装を復活しました。

 2番目の古参車1A198は残念ながらバスファンには撮影できない位置に置かれていました。でも11月19日(日)の運行は、臨港バスのホームページに掲載されていますので撮影のチャンスはありそうです。1A198は4台しか導入されなかったワンステップの初期型エルガです。まもなくこちらも引退となります。

 

最新の500番台と並ぶ1A198

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス