学校訪問

7月2日


今日は、アユタヤから30キロほど北にあるアントンというところにある学校に行ってきました。


学校なんだけどお寺。


お寺で学校もやっている孤児院みたいなところです。


今日は朝8時にチットロム駅近くのアマリンプラザ前に集合。

そこから車に乗せて頂き、アントンへ向かいました。


途中、ちょっと寄り道もしたりしながら、アントンのお寺「ワットターンルジェットチョー」(読み方合ってますか??)に着いたのは10:20くらいでした。

『平安桜』~着物は私の戦闘服~

ここのお寺は、お寺としては90年くらい前からで、20年くらい前から身寄りのない子供たちを預かっていて、6年ほど前に国からの学校としての認可が下りたらしいです。


それでようやく先生を派遣してもらっていろいろと勉強をすることができるようになったそうです。


まずは、到着してしばらくすると、お坊さんのお経が始まりました。

私たちのためのお経なんですか??

ちょっとよくわからない状況だったのですが、約30分間ほどのお経がありました。


お坊さんは12人いて、糸みたいなものでみんながつながってお経をあげていました。

私はその前で手を合わせじっとしていただけなのですが、よくわからない状況の中で30分が1時間くらいに感じられました。


途中で色々な料理が運ばれてきて、それをお坊さんにお供え(っていうのかな?)をして、またお経があって、


最終的にはこのご飯はお坊さんがみんなで食べるんですよね。


最後の方になってようやくわかったのですが、このたくさんのお料理の数々が、いわゆる「施し」なんですよね。

私はお金を出していないのでわからなかったんですが、今回一緒に行ったタイ人の方々がきっと支払って料理をしてもらったご馳走なんでしょうね。


何しろ初めての経験で、戸惑うことばかりでした。


お坊さんたちのお食事のあとは私たちもお食事です。

これまた豪華な食事が出てきました。


『平安桜』~着物は私の戦闘服~

『平安桜』~着物は私の戦闘服~


私たちの食事の後で、いよいよ子供たちの食事です。

今日は、このお昼ごはんも子供たちへのプレゼント。


みんなきちんと並んで、会場の外で待っています。

『平安桜』~着物は私の戦闘服~

そして順番に中に入り、いったん席に着きます。


『平安桜』~着物は私の戦闘服~



そして先生からのお話とか、お祈り(?)とかあったあと、一列づつ順番に並んで、お昼ご飯を受け取ります。

『平安桜』~着物は私の戦闘服~

みんなとってもお行儀よく、必ず手を合わせて「コップンカ」を言ってから受け取ります。

『平安桜』~着物は私の戦闘服~

食べてる時はみんな一生懸命。

日本人の子供と違い、残す子なんて一人もいませんでしたよ。

『平安桜』~着物は私の戦闘服~
『平安桜』~着物は私の戦闘服~


食事中の子供たちと、ちょっと喋ってみた。

『平安桜』~着物は私の戦闘服~

このあとは、私たちはこのお寺の敷地内をいろいろと案内してもらいました。


まだまだ続きます。