リトアニアの首都ビリニュスを訪れました。
 
せっかくなので、
郷土料理を食べに行くことに。
 
リトアニアのお料理、美味しいらしいのですラブ
 
 
観光客がよく通るPilies通りに面したところ
ほど近い場所に2軒、
リトアニア料理のお店がありまして、
 
どちらもとても混雑していました。
 
ちょっと空きかけたかなと思って入ったのが
こちら。

Pilies Katpėdėlė

(なんと読むのだろう..デレデレ
 

 

ちょっとモダンな感じの内装です。

 

 

リトアニアの人たちは

自然をこよなく愛し、

 

ハーブなども積極的に取り入れるんだとか。

 

そんなわけで、ハーブティーを頼んでみました。

 

 

うん、美味しい!

この夜、すっごくたくさん食べた割に

胃もたれしなかったのは、

 

このハーブティーのおかげじゃないかと

思っております照れ

 

 

黒パンを挙げたもの。

 

ニンニクの風味が効いていて、

チーズをつけて食べるのですが、

あとをひくおいしさ。

 

 

黒パンをくりぬいた中に

キャベツやにんじんのスープが入っています。

野菜たっぷりでヘルシーな一品。

 

 

こちらはボルシチ。

ボルシチも、ビーツを使っているんだとか。

 

 

ひよこ豆のような豆を炊いたもの。

ベーコンとソースと一緒にいただきます。

 

豆自体にはあまり味がついていなくて、

素材の良さがそのまま味わえる感じ。

 

 

そして、これが噂のツェペリナイです!

リトアニアといえばこれ、というくらいの名物。

 

俵コロッケくらいの大きさかと思っていたら、

ひとつにつき、拳ふたつ分くらいの大きさがありまして、

ひとつ食べきれませんでしたアセアセ

 

 

じゃがいもをすりおろしたりして作った

お団子の中にひき肉の詰め物が。

 

外側のじゃがいもはもちもちで

中のお肉もジューシー、

非常においしかったです。

 

 

リトアニアのバウムクーヘン・サコティス

バウムクーヘンよりもかなり固め。

幸運を呼ぶケーキと言われているそうラブ

 

普通におみやげ物屋さんでも売っていました。

 

ハードクッキーくらいの硬さなので

歯が丈夫なひと向きかと。

 

 

 

どれもとても美味しかったのですが、

量が多くて残してしまったのが、本当に申し訳ないアセアセ

 

お店のお姉さんに謝ったら

ニッコリ笑って、「いいのよ~わかるわ」って。

うっ、優しい...笑い泣き

 

 

 

 

リトアニア料理

想像していたよりもずっと美味しかった~グッ

 

 

席に通されてまず

「いま混雑しているので

料理がでてくるまで

30分から1時間くらいはかかるかもしれないけれど、

大丈夫ですか」って聞いてくれたり、

 

「ツェペリナイがでてくるまで

あと10分くらいかかります」って伝えにきてくれたり、

 

混んでる中でも

ちゃんと気にかけてくれるところが

とても良かったです。

 

PILIES KATPĖDĖLĖ

ビリニュス以外にも支店があって
テイクアウトやデリバリーなんかもやっているみたい。
 
美味しくてリーズナブルなので
人気なのもわかりますねニコニコ
 
 
 
最後まで読んでくださって、
ありがとうございますピンク薔薇