遍路わくわくのブログ
  • 11Aug
    • 今日は山の日

      山は見るのと登るの、どっちが好き?以前は見てるだけだったのですが、神社仏閣めぐりをするようになったら、否応なしに登らなきゃならない山が増えてきました。(あ、もちろん禁足地になっていたりすることもあるんですが)登ると、充実感有ります。2018年は金山出石寺のある出石山(標高810m)、横峰寺(750mくらい。最高地点はもうちょっとありそう)、雲辺寺のある雲辺寺山(標高912m)と3つ登ってきました。▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう

      8
      テーマ:
  • 01Aug
    • 伊予の国から讃岐の国へ (5)

       最終日7月21日(金曜日)です。かなりバテバテだったので、できれば公共交通機関を使いたかったんですが・・・肝心な三豊市コミュニティバスの時刻表を出力したものを自宅に置きっぱなしにしてたんですな…御主人と女将さんのお見送りがあって民宿・青空屋さんからただ ただ まっすぐ下るだけの67番大興寺朝早いのでまだ気温も上がってなかったのでここまでは楽々でした。歩いてるうちにだんだん気温が上がってきてバテバテにあ、数日前に行き会った(そのときの印象はすごく悪かったんだけど、話してみたらいい人だった)完全野宿遍路さんと少しの間だけ一緒になりました。完全野宿遍路さん、今日は暑いから観音寺まで行って終了とおっしゃってました。いろいろ有益な情報もいただきました。一番有益だったのは・水は凍らせて持ち歩くといい・できれば塩を入れるか、ポカリスエットの粉を入れるでした。もっと早くに聞いておけばよかったです(涙目)マルナカ山本店で(ベンチもあったので)お買い物してゆっくり休息。気合い入れ直して・68番・69番 そして、絶対見たかった銭形砂絵 を展望台から見てきました。本来なら遍路道を70番本山寺に向かうべきところなんでしょうが体力的に持ちそうになかったのでJR観音寺駅前からタクシーに乗ろうと駅まで戻りました。駅の待合室で30分くらい休憩。かなり体温上がってきつかったんでこの休憩+タクシーは身体のためにはいい選択だったかも。財田川でJRが運転見合わせになって観音寺駅が終点みたいになってることもあり駅前には客待ちのタクシー列があり、すんなり乗れました。あ、運賃いくらかかったんだっけか?(すぐに下書きにメモしておくべきであった)この大師堂、えらい引きなのにはわけがありまして21日はお大師様御開帳なんで堂内の撮影禁止だったわけです。最後に御開帳があったのはすごくよかったです。この後、ゆめタウン三豊店へ向けて歩いたわけですが本山寺出た直後は、道外すし〔やっぱり頭がボーッとなってるわけですよね〕ゆめタウンでゆっくり休憩して、軽くお昼も食べてJR四国特急バス観音寺線で関西に戻りました。コミュニティバスをもうちょっとうまく使えたら、タクシーに乗らずに済んだかなそれ以外はおおむね、良い旅でした。

      11
      テーマ:
  • 30Jul
    • 伊予の国から讃岐の国へ (4)

      7月20日(金曜日)前日、旅人宿の御主人に、白地郵便局のところから吉野川の向こう側の道が交通量が少なくて安全でいいと教えてもらっています。7時過ぎに池田ダムから箸蔵ロープウェイ前方面へのバスがあることを確認したので距離を考えて買っておいたパンと牛乳で朝食を済ませ6時過ぎに宿を出る。池田ダムのところでちょっと待ってたらバスが来て、箸蔵山ロープウェイ前に7時30分くらいについたのはいいがロープウェイの始発は8時従業員さんが来てないのでシャッターしまってたのでちょっと焦る往復乗車券買って、別格15番箸蔵寺へ本堂大師堂納経所前のところで「きゅうり加持」の受付してました。ロープウェイの乗り場で、バスのルートよりショートカットする地図にある道(緑色の建物:食堂をやってる、のところで曲がる)を教えてもらい再び白地郵便局を目指して歩くんで10時ころにバスがあるといいなあ、と思っていたら・・・休憩してたバス停の表示を見落として歩きだしちゃってて運転士さんにピックアップしていただきました。「佐野まで市営バスで行って上がったほうがいいんでは」とのお言葉でしたが、山道歩きが車道歩きよりかなり苦手なので当初の予定通り車道で上がることに。バス停は白地郵便局より一本佐野寄りっぽくてふと見ると、昨日車で迎えに来てもらった時に「あの道を上がる」と教えてもらったような気のするガードレールの上り道が。ちょうど車から降りてきた人がいたので「雲辺寺に上がるのはこの道ですか?」と確認したら、そうだ、とのこと。少し行くと、この通り標石がありました。ここから、教えてもらったフクスケ前まで結構ありました。フクスケ前にベンチがあってひと休み。下界がかなり暑いだけあって、涼しいはずの雲辺寺山なのにかなり汗だくに。標石から3時間半くらいかかり、へとへとになって、66番雲辺寺、たどり着きました「おたのみナス」のことなんてすっかり頭から吹っ飛んました(苦笑)通常なら、青空屋さん目指して歩きへんろ道を下りるところなんですが膝笑ってるし、ロープウェイで降りて、ほど近い別格16番萩原寺へ。わかりづらいかもしれませんが、萩です。ここまではよかったのですがかなり遠回りの太興寺ルートにしてしまうわルート上にあるはずのコミュニティバスの時間・バス停がわからなかったので延々歩いてしまうわにわか雨に2回あってずぶぬれになるわどうしようもなくなって 民宿・青空屋 の御主人に迎えに来ていただきましたあ!非常においしいごはんだったのに、写真撮るのすっかり失念してる。素敵な宿でした。

      10
      テーマ:
  • 25Jul
    • 伊予の国から讃岐の国へ (3)

      7月19日(木曜日)仙龍寺へ行くにはどうやら、堀切トンネル口バス停まで上がるのが良いらしいということを確認し伊予三島駅前7時43分発の新宮行せとうちバスで上がることにしたのはいいのだが前日、駅から来なかったものだからちょっと細道に入ってる宿から伊予三島駅へ行く道の見当がつかない・・・さんざん地元の皆さんに(聞かれる側としてはわかり切ってるんでしょうが)道をたずねてなんとか駅前のバス停にたどり着きました今日は他にお遍路さんの姿はなし「どこまで」「別格14番さんまで」「堀切トンネル口で下りてまっすぐ行って、二股のところを左に行って、後はずっと川沿い」と運転士さんにルートを教えていただきました        道端にこんな小規模の落石があったりするんですが、とくに通行には問題なし「総奥の院」だそうです。山肌に張りつくように立っている独特の建物。三角寺からの遍路道で降りてきた人にはまた違う光景が見えるんでしょうね堀切トンネル口からだいたい50分くらいでしたが、次の目的地、椿堂へはバスの便は日中にはありません。納経所の人によると「お昼くらいになるかな」実際、そうなりました。椿堂には、別格二十霊場だけあるいは四国三十六不動と併せて周る車遍路の方が数人いらっしゃいました もうこの時点でバテバテだったのですが少し歩いては水分補給し、フラフラ状態で先へ進みました。境目トンネルへ、もうちょっとのところで、心配した車の人に声をかけられる始末・・・自販機で冷たい飲み物を買った時に、まず体を冷やすことをせずに飲んでしまっていたのが悪かったようです(反省)境目トンネルを越えてお食事処水車の前から  三好市池田町白地にある民宿・旅人宿 に電話をして車で迎えに来てもらいました。待ってる間にここにある自販機で買った飲み物で体を冷やすとかなりマシに宿へ戻る途中にスーパーによってもらい、素泊まり扱いなので夜と朝の食べ物と翌日の飲料(今思うと飲料が少なすぎた)を購入で、御主人「うわー!ケータイ電話がない。どこかへ落としたかもしれん」と大慌て・・・立ち寄ったはずのところにもなくて、落ち込んでらしたのですが帰ったら玄関先に置かれてました。「誰か見つけて届けてくれたんかな」という置き方でした。バテバテなので早々とシャワーと洗濯を済ませて寝てしまいました。

      3
      テーマ:
    • 伊予の国から讃岐の国へ (2)

      7月18日(水曜日)この日はゆったりした日程で、いわゆる移動日でした。大街道バス停8:31発の(始発はJR松山駅前8:20)せとうちバス特急新居浜行きで新居浜営業所下車せとうちバス豊岡台病院経由川之江行で新居浜営業所10:30発入野バス停までバス停のすぐ近くにあることを地図で確認してるのに、ちょっとわからず混乱してしまった 別格12番「いざり松」延命寺「いざり松」は枯れてしまったのでお堂にお祀りされる形になっていました。 前の日にタクシーに乗ったのは、疲れていたこともあったのですが右足親指にマメができかけていたからもありました。そのことを納経所でお話したら「テーピングもいいけど、ワセリンを塗るのもいいよ」とのこと。「あ!日頃よくワセリンを使うので、ワセリン試してみます」そして「暑いから全部歩くことにはこだわらないほうがいいよ」「はい、使えるところは乗り物使います」ありがたいアドバイスをいただきました。伊予土居駅に向かってちょっと歩いたら運良く薬局が。早速小さいワセリンの容器を購入。伊予土居から伊予三島までJR伊予三島駅前の食堂でゆっくり休ませていただき(暑くなければ、歩いて2時間程度だということもうかがいましたが、どう考えても体力的に無理)14:30三島駅前発の せとうちバス新宮・霧の森方面行のバスに乗車して三角寺口下車 車道を50分ほど歩いて 65番へ この日のうちに別格13番にもいければ翌日が楽になるのですが納経所の方曰く「ここから歩いて2時間」(その話を聞いたのがほぼ16時でしたので、タイムアップでした)戸川公園へは下りない道をたどって駅には戻らず   宿泊先の ビジネスホテルマイルドへ朝食付きで予約してたのですがチェックイン時に夕食できるか尋ねてみたらOKで1080円現金払いでした。

      4
      テーマ:
    • 伊予の国から讃岐の国へ (1)

      7月17日(火曜日)道路や鉄道状況に大きな問題がなくなりましたので、伊丹空港から定刻からちょっと遅い7時40分頃に出発!空路松山へ。松山空港からは いよてつの路線バスでJR松山駅前へ。JR松山駅前からJR四国バスで久万高原町へ。久万高原町までは日帰りなのでお得な切符をバスぷらざで購入。平日なので1500円で乗り放題。(JR松山駅から久万高原まで片道1360円なんですよ)で、そのバスの車内で見つけたんです8月からはこの切符の土日祝日版が1400円から1300円に値下げになるんですってさて、ついたのは12時ちょっと前だったこともあり、バス停から44番に行くだけで汗だく。もう、全然頭に余裕がなくなってたのでこの日は殆どお寺の写真がありません(苦笑)44番から峠御堂の山道を歩いたらもうバテバテ先は長いというのに、です。八丁坂を避けるだけのつもりが歩きへんろ道を外れて車や自転車ルートである県道12号を大迂回、ってことになってしまいボロボロになりました。どうしようもなくなったので暑いさなかでもありましたので無理せず、45番の納経所で面河タクシーさんの番号を教えていただきタクシー利用で久万高原バス停に戻り、17時10分久万高原発のバスで松山市内、大街道に戻りました。便利な立地のビジネスホテルで素泊まりなのでその辺で夕食を済ませてからチェックイン。翌朝は、ちょっとお高い(1500円だったかな)朝食をビジネスホテルで頼んでゆっくり食べました。

