新明和工業がTMSに新型ダンプトラックを出展 | 編集会議 乗り物チャンネル!

編集会議 乗り物チャンネル!

働く自動車、鉄道をはじめ、様々なジャンルの雑誌・書籍の編集・制作しています


テーマ:

 新明和工業は東京モーターショー2017に、新型のGVW20トン車級テレスコ式リヤダンプトラック(土砂運搬用)を出展しました。日本のダンプトラックはリンク式ダンプ機構で荷台を持ち上げるのが主流ですが、同社では新開発の3段伸縮テレスコピックシリンダーを採用。新機構にすることで、重量を軽減。さらにハーフパイプボディを装備することで、最大積載量10トン以上を実現しました。

 ボディサイズは全長7,510×全幅2,490×全高3,180mm、荷台サイズは長さ4,800×幅2,200×高さ730mmで、荷台容積は6.5立方メートル。

 

編集会議さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス