今年は、3月に知事選があったため、2月に骨格予算委員会があっただけでなく、7月5日、6日の両日で肉付け予算委員会が開催されました。そこで、質疑と答弁要旨をご報告させて頂きます。

 

1.知事公用車について

西尾 2月の予算委員会で、知事の公用車について、最高級車を使っているのは、千葉県を含めて4県のみで、権威やステータスの象徴と見る時代は終わった、仕事をするための実用車であるべきです、と質問をいたしましたが、前向きな答弁を頂けませんでした。

 その後知事選があって、熊谷知事の方が県民目線で、県民に寄り添って判断していただけると思って、微力ですが、応援させていただきました。

 熊谷知事で変わったでしょうか。

秘書課長 知事の公用車については、安全性や実用性、他の都道府県の状況などを踏まえ、この度は、ミニバンタイプの車両といたしました。

西尾 ならば議長公用車も見直すべきと考えますが、この判断はどこの部署がなさるんでしょうか。

秘書課長 議会事務局が判断されると思います。

(閉会後、議会事務局に質したところ、議会事務局長でも個々の議長でもなく事実上会派代表者会議が決めているとのことでしたので、何人かの他会派の議員に検討するよう申し入れを行いました。)