      8
      テーマ:
  • 10Jul
    • 道路状況とにらめっこ

      さて、17日朝に松山からJRバスに乗って久万高原町へ行き44・45番を打ってJRバスで松山へとんぼ返りという予定にしていたところでこの大水害…地元兵庫県もかなり被害が出てまして、実家のあるエリアとの往復がJRではできない!という有様です。被災してる皆さんの状況、他人事とも思えない・・・でも、実家のあるエリアが水害に見舞われた後観光客の出足がばたっと落ちたのがすごく嫌だったので今回の旅の後半部分別格12番延命寺から伊予三島を経て65番別格13番仙龍寺、別格14番椿堂、別格15番箸蔵寺、66番別格16番萩原寺67番、68番、69番、70番へは予定通り行くことにはしてます。問題は44番から45番へのルートが大雨で荒れてるんじゃないかってこととこの暑さなんですよね…まだ出発までもうちょっと時間があるので44番・45番をどうするか、考えております

      14
      2
      テーマ:
  • 24Jun
    • 真夏だけど、公共交通機関+歩き遍路行きます

      7月に、行かないまま残ってる 44番45番【久万高原町】に松山からJRバスで往復して日帰りをしてきて公共交通機関使って移動し伊予土居で別格12番伊予三島から65番、別格13番、別格14番、別格15番66番別格16番、67番、68番、69番、70番と回る計画を立てました。何とか本数の少ないローカルバスを捕まえたい、と思っているのですが計算通りうまくいくかどうか…別格13番へのルート、下りの山道が大の苦手なので、おとなしく堀切峠それとも堀切トンネル?と頭を悩ませているところです。

      10
      テーマ:
  • 22Jun
    • 伊予の国2 その3

      ブログの続きを書かずに放りっぱなしにしてる間にこんなに時間が過ぎてるとは…最終日、今治から電車に乗って松山へ向かいます。朝食を済ませ、チェックアウト前に宿のすぐ近くにある55番さんへ朝一番のお参りだから、と納経所で素敵なカードをいただきました。今治駅に行くと、ちょうど全席自由席の特急いしづちがやってくるタイミングだったのでせっかくの機会なので松山まで乗車松山からは伊予鉄バスで畑寺口(だったかな?)へ移動。バス停からちょっと歩いて繁多寺へ。石手寺へ向かう道すがら、ザーッと雨。慌ててザックの中からポンチョを取りだし着用。でも、激しい雨はこのときくらいだったので、群れてくることもあって、石手寺境内では脱ぎました。石手寺は大きなお寺でした。門前で、やきもちとアイスコーヒーのセットを注文してちょっと休憩。ここから、次を目指して歩きだしたわけですが…道後温泉駅のところで道を外してしまい、あれー?おかしいな、と引き返して、無事に松山大学(だったよな)のところを通って進む遍路道に戻れました。そして、太山寺へ。ここから円明寺までは大きな道をまっすぐ行くだけなので楽々です。あろうことか、境内で出会った三人連れ(どうも車遍路らしい)に円明寺で追いついてしまいました。駐車場から車を出すのが大変だったのかな??最後に、この門の近くの杖立にお杖を置き忘れたことにまったく気づかず、伊予和気の駅で、(帰りの船に乗る連絡バスの出る)今治に戻る電車の発車時刻まであと12分というところまでぼんやりしておりました。ギリギリのところで乗る予定の電車に乗れました。・・・駅に戻ったときにはもう、電車がホームに入ってたので実のところ滅茶苦茶焦りましたが・・・

