■今週の相場観&論点

今週の論点は、米・雇用統計、ISM製造業景気指数、PCEコアデフレータと、FRBが金融政策を決める最重要情報がまとまって出てきます。9/20のバランスシート縮小はほぼ決定事項ですが、最後の確認作業を今週行います。瓦解するような悪材料にならなければ、実施するでしょう。9月の相場はこの週から始まります。良いデータであればドルが持ち直す展開を想定できます。状況から考え、すこしドルは売られ過ぎと考えるべきでしょう。他にもいくつか重要データがあります。

 

経済指標の問題はそれでよいのですが、問題はトランプ大統領の動向です。投資する私たちにとって最も大きなリスクは【ツイッター砲】です。これには私も煮え湯を飲まされています。一過性の情報なのですが、相場を大きく動かす効果があり、かつ突然材料になるので手が負えません。白人差別、ロシアゲート、北朝鮮リスク、政権への不信任、メキシコの壁、債務上限とリスク要因を多彩に抱えています。発言や報道にも目配りをしなければなりません。その意味で、トレードの難易度は高い日々が続きます。

 

■今週のファンダメンタル情報

28日(月)
独仏西伊首脳会談(パリ)
英国市場はサマー・バンク・ホリデー祝日で休場

29日(火)
日本雇用統計(7月)
米消費者信頼感指数(8月)
米S&Pケースシラー住宅価格指数(6月)

30日(水)
米ADP雇用者数(8月)
米GDP改定値(第2四半期)
パウエルFRB理事、講演
メイ英首相、来日(1日まで)

31日(木)
中国製造業PMI(8月)
独雇用統計(8月)
ユーロ圏消費者物価指数(8月)
米個人消費支出、PCEコアデフレータ(7月)
米中古住宅販売制約指数(8月)
米新規失業保険申請件数(26日までの週)

1日(金)
中国財新製造業PMI(8月)
米雇用統計(8月)
米自動車販売(8月)
米ISM製造業景況指数(8月)

 

AD