【コンセプト-005】スティーブ・ジョブス 変わらないスタイル | Hello Goodbye - Life (40歳までにそろえるワードローブ+α)

Hello Goodbye - Life (40歳までにそろえるワードローブ+α)

上記タイトルのホームページ本設営のまえに、アメブロでコンテンツの覚書のようなブログをすることにしました。

Hello Goodbye - 40歳までにそろえるワードローブ(仮設営)

上の写真は、故スティーブ・ジョブス氏の、1998年から2011年までの公の場に登場した際の、コーディネートの変遷です。変遷というか、10年以上変わっていません。

黒のニットに、色落ちした501、そして足元にはニューバランス。

スティーブジョブスは、アップル再建・時価総額世界1の偉業を成し遂げた人というイメージの人が多いと思いますが、私は、黒ニット・ジーパン・NBの人というイメージです。このコーディネートが、スティーブジョブスの現す一つのアイコンになっていることは、確かなことだと思います。私も、私自身を代表するようなコーティネートを発明したいものです。

この10年以上変わらないコーディネートから、何を読み解くか?

一貫した意思の表れ?、それともコーディネートに悩む時間無駄だと思っていて、いつも同じ服を着ていた? ちょっとでも、そこの部分に迫ろうと、スティーブジョブスの本(上下巻ある有名な本)を買って呼んでいるところです。

とにかく、考察するに、あまりにスティーブジョブスに無知なため、コメントはこのぐらいにしておきますが、スティーブジョブスを理解する上で、参考になるものがあります。 

それは、スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチです。(本人が亡くなった今、伝説のスピーチと言っていいでしょう。) スティーブジョブスを理解するためにも、また、個人的には日々の人生を送って行く上でのヒントとして、非常にためになるスピーチです。ぜひ見てみてください。

Stay Hungry! Stay Foolish!” ⇒ Youtubeリンク


Hello Goodbye - 40歳までにそろえるワードローブ(仮設営)