【テレワークの時代】 | 元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子
新型コロナウイルスに関する情報について

元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

今の収入にプラス5万円以上あったら・・・、その仕事を提案しています。 

こんにちは、熊谷留美子です。


【テレワークの時代】

今年のコロナから学んだことはいっぱいあるけれど、「テレワークの時代」に入ったことが一番かなぁ。

私自身は会社に所属していないので、新聞や身内から聞いた話でしか判断できないけれど、ネットが普及しても旧体制のままだった仕事の働き方が大幅に変わったように思えるのです。


これは、こういうコロナのようなとんでもないことが起きないと、変われなかったかもしれませんね。


私はほとんどが自宅での仕事です。

いま、新しい事業を始めていますが、エンジニアさんは大阪にいて

・会ったこともない

・しゃべったこともない


それでも、仕事ができているって、なんと素敵なことでしょうか!

しかも十二分のお仕事ぶりです。


60代にしてはブランドタッチができるので、やり取りもオンラインのチャットでサササとできます。

資料も添付して、修正点などもサササとできます。

70才になったら、

・寒い時には、タイのバンコックに滞在し

・暑い時には、アラスカのアンカレッジに滞在し


仕事をしようかともっか考え中です。

30代の頃から、仕事でよく訪れていたバンコックとアンカレッジはふるさとの様なんです。

今でもいけないことはないのですが、母が高齢のこともありすぐに決断できないのです。


住むと言っても、おそらく1ヶ月ずつくらいかなぁ・・・。


これからは、どこに住んでいても仕事ができる・・・、もちろん職種にもよりますが、時差を超えて移動してもなんら問題ないように思えるのです。