6/19行動

テーマ:
戦争法が強行採決された日を忘れない19日行動に参加しました。社民党福島議員は関西で地震被害に遭われた方のお見舞いを述べ、原発事故を防ぐために再稼働をやめていかなければならないと話し、主催者挨拶として菱山さんは武器に税金が使われて福祉が切り捨てられていると介護現場の声をあげました。 参加者は2200人。安部政権が退陣するまであきらめないぞ!




6/19関内駅北口

テーマ:
今朝は関内駅北口に立ちました。県庁・市庁・区役所など官庁街でありオフィスや飲食店も多い関内の朝は出勤する人で混みあいます。その中でも大切なことは訴えていかなくてはなりません。「憲法9条は日本の宝、憲法9条は世界の宝」 #平和憲法を守ろう 


6/15ユナイト

テーマ:
野党共闘を進める「ユナイト」桜木町駅前宣伝行動に参加しました。昨日の国会ではカジノ法案が委員会での審議を打ち切り強行採決される事件があり、無所属の真山議員と日本共産党畑野議員から怒りの報告がありました。ユナイト初登場の立憲民主党の牧山議員からは森友・加計問題は間違った情報を国会に流してそれを元に議論させられていた民主主義を踏みにじる行為であり徹底追及しなければならないと話されました。社民党の私は福島原発事故の責任は国と東京電力にあり、責任をとらさなければ再び事故が起きてしまう。区域外避難者への住宅無償提供打ち切りによって被災者・避難者を生活困窮に追いやられている。国と東京電力は避難者の生活を保障しなければならない。子どもや孫やその先の世代のことも考えて事故のリスクを減らすために原発を廃止させようと訴えました。




福島原発かながわ訴訟

テーマ:
6/15(金)横浜地裁で行われる福島原発かながわ訴訟の傍聴支援に参加します。被災者・避難者の切り捨てを許さない。事故責任があいまいにされたままでは再び事故を引き起こすことになります。国と東京電力は危険な原発を設置して安全をおろそかにした責任を取らなければならない。 #福島原発かながわ訴訟

『傍聴記』
原告代理人弁護士の陳述 
地域の姿が変容している。帰りたくても帰れない状況である。原発事故周辺自治体は高齢化しているが福祉や介護の人手が不足している。医療機関は事故前は100ヵ所あったが現在は28ヵ所となっている。防犯・安全の問題がある。避難して留守となっている間に家を荒らされている。野性動物が家に侵入するのでフェンスをめぐらせなければ生活できなくなっている。福島では震災直接死は1605人、震災関連死は2211人で1年前よりも82人増えている。震災による自殺者は岩手県は48人、宮城県は53人、福島県は99人、避難生活のストレスが原因ではないか。年を経るごとにストレスが積み重なっている。原発事故は終わっていない。

6/14関内駅事件2つ

テーマ:
今朝は関内駅南口で宣伝行動。米朝首脳会談が行われ朝鮮半島に平和の希望が高まってきたことを話しました。その他事件が2つありました。①まだ一人立ちしていない若いカラスが飛び立てず親を呼び親ガラスも呼応していました。②財布の中身らしきものが散乱していたのを発見して警察に知らせました。 


新潟県知事選結果

テーマ:
6/10新潟県知事選挙で私が応援していた池田ちかこさんは惜しくも当選することができませんでした。池田さん、応援してくださったみなさまありがとうございます。このたたかいを今後に生かしていきましょう!以下池田ちかこさんの弁を転載します。森ひでお

このたびは、509,568票という、たくさんの尊いご支援をいただきましたが、私の力不足で残念な結果になってしまい、大変申し訳ありませんでした。
私は、これからも県民の皆さまと共に歩みたいと思います。原発ゼロをかかげて当選された新しい新潟県知事には、その実現に邁進していただきたいと望んでおります。
投票所に足を運んでいただいた皆さま。全国からご支援いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

池田ちかこ

カジノ法案反対

テーマ:
今朝の山手駅前街頭宣伝では他党の方が先に来ていたのでご挨拶して少し離れた場所でビラを配りました。過労死促進法案にカジノ法案と悪法を押し通そうとしている安倍政権に対して地域から声をあげていかなければなりません。ギャンブル依存を生むカジノ法案反対! #横浜にカジノはいらない 



6/4月曜の声

テーマ:
今朝の川崎駅「月曜の声」宣伝では昨日行われた反ヘイト行動について話しました。民族差別を煽るヘイトスピーチは憎悪犯罪を引き起こします。共に仲良く生きていこう。多文化共生の街川崎でヘイトスピーチをさせないと多くの仲間が集まり、差別集会は中止になりました。# ヘイトスピーチを許さない