      7
      テーマ:
  • 03Jun
    • 伊予の国2 その2

      宿を今治駅前に取っているので、この日は『ほぼ逆打ち』でした。伊予西条の駅前を7:18に出るバスに乗って石鎚神社前へ。おいおい、そっち石鎚神社(汗)方向間違えました…引き返して64番へ。この本堂は何故かかなり印象に残ってたんですよね。石鎚山駅の出入り口が国道11号からどう行くのかわからなかったので、一駅だけJRに乗るつもりでしたが、あきらめてそのまま国道11号を歩きます。63番。63番納経所に、『62番についてのお知らせ』みたいなのが貼ってあり、61番駐車場に遥拝所を設けた、とのこと。なら、そっちでいいや。と、スルーを決定。小松総合支所前から、61番へ。前日の山道でくたくたになっていたので、体力温存のため、小松総合支所前から東桜井まで せとうちバスの路線バスに乗車伊予桜井の駅のあたりからJRに沿って歩いて、59番へ。うどんの里やまびこ・竹林寺の前を経る道の途中いよ小松自動車道の工事でう回路になってる!!ちょっと地図と違う道になったもので危うく58番への遍路道入り口をスルーしてしまうところでした。池と吉祥禅寺の組み合わせで気づいて遍路道へ。58番からは、犬塚池のほとりを越えて57番へ。御住職白川密成さんの姿をお見かけして声をかけてしまいました。空海さんに聞いてみよう。―心がうれしくなる88のことばとアイデア (徳間文庫カレッジ)/白川 密成¥842Amazon.co.jpボクは坊さん。/白川密成¥1,728Amazon.co.jp坊さん、父になる。/白川密成¥1,728Amazon.co.jp頭ぼーっとなりながら56番へここから、へんろ道では55番へ向かうのですが、直線距離では54番のほうが近い。そして、以前来た時には気づかなかった56番から54番への四国のみちもあるので先に54番へ16時30分。フラフラで打ち止め。ありがたいことに最寄りの阿方バス停16:45のせとうちバスに間に合い(何とこの時刻で終バスでした!!)今治駅まで乗って帰りました。

      7
      テーマ:
  • 29May
    • ちょうど昨日 ”2018.5.28#今治 #しまなみ海道 #しまなみ海道サイクリング ”

      ちょうど昨日、伊予和気からJRに乗って今治へ向かう時海が見えてきたところで一緒の電車に乗っていた東京からの通しうちのお遍路さんが景色がよくて自転車に乗ったらいい気持ちだろうなということを言ってたのを思い出しました。14時40分くらいに伊予和気駅の待合室に入り、もう一人の人もお遍路さんらしいな、と杖を見て認識。で、私自身は円明寺境内の杖立てに杖を置き忘れてる、と気づいたのが乗るつもりの電車の発車約10分前の15時01分。徒歩5分と納経所に駅までの道のりの説明が書いてあったので、急いで引き返し駅に入ると、すでにもう一人のお遍路さんは階段の陸橋を渡ってホームに。「おーい、杖そこにないか?」呼びかけられてふと見ると待合室には置き忘れられた杖。一緒に持って陸橋を渡ってホームに入ったら電車がやってきました。話聞いたら、杖、歩きはじめてから6本目だとのこと。置き忘れ、珍しくないのかもしれませんね…

      6
      テーマ:
    • 伊予の国2 その1

      10日ほど前に、5月28・29日に突発的に休みが取れることがわかったので往復の交通手段【東予港につくフェリー】を押さえ、週末含むので遍路宿にはこだわらずビジネスホテルでいいやと割り切って楽天トラベルで予約を入れ5月25日金曜日の夜に大阪南港を出て今日、5月29日火曜日の朝に戻ってくる日程で50番から64番へ公共交通機関も適度使いつつ札所を回る順序にはこだわらないかたちで遍路に行ってきました。初日の宿を西条駅前のビジネスホテルにしたのでまずは東予港からの無料連絡バスで小松総合支所前へここから、旧遍路道(岡村・採石場ルート)で60番横峰寺に向かいました。食料品や水の補給は小松総合支所前バス停のところにあるコンビニをおすすめしておきます。松山自動車道の下をくぐる手前の会社のところに自販機がありますけど、その会社の人が買うためにおそらく設置されているでしょうし【土曜日に行ったのでようすはわからなかった】遍路道への入り口です。ここからしばらくは普通の林道っぽい道。山道に入ってからはすっかり余裕がなくなり、全く写真撮ってません。さっきの標識から川に沿ってずっと上り、白滝奥の院からの道と合流する一つ目のピークを越えると少し下ります。それから上り返して本堂へ。手水場よりも上に出ちゃうので「階段下で清めてください」との掲示がありました。さっきの標識のところからだいたい2時間半かかっています。納経を終えて山門を出ます。せっかくの上天気だったので星が森へ湯浪・大頭への道を下っていきます。よく整備はされているのですがこちらを上ると一気に標高を稼ぐことになり、すれ違う人たちの多くは息を切らせていました。湯浪の駐車場のあるところへ降りてきたところの標識です。ここから、県道147号に沿って北西へ進み、別格二十霊場11番 生木地蔵さらに北西へ少し登って 別格二十霊場10番 西山興隆寺へ荷物をしっかり背負った状態で、横峰の山を上り下りした後、それに比べればずっと緩やかで低い山とはいえ西山興隆寺の上り下りもあったためかなりきつかったです。西山興隆寺や生木地蔵のあるあたりからは、伊予西条へ向かう公共交通機関の便はなく重たい足を引きずるようにして大頭のバス停に戻ってきたら、ちょうど乗るつもりだった松山からの特急路線バスが来たのでそれに乗って戻りました。行程の無駄をなくすには、東予港から壬生川駅までの連絡バスに乗り西山興隆寺→生木地蔵→大頭・湯浪から横峰寺、体力がなければバスで乗り換え所、そこから石鎚ロープウェイ方面からくる伊予西条駅行せとうちバスがいいかもしれません。

