最低保障年金とベーシック・インカム

年金がもらえない「無年金者」や年金の支給額が少ない「低年金者」の対策として、老後の生活を支えるため、月8万円の最低保障年金制度を導入する。歳入庁の設置で、数兆円と言われる保険料の徴収漏れをなくすれば、給付は可能になります。

また似た制度にベーシック・インカムがあります。全ての人に対して無条件で、生活に必要最低限の所得を与えるというものです。給付する金額は、月額数万円から10万円程度と想定されています。意外な感じもしますが、良く考えると大変合理的な制度です。

ベーシック・インカムを導入すると、生活保護制度は勿論のこと、基礎年金、雇用保険、児童手当など、多くの社会保障制度を簡素化することができます。金額からみて、少なくとも基礎年金と児童手当は全廃可能となります。手間は一切かからないから、運用のための費用は、わずかで済みます。失業者が、積極的に就労したり、安心して起業に踏み切ったりする効果があり、お金がもらえるからといって働かなくなる人などはいないとのこと。富裕層にも配るのはどうかという疑問も、他の収入と合算して課税すれば、さほど問題ないとのことです。前向きに検討すべきであると考えます。

なお、夫婦が共に国民年金受給者である場合、手取りが12万円前後で何とか生活ができても、配偶者の一方が亡くなった時年金も半分になり、とても生活ができません。食費は半分程度になっても光熱費、住居費などの固定費をはじめ様々な費用が掛かるからです。厚生年金受給者が亡くなった方場合、残された家族(遺族)がいる場合、遺族厚生年金が支給されます。そこで、国民年金の妻(夫)にも夫(妻)の年金の半額だけでも遺族年金として3~4万円加算されるならば少しは生活が楽になると考えます。