10月になってしまいましたが、

夏が旬(のハズ…)のカボチャの話です。(=´Д`=)ゞ

 

※なのに、なぜか冬至にカボチャを食べるのよねぇ。(・・?

ハロウィーンは本当は飾り用のカボチャで、

食べないと思うのだけど…。

 

参考HP:野菜ナビ「かぼちゃの旬 出回り時期」

http://www.yasainavi.com/calendar/yasaiindivi/cal=1153

 

-------------------------------------

深セン(中国)のカボチャは、冬瓜のように大きく長くて、

輪切りで売られているのが基本。(@_@;)

(しかも皮はオレンジ色!がほとんど)

 

火を入れてもガリガリしていたり、

柔らかすぎてぐずぐずだったり、

日本人にはおいしく思えないものが多く。

 

その中でも「新疆貴族南瓜」はホクホクして

おいしいよ~、と、数年前から日本人の間で

話題になりました。(*^o^*)

 

それがコレ。↓(半分に切った状態)

新疆貴族カボチャ

写真は、以前の記事から再掲。

中国(華南)は色々でっかいど~。(写真追加) (

 

食感や味は日本のものに近いけど、それでも細長くて

身が薄いのが今一つでした。(すぐ煮崩れるのよ…)

(-з-)

ニュージーランド産の輸入物が一番良いけど、

季節が逆なので冬~春先で終わっちゃうのよねー。

 

と、8月末オーレ(Ole’)で見かけたカボチャ。

丸い!緑色!適度な大きさ!(笑)

そして重くて中もしっかり詰まってる~。(・∀・)

↑ポップに書いてある名前は…。

「栗味南瓜 Chestnut flabour pumpkin」。

 

産地は…、漢字が読めない…。(-。-;)

英語表記は「Urumqi」、ウルムチと読めますね。

遠いところから飛行機で運ばれてきたらしい。

 

※後で調べたら、新疆ウィグル自治区の首府だそう。

 無知でスミマセン~。(^_^;ゞ

 

なになに、「天山の雪解け水でできて、日当たりが良く、

昼夜の温度差が大きい」←全部意訳。

 

「肉厚で、食べると板栗の味のよう」

「板栗」は、日本でいう「天津甘栗」みたいな甘い栗。

 

ポップの下の方には「ニュージーランド種」ともある。

これは買いだね~。\(^o^)/

 

なんだけど、前日「板栗番薯(サツマイモ)」を買った

ばかりなのよね~。なので、また次回!(TωT)ノ~~~

 

「板栗番薯」についてはこちら↓

おススメのサツマイモと簡単タンドリーチキン! (

 

 

で、9月に入って買いに行ったら。

↑あれ、名前が変わってる!?∑(-x-;)
「新疆貴族南瓜(丸) Hig Quolity Goods Longevity Food」って…。

「Longevity」は、「長寿、生存期間、寿命、生命」??


ポップの他の文章は、前回とまったく同じみたい。

以前からある長細い「新疆貴族南瓜」の評判が良くて、

それにあやかろうと名前を変えたのかな~。(^_^;)

 

 

まあ、とにもかくにも、煮つけてみよう~。o(^-^)o

★9月上旬のカボチャの煮物の献立

●鶏モモ肉の唐揚げ+ピーマンの素揚げ(+レタス・トマト)

△カボチャの甘煮

△ゴーヤーの塩昆布和え(白ゴマ)

▼豆腐・シメジ・長ネギの味噌汁
◎白米

 

-------------------------------------

9月はまだまだ真夏の深センの、夏野菜献立。

 

カボチャは定番の煮物で。(水+砂糖+醤油(+塩)のみ)
あまり煮崩れないし、ほくほくもっちり~。ヾ(@^▽^@)ノ

ニュージーランド産よりおいしいかも!?

 

少し小さ目のカボチャだったので、残りは翌日の

お味噌汁で使い切りました。

 

 

ちょっと間をおいて、また同じカボチャを購入~。(*^o^*)

★9月下旬のカボチャの煮物の献立

■サンマの塩焼き(大根おろし、焼きネギ)

△カボチャの昆布煮

△菜心の辛し和え

▼ナス・玉ネギ・エノキダケの味噌汁

◎白米

-------------------------------------

日本産の冷凍サンマをフライパンで焼きました。
(「くっつかないホイル」を引いたんだけど、

 くっついた~。(;ω;))

 

水に早煮え昆布を30分漬けて、そのまま煮汁に。
昆布は細切りにして一緒に煮ます。

(味付けは砂糖・醤油、酒・みりん)

だしも効いて、甘ウマ~。(-^□^-)

 

 

写真に撮ったカボチャのポップをよく見たら、

「皮をつけたまま食べるのもおススメ。

 口当たりが良いよ」と書かれてました。

 

中国では、いつも皮はむいちゃうのよね…。(・_・;)

今回も薄くむいたのだけど、確かに皮は薄目だし、

傷や汚れも少ないし…。

ので、翌日は皮ごとチャレンジしました。(^o^;)


★9月下旬のカボチャの炒めものの献立

●牛肉とカボチャのバター醤油炒め(ニンニク・サヤインゲン)
△白菜と薩摩揚げのの煮物(エノキダケ)