      5
      テーマ:
  • 03May
    • ちょっと鞍馬へ

      あ、出かけたのは今日じゃないですGW前半の連休にかねがね行きたいと思いながら機会がなかった鞍馬寺へ行ってきました。私ひとりじゃなく、歩くのがちょっと苦手な家族と一緒だったので、本堂までしか上がらなかったので写真は山門だけです。展望列車 きらら にも乗ったのですが、その写真すら撮ってません。下りでは、家族の足を考えてケーブルに乗りました。乗り物の車窓から眺める新緑とてもよい景色でした。

      8
      テーマ:
  • 22Apr
    • 今年は花が全部早いですね!→こちらの藤もそうですが”確信犯”

      今年は確かに花が全部早い!!GWに高野山にでも行くかなあ、と思ってましたが人が多いだけなような気もして、やめることにしました。何年か前のGWに行った時九度山あたりの道すがらに咲いてた藤がきれいだったんですよね。ちょっと前に 有応山金剛院(摂津の国八十八か所の1つだそうな)を通りかかったので撮影したボタンの花です

      8
      テーマ:
  • 31Mar
    • 萩森さん

      リストの送付をお願いしたら、確認のお電話が入りました。同じ様にリストの送付をお願いしてるものがたくさんいるから、こうやって一人一人電話をかけて確認するのすごく大変な手間だと思うのですが続けてらっしゃるいつくらいに届く予定だということも知らせていただけました本当に頭が下がります。歩きで、と考えている人にとっては一番信頼できるリストではなかろうか、と思います。

      6
      テーマ:
  • 13Mar
    • 土佐の国から伊予の国へ(7)最終日

      3月2日当初の予想ではもっとバテバテになってるだろうなあと思っていたのですが思ったよりも体力があったので、松山市内にある札所をもう少し回ることに予定を変更しました。大洲駅からJR(内子経由)で松山駅へ松山市駅に行かないと46番浄瑠璃寺方面へのバスは出ていないことを伊予鉄バスの人に教えてもらい市内電車で松山市駅へ一番近くを通るのは砥部方面行のバスだったので運転士さんに聞いてみると「森松で乗り換えるバスは…出たところだから1時間待ちになるよ」とのこと。「近くのバス停からどれくらいありますか」「うーん、2,3キロかなあ」「あ、じゃあ十分歩けるんで、乗ります」西野というバス停で下車どっち向きに歩いていくといいのか教えてもらって途中で地元の人にも道を尋ねてどんどん行くと別格二十霊場 文殊院 が近くにあるとの看板が!大きな像はお大師様、小さいのが衛門三郎とその妻だそうです。私のお杖、うっかりここへ置き忘れたままで 47番八坂寺の門前まで行って気づいて、慌てて取りに戻りました(後でまたこの前は通過するわけですが、)八坂寺46番浄瑠璃寺47番の前は再び通らないように遍路道ではなくバスの通りを行きましたが、文殊院の前はまた通過。西林寺まではちょっと距離がありました。こんなかわいい狸ちゃんに托鉢されたら断れませんよ(笑)西林寺の手前のコンビニでお話をした人から「石手寺まで行けるよ」と声をかけていただいたのですが松山市駅へ戻る交通の都合上久米駅近くの浄土寺で今回のお参りは終わりにしました松山市駅から空港まではちょっとケチって伊予鉄バスの普通の路線バスのほうに乗りました天気に恵まれて、いろんな方たちとお話もできて楽しい旅でした。4月以降の仕事の日程がわかったら次の遍路旅の予定を立てるとしますかね…。

      8
      テーマ:
  • 12Mar
    • 土佐の国から伊予の国へ(6)

      2月28日夜「まつちや」さんでは宿泊客が私だけだったのですが「ときわ旅館」さんの1泊目では 鳥取から来ておられる方( ウォーキングときどきへんろ というブログを書いてらっしゃいます)と一緒だったのでいろいろ楽しくお話させていただきました。また、金山出石寺に行く、ということで「ときわ旅館」の御主人からアドバイスをいただきました。実のところ、このアドバイスをいただく目的で泊まったようなものです。いくつかルートはあるのですが「山道が苦手で車道歩きは全く苦にならない」と伝えると高山・阿蔵ルートを勧めていただきました。道中の目印の写真を夕食時に見せていただきました。画像で記憶すると印象に残りますからね!3月1日金山出石寺へ向けて7時ころに出発中一商店街の入り口に気づかず通りすぎてしまい大洲消防署のところまで来て引き返すというどんくさいことをやりましたがあとはしっかりしたアドバイスマップのおかげで安全に上がっていくことができました。山門境内にある名物うどん店のうどん流石に標高が800メートルあるので麓よりだいぶ寒く、境内に残雪あったので(蝋燭たての中にたんまりと!)温かいうどん、おいしかったです。あ!境内のトイレが一部使えない状態でした。さて、気になったのが瀬田からあがってくる遍路道 との合流点にあるこの道しるべが壊れていたことでした天気もよかったこともあり遍路道には問題なし[途中通ったり交差したりする林道にはぬかるみあり]14時過ぎには「ときわ旅館」さんに帰りつき早かったですねと言われてしまいました。車道は本当に苦にならないんだな、と実感しました(笑)

      8
      テーマ:
  • 10Mar
    • 土佐の国から伊予の国へ(5)

      2月28日大洲の街へ向けて出発!が、ちょっと歩いたところで携帯電話と充電器を部屋に置き忘れたことに気づく。「まつちや」のお母さんが気づいて、持って下りてきて、そのうえ自転車で私を追いかけようとしていてくださった。お礼を言ってもう一度出発し直す。天気が悪くなければ、トンネルではなく峠を越えたほうがいい、とのことだったので午後に悪化しそうだったのでちょっと急ぎ足で途中、おがた蒲鉾さんでお手洗いを貸していただく天気には問題なしなので 鳥坂トンネル(1.7kmあるそうです)を避け㊾肱川源流の里 とあるへんろ休憩所のところから峠越えの道へ日天社の横を抜けてちょっと行くと林道ただし、道のわきにはこの前の大雪の残雪が…国道56号に下りてポケットパーク札掛のベンチで休憩休憩所に置いてあった柑橘を1つと「まつちや」さんにいただいたおにぎりでちょっと早いお昼ごはん。この日の宿泊先である大洲の街中にある「ときわ旅館」さんにリュックを置いて別格二十霊場 十夜ヶ橋 へこの右手に見える賽銭箱、泥棒の被害に遭ったことがあるようで「あなたが盗んだ金額よりも賽銭箱の修理に多額の費用がかかりました」との貼り紙が。「ときわ旅館」さんに戻り、案内された部屋にはこんなものがありました。宿に戻ってきたのが15時過ぎ位だったので、ゆったりのんびり。明日の金山出石寺までに 天候が回復するといいなあ、と思いながら過ごしました。

      6
      テーマ:
  • 09Mar
    • 土佐の国から伊予の国へ(4)

