山かつ 屋島店 | 平蔵

平蔵

食べる事(特に讃岐うどん)、お酒を飲む事、犬(チワワ)、巨人、長嶋茂雄さん好きな普通の中年です。政治や経済、
株式に興味があります。
気ままに、不定期に自分の思った事を書いたものです。

山かつ 屋島店

 


香川県高松市春日町1657-7

今後も食べたい組み合わせです。

 

 

【再訪:2019.12】

 

 相方と二人で昼食にとんかつを食べに行きました。
相方がとんかつが食べたいと言いとんかつランチになりました。
とんかつが食べたいと言い出したのでまさかと思いました。
そのまさかは山岡さんです。
まさかと思ったとおりに相方は山岡さんへ

食べに行こうと言いました。
食べたい料理を食べたいお店で食べさせてあげたいと思いますが、
山岡さんは生活圏から遠く離れた地域にあるお店です。
後の予定など諸々の事情から近場の山かつさんで

勘弁してもらいました。

 二人ともにロースとヒレのあい盛りランチを食べました。


ご飯は白米or麦ごはんで二人とも麦ごはんを選び、

味噌汁はなめこ味噌汁or豚汁で二人とも豚汁を選びました。
ここまでは二人とも同じでしたが、
サラダバーで選ぶサラダは内容が違いました。
相方は数種の野菜を盛り付け、私はキャベスラ中心の2種でした。

 
相方は概ね満足をした様子でしたが、
近いうちに山岡さんへ食べに行きたいと言っていました。
私は満足出来ました。
厚みのあるとんかつで、ヒレもロースも美味しかったです。


ヒレは特有の柔らかさで美味しく、
ロースは引き締まったような食感が美味しかったです。


とんかつにソースをつけてパクリと食べて麦ごはんで追っかけると
とんかつ&麦ごはんの相性の良さを強く感じました。
因みに、麦ごはんの麦はもち麦だそうです。
豚汁も美味しい味でした。
もう少し具ざくさんでもいいかな…
とも思いましたが主役はとんかつです。
汁物としての役割は果たしてくれていたと思います。



 とんかつはご飯と食べたい料理の一つです。

カロリーを思えば夜に炭水化物は控えたいので
昼食に食べるのが良いように思います。
とんかつとご飯…今後も食べたい組み合わせです。



ーPCでしか見れませんがまとめです。-
和食・日本料理 平蔵:山かつ

 

 

【再訪:2014.12】

 
 今日は昼食にとんかつが食べたいと思いました。
さて何処で食べようかと思い、徳島資本ですが香川県内で
多店舗化をしている山かつさんへ食べに行きました。
 
 ロースとヒレのあい盛りランチを食べました。

 

このお店にはサラダバーがあります。
なので本来とんかつの横にあるべきキャベツの千切りはありません。
私はサラダバーが苦手なので今回は野菜無しの昼食になりました。
ロースもヒレも美味しいとんかつでした。

 

麦飯との相性も良く、とんかつを食べて麦飯をパクリ、
それを繰り返す間に豚汁をすする。
それを機械的に繰り返して目の前の料理は即無くなりました。

 

 食べたいものを食べたい時に食べるのは幸せなことです。
以前に感じた雑な接客も今回はなくてとても丁寧な接客でした。
美味しいとんかつが食べれて満足出来ました。
 
 
【訪問:2012.7】
 
 とんかつが食べたくなったので友人と食べに行ってきました。
相方は”太るから”と言って揚げものを避けます。
なので友人と食べに行きました。
しかし行けば行ったで私の分まで食べるのが相方です。
 
 以前に山かつ 高松店さんへ食事に行ったことがありました。
正直な食べた感想は値段の割には…でした。
また、何回も何回もテーブルへ来て、
お茶だの水だのと店員さんが言うので、
ハッキリ言ってうっとおしい思いをしました。
私は値段と料理内容が合っていれば何ら不平を言いませんが、
そうでない場合はとても腹が立ちます。
今から思えば少し高く感じる値段は過剰な
接客費だったのかもしれません。
 
 このお店には高松店さんとは違いサラダバーがありました。
双方のお店共に販売方法が変わったのかは分りませんが、
サラダバーと漬物や昆布が用意された場所がありました。
 
 私はあい盛り定食を食べました。

 

ご飯は麦飯か普通のご飯から選べ、味噌汁は豚汁か、
わかめだったか忘れましたが2種類から選ぶ事が出来ました。
私が食べたあい盛り定食は、山かつあじ豚ロースと
特選ヒレカツの盛合せで、ヒレカツは食感が良いと思いましたが、
あじ豚のロースは無難なトンカツでした。
高松店さんではソースが甘口と辛口の2種類がありましたが、
このお店では1種類しかなく、そのソースが私にはちと甘過ぎました。
 
 友人はロースかつ定食を食べました。

 

とんかつのg数が選べて、中の150gを選びました。
値段の割には普通だったと友人は言っていました。
 
 接客は先に行った高松店さんで感じた過剰さは無く、
良く言えばあっさりとしたで、普通に言えば驚くほどそっけなく
雑なものでした。日曜の昼食時を過ぎた頃で、
店員さんはお疲れだったのかもしれません。
 
 私たちはご飯をお代わりしました。
先に白米を選んだ友人がお代わりを言いました。
その際に私がまだ食べているにも拘わらず
「そちらのお客さんはいいですか?」と聞いてくる有様で、
二度手間はご免だと思えるオーラが漂っていました。
私は慌てて麦飯をかき込みながらお代わりをお願いしました。
かき込んでいるにも拘わらず
「先程のご飯の量と同じで宜しいですか?」と聞き、
友人が同じで構わない事を告げると店員さんは行ってしまいました。
持ってこられたご飯は明らかに最初の時より大盛りでした。
余程二度手間が嫌なのでしょう。
 
 なかなか完璧はありません。
でも完璧に近づけることは出来ると思います。
経営陣がいくら頭をひねっても、
現場の対応次第で一瞬にしてどっちらけになることもあります。
残念な態度は料理の味にも少なからず影響し、
お店の印象も変えてしまうと思います。

 

Instagram