町田 樹選手の男気 | 元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

元CAキャッシュを生み出す女性起業家応援熊谷留美子

今の収入にプラス5万円以上あったら・・・、その仕事を提案しています。 


テーマ:

こんにちは、女性応援企業エグゼクティブクルー株式会社の熊谷留美子です。

世界フィギュア選手権がありました。
今年は、オリンピックの年でもあり、人気爆発でした。

ソチオリンピックに出場した、町田 樹選手



哲学的とも言える発言が、オリンピック中は多かった記憶があります。
確信に満ちた顔で「私自身が素晴らしい演技をおみせします」
と言い続けていらしたのです。
町田選手の名前は、ご自身も語られていましたが、ナンバー6のオトコだったそうです。

このことを右脳トレーニングの観点で書いてみます。

それは、コーチから「言葉」を意識するようにと指導があったそうです。
言い続ける町田選手。

その町田さんが、
1)ショートプログラム
2)フリー

の2種目があるのですが、今回の世界選手権では、1)のショートプログラムでなんと1位をとったのです。
金メダルの羽生結弦選手は3位。
点差は7点。
だれもがこの7点からの逆転は難しいだろう・・・と予測。

ところが、羽生選手は「意地と気合でやった」と話したとおり、点差はな、なんと0.33点差で1位。
町田選手も、それはそれは圧巻の演技でしたが、2位でした。
羽生選手の演技をテレビ画面でみていた町田選手
「すごい」
本当に称える言葉を発していました。
懸命にやったからこそ、出る言葉なのかと心打たれました。
それらを前提に、下記のような話をしていました。

///////////////////////////////


表彰式を終えた後の2人並んだインタビュー。
町田は「20年スケートをやってきたけど、一番いい戦いでした」と健闘を称え合った。

 「僕はいつも結弦選手からインスパイアされて、彼を目標に頑張ってきたので。来年は容赦なく、ぶっつぶしにいきます。これ(金メダル)目指すから」

を冗談ぽく笑って羽生のメダルを指さしながら、来季を見据えた。


//////////////////////////////////


口に出し続けてきた、喜んでいただく演技、最高の演技を、世界選手権で魅せてくださった町田選手。

「樹(たつき)」の大きな文字がいっぱい会場にあふれていました。

スケートリンクで表彰式を終えた羽生選手が、日本の国旗をもった二人の女性に近づき、借りていました。
その女性は「樹」の文字をもっていたので・・・・・、

挨拶のスケートを二人が終えたあと、町田選手に
「あそこの女性に借りたんだよ」
って、言ったような気配。
町田選手は、「樹」の文字の女性に、日本国旗を返し、その時にいっぱいお話していましたよ。

ファンを大切にしている姿勢も心打ちました。

世界選手権が終わってからのイベントで8歳の女の子の質問「スケートをやり続けていく上での大切なことは?」にこう答えていました。

「自分のやりたいことや信じることを、いいときも悪いときもひたむきに諦めずに取り組む。

絶対に光はつかめる。」





元CA魅力発掘とキャッシュを生み出す女性起業家を応援さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります