【自分に栄養を与えているかどうかで全然違ってくる】 | 元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

今の収入にプラス5万円以上あったら・・・、その仕事を提案しています。 

こんにちは、もう一つの収入を提案している熊谷留美子です。

 

 

【自分に栄養を与えているかどうかで全然違ってくる】


以前の私、自分がよかれと思って「人に与えすぎていた」

結果、疲れてしまってすべてをホオッテしまっていました。

「あぁ、疲れたって」

その言葉を出すことは、自分を下げることになるって、勘違いして、決して言わないようにしていました。





「自分に栄養を与えたいにも関わらず、
与えなかったことが始まり」
 
 
 
です。
 
 
 
「受け取ること」と「与えること」のバランスを自ら崩してしまったのです。
 
 
 
本当は、受け取るものがあったのに、
与えすぎちゃったんです。
 
 
 
・しっかりとした報酬
・休息
・休暇
 
 
など、本来は、受け取るべきものがそこにはあったのですが、
受け取ることをせずに、
与えてばかりいたのです。
 
 
 
 
だから、自分の器は、小さくなって枯渇寸前まで陥ってしまい、
今度は、気がついたら、「~ちょうだいウーマン」か、「~してくれないウーマン」になってしまったのです。


これって、そんなこと自分は望んでいないのに・・・・ネ!



です。


「イエイエ、いいんです」


と、お金を取らなかったり、

また、取らなかった自分に腹をたてたり・・・・。




先日6年ぶりに会った友人(バリバリウーマン)たちに


「ハイジ(私のニックネーむ)は、自分の時間はどうやって確保しているの?」

と聞かれました。

とっても余裕があるように映ったようです。


私は答えました。


「相手の方が、自分の時間を奪う人かどうかを考えて会うか、どうか決める」

「どうやってわかるの?」



「初めにどうして私にお会いになりたいのか聞くの」


「もし会って違ったらどうするの?」



「お話が違うようですね、失礼します」

「えっ! そんなにはっきり言うの?」


そうです、ただ・・・、瞑想をしたりしていると、

「違うよ」

と教えてくれることがシバシバです。



だってね、自分の時間を大切にしたいし、私を待っている人がいるかと思うと、

その方々と会っている方がいいじゃないですか・・・・。


自分に栄養を与えていく時間を大切にしています。


 

私は、起業されている女性がもう一つの収入で5~10万円プラスできて、

そのお金でお子さんにも経験をプレゼントできるといいなぁとお仕事の提案をしています。


・もう一つのキャッシュポイントの提案は、こちらです。
・更にキャリアアップをめざしている方には、こちらです。
・メルマガをご紹介いただけたらとてもうれしいです。
ありがとうございます。
その際は、このURLをご案内くださいませ。