      2月27日6時30分頃に宿毛駅前を発車するバスに乗ってまずは 平城札所前で下車 観自在寺へ7時47分 再びバスに乗車行先は松山。宇和島バスセンターに止まることと、別格二十霊場龍光院に行くにはどうすればいいのかを運転士さんに確認。「バスセンターで降りて宇和島駅方面に行くバスに乗り換えて」と言われたのですが乗り逃がしたし歩いてもすぐだったので宇和島駅近くまで歩くあれ?どこだろう?となって街角の人に聞いたら、拍子抜けするくらい駅のすぐそばでした。お参りを済ませて、宇和島駅に戻ったら運のいいことに9時39分宇和島発の予土線に間に合いました(これを逃すと次は11時36分・・・そうなると、宇和島バスセンターに戻って務田方面へのバスダイヤを確認して移動しなければ時間短縮にならない)しかも 乗ってみたかった海洋堂ホビートレイン!務田駅まではあっという間でした。龍光寺仏木寺ここから、峠越えなので余裕がなくなりまして、写真無し。途中の車道に「歯長隧道全面通行止め」なる不穏な電光表示が出ていてえー!歯長峠は悪路だという評判なんだけど…と狼狽えながら登っていきました。何らかの工事をやっている関係だったようでちょうどトンネルに差し掛かるときにはお昼休憩時間だったらしく誰もいないトンネル通過してだいぶ下り、肱川を渡る橋のあたりで、トンネル方面に向かおうとしている自動車の人は交通整理の人に止められてたけど、降りてきた私には何のとがめだてもありませんでした。んで 歴史博物館に行こうと思ったらまさかの休館日力が抜けちゃった状態で明石寺へ。もう、ふらふらでありました。卯之町へ降りて行きましたまさかあそこまでまともに駅前だとは思わなかったので「まつちや旅館」を見つけるのにちょっと時間がかかってしまいました(笑)宇和島駅でJRに乗れていなかったら、多分到着がもう数時間遅く18時近くになりそうだったので予約の時にそれを伝えてたので「早くつけてよかったね」とのねぎらいの言葉をいただきました。洗濯を御接待でしていただけ宿泊客は私だけだったようですごくゆったりと時間を過ごすことができました。前半はバス移動、後半は歩き、と1日の中で2種類の旅をした、という感じでありました。

      5
      テーマ:
  • 08Mar
    • 土佐の国から伊予の国へ(3)

      2月26日友人に、中村駅前まで送ってもらいました。ここから、まずは足摺岬へのバスに乗車(土佐清水からは、西回り。ジョン万次郎の出身の中浜を通る)足摺岬バス停のすぐ目の前が、金剛福寺ですうっかりしてカメの石像を撮影してない…いい天気だったのでバス待ちの間にちょっとお散歩青い海。友人の話では真夏になるともっと青いそして彼女の住んでる黒潮町のほうが海が青いそうです。今度は東回りのバスに乗って 土佐清水へ。バス待ちの間にお昼ごはん。せっかくなので「ウツボのたたき定食」です。旅に出る前は月山神社に行って、大月にある「ベルリーフ大月」に泊まるつもりにしていたのですが予定変更。うっかりギリギリになってからキャンセル連絡したもので、キャンセル料を入金しなくてはいけない。行く予定がなくなったのに持参してもらってもいいって言われて大困惑したのを覚えております(苦笑)振込口座を教えてもらったら幡多信用金庫の宿毛支店だったので宿毛市内へ戻って入金しようと、大月方面を通るバスに乗りました。下車予定のバス停のすぐ近くに宿毛支店があったので下車して支店の人に手数料が安いと聞いてATMで入金。・・・同一支店間だったので手数料0円でした…ギリギリ歩いてたどり着ける感じの時刻だったので延光寺まで歩きだしました。16時過ぎくらいに到着。お参り済ませるとちょっと日が傾き始めたかな、という感じに遍路道ではなく、国道沿いに歩いて、宿毛の駅との間を往復この日は宿毛駅に近い「ホテルマツヤ」さんに泊まりました。折悪しく(おいしいと評判の併設の)レストランが休みの曜日だったのが残念。フジで買い物して夕食と朝食に当てました

      8
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス