田村神社 日曜市うどん | 平蔵

平蔵

食べる事(特に讃岐うどん)、お酒を飲む事、犬(チワワ)、巨人、長嶋茂雄さん好きな普通の中年です。政治や経済、
株式に興味があります。
気ままに、不定期に自分の思った事を書いたものです。

 

 


田村神社 日曜市うどん

香川県高松市一宮町286

新年早々うどん運が良いのかもしれません。

 

 

【再訪:2020.1】

 

 令和最初の正月を無事に迎えることが出来ました。
新年になればいろいろとすることがあります。
先ずは神棚のお札の交換です。
我が家の神棚には数社のお札があります。
1月15日前後までに数社のお札を交換するようにしています。
石清尾八幡宮、白鳥神社へ昨年までのお札を返し、
新年のお札を頂きに行きました。
田村神社には御火焚き祭の日に行きました。


理由は相方が田村神社日曜市うどんの

ぜんざいを食べたいからです。
因みに、御火焚き祭の日は日曜日ではありませんでしたが、
昨年同様に今年も田村神社日曜市うどんが催されていました。



 参拝を済ませてお札を頂き、
日曜市うどんへぜんざいとうどんを食べに行きました。
相方がぜんざいで、私はうどんです。


香ばしい良い匂いは炭で焼く餅から出ていました。
少し焦げがある餅が餡子汁に馴染み美味しかったです。


美味しさの重要な部分は焦げの風味のように思います。

相方は満足し、私も少し食べて満足出来ました。
うどんは大島うどんのうどんのようです。
今では珍しい小さめの丼に入ったうどんが並べられていました。
それを湯釜で湯がいてかけ出汁をかけて『うどん』の完成です。

今回は長天をのせて長天うどんにして食べました。


私の基準ではやや細めのうどんで、
茹で置きしたうどんならではの食感でしたが、
しっかりとしたかけ出汁の美味しい味が絡み
美味しいうどんとして成立していました。
長天は幅が細めで、かけ出汁に浸しながら美味しく食べました。



 新年のお札を頂き、相方はぜんざいを食べて
私は名物のうどんを食べました。
1月中旬までの我が家の年中行事です。
讃岐うどんの美味しい長天うどんとぜんざいを食べました。

ーPCでしか見れませんがまとめです。-
讃岐うどん 平蔵:田村神社 日曜市うどん(田村神社名物 日曜市うどん)

 周辺にあるうどん店の記録です。
讃岐うどん・香川県高松市(一宮・仏生山周辺)

 今年のお札を頂きに行きました。
旅と趣味 平蔵:田村神社

 

 

【再訪:2019.1】

 

 今日は我が家の年始行事である御札を頂きに、

高松市にある田村神社へ行きました。
因みに毎年1月に3つの神社で御札の交換をしています。
丁度、御火焚き祭の日だったので、参拝をして直接御札を手渡し、
相方と並んで御祓いを受けることが出来ました。



 田村神社のうどんはそれなりに有名なうどんです。
『美味しい』とか『旨い』での有名ではなく、『恒例』として

有名のように感じます。
日曜市で食べれるうどんですが、
御火焚き祭の日だったのでうどんを用意していました。



 相方はぜんざいを食べました。


餅は焼き立てでいい感じに焦げが見えました。
鍋で温められた汁と合わせて完成です。
相方は美味しいと『はーふー』しながら食べていました。
私も少し食べて美味しいと思いました。小豆が多く好きな食感で、
餅の焦げが混ざった味が懐かしさを感じる味わいでした。

 私はうどんを食べました。


うどんを追求する場ではありません。
熱めに湯がいてもらい寒さしのぎも兼ねました。
前回も同様に思ったかけ出汁の味がとても美味しかったです。
割烹着を着た数名のおばちゃんたちの讃岐力かもしれません。
美味しい味だと今回も思い、それでけで満足度が上がりました。

 御札の交換は毎年行う我が家の年始行事です。
今年も無事に御札の交換を済ませることが出来ました。
来年の交換まで、家を不在にする日以外は
家族の無事を祈り毎朝手をあわせます。
平日でしたがまさかの日曜市うどんでした。
これは新年早々うどん運が良いのかもしれません。

 

 

【再訪:2017.2】


 毎年1月か2月に田村神社さんへお札を頂きに行きます。
今年も参拝とお札を頂きに行き、
その際に日曜市うどんを食べに行きました。

 うどんを食べました。うどんとはかけうどんです。
以前夏場に行った際にはうどん冷がありましたが、
時節柄今はかけうどんのみのようです。
うどんは私の基準でやや細めで、コンデションについて

どうのこうの言ううどんではありませんでした。
しかしそれは事前承諾ごとです。この感じねと思い食べました。
かけ出汁がとても美味しい味でした。
かけ出汁だけで充分に満足出来ました。



