為末大さんから学ぶ「自分を縛っているもの」 | 元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

今の収入にプラス5万円以上あったら・・・、その仕事を提案しています。 

こんにちは、もう一つの収入を提案している熊谷留美子です。

陸上選手の為末 大(ためすえ だい)さんをご存じですか?

オリンピックのハードルの選手で、エッセイなども実に陸上を通して感じられたことが胸に刺さる言葉が多いかたで
注目しています。


先日の日経新聞のコラムも、実に示唆にとんだものでした。

少々の抜粋を・・・・

・・・・・・・・・
自分は競技者としてまだ冒険しつくしていない。

高ぶりとともにペルーの旅を続けた。
「俺、オリンピアンだよ」

ちょっと尊敬されるかと思って聞いてみたら、皆きょとんとしている。
英語が通じないのかと思っていたら、テレビが普及していないこの街ではオリンピックの存在自体が知られていなかった。

自分がやってきたことはこんなものか。

一方でこうも思った。

だったらあとはやりたいようにやったらいいかな。


・・・・・・・・・・・・・




そう、自分の存在にときには負けることもあるかも・・・。

女性だから
妻だから
母親だから

仕事をしているから
専業主婦だから

事業主だから
サラリーマンだから



そんな縛りが・・・、

そう、だれも思っていないのに・・・、
縛っているのは自分だけかもしれない。


知っているのはほんの一部の人で・・・、
いろいろ言うのも、ほんの一握りの人で・・・、
それも、無責任で言っているだけだったりするのに・・・、気にしたりして・・・。


為末大さんも、オリンピアンだからという縛りをご自身で持っていらしたのかもしれませんね。


為末さんの言葉を借りるなら・・・、


自分がやってきたことはこんなものか。

一方でこうも思った。

だったらあとはやりたいようにやったらいいかな。


GO!

 

 

私は、起業されている女性がもう一つの収入で5~10万円プラスできて、

そのお金でお子さんにも経験をプレゼントできるといいなぁとお仕事の提案をしています。


・もう一つのキャッシュポイントの提案は、こちらです。
・更にキャリアアップをめざしている方には、こちらです。