 田村神社さんへは今後も参拝に行くつもりです。
その際にこのうどんが食べれる日曜日に
合うようならまた食べたいと思います。
香川にはいろいろなうどん屋さんがあるものです。

 

 

【再訪:2014.9】

 財布の中に入れているお守りがあります。
そのお守りが気がつけば無く、これはいかんと思い、
そのお守りを買いに田村神社さんへ行きました。
ふと見ると日曜うどんが催されていました。
そうだ今日は日曜だなと思い、

昼食がまだだったので食べることにしました。

 かけを食べました。
うどんは私の基準でやや太めでしたが、コンデションが…
日曜しか販売をしないうどんで、

満足な厨房らしきものも見えません。
見えたのはうすに茹でて置かれたうどんの玉です。
それを家にあるような鍋よりもやや大きめな鍋で、
沸かされた湯で湯がきよそうだけです。
そりゃうどんのコンデションは言えないわなと思いました。
かけ出汁は美味しい味で、うどんのコンデションが良ければ
美味しく食べれただろうと思いました。



 目的はお守りの購入でした。
なのでそれが達成出来て良かったです。
家族のことを思い、手を合わせて帰りました。

 神社で日曜しか売られないうどん。
香川にはいろいろなうどん屋さんがあるものです。
今回もおばあちゃんたちは怖かったです。
因みに今回はおじいちゃんも居ました。


【訪問:2013.7】

 このお店は香川県高松市にあります。
営業は日曜日だけのお店です。

 職場に奉ってあるお札は香川県高松市にある
田村神社さんで毎年買います。
その他にも何か手を合わせたい時なども

田村神社さんへ私は行きます。
戦没者への慰霊塔へお参りする際には背筋が伸び、
大きな零戦のプロペラの前で、若くして特攻し、

亡くなられた慰霊に手を合わせます。

 田村神社さんへ行く度に、日曜日しか営業をしない
日曜市うどんを食べてみたいと思っていました。
近くへ行ったので食べに行ってみました。

 暑い日でした。もう今年も7月で今日は七夕だな・・・
などと考えながら駐車場に車を停めて
うどん屋さんが催される建物へ向うと目の前
に炎が見えました。じっとしてても暑いのに炎を見て

一層暑くなりました。
どうやら炊き上げをしている様でした。
暑いさなかでしたが行事です。
行事は大切なので横目で見ながら
うどん屋さんが催される建物に急ぎ向かいました。
急いだのは暑かったからです。



 うどんの種類が何種類あるか分かりません。
行けばどうかなると思い建物に入りました。
中では割烹着を着たおばあちゃんが数名いるのが分かり、
優しい笑顔で和ませてくれた堂尾さんのおばあちゃんを

ふと想い出し、今日は日曜だからおばあちゃんは

休んでいるのだろうなと思っていると、「うどんっ!いくつっ!」と、
やや高圧的な話し方で割烹着を着たおばあちゃんが

私に言ってきました。
私が1玉と答えると金額を吐き捨てるように言い、
札を渡しながら首を振る動作で右に行けと促しました。
”何なんだこの態度は”と私は思いながら促された方へ行くと、
即、温かいうどんか冷たいうどんかを訊かれました。

 何だ、ここ!直ぐ横じゃないかと思いながら冷を注文しました。
この時も別の方でしたが大きく上から目線で、
「冷っ、ほれ水入れて」と、その方は別のおばあちゃんに

指示をしました。私はてっきり冷はひやかけか冷出汁を

かけるものだと勝手に思っていたので、水を入れるのならかけに

変更をしたかったのですが、最初の高圧的な方の頭は

私の右肘から直ぐのところにあるし、
注文を聞いてくれた方も只者ではなさそうだったので、
今更注文を変更したら先ずは右肘側が振り返るだろうし、
見れば水を入れているしでフリーズするしかありませんでした。
すると「はい、出汁ね、うどんね」と台に置かれました。
この方たちは何か虫の居所でも悪いのかなと
思いながらうどんを席へ運びました。

 私は讃岐うどんが大好きですが、
そうめんの様に丼に水を入れてうどんを泳がして
食べる食べ方がとても苦手です。

しかし・・・それが目の前にありました。



 うどんは疲れているとかなどの状態ではありませんでした。
食べながら相方や息子達や愛犬を想い出し

涙が出そうになりました。
私は幸せなんだ。皆が居るんだと思いました。
つけ汁を最初に少し飲んでみると味が薄く感じ、
うどんを入れる度に水でどんどん薄まるのが分かりました。

 

 田村神社さんのうどんだから
食べれば何かご利益があるかと思いましたが、
食べることが辛い修行のようになってしまいました。
私は怖いおばあちゃんは苦手です。今回そう思いました。

 一度食べてみたかったので満足はしましたが、
何故か寂しさも残りました。

香川には・・・いろいろなうどんを提供する場があるものです。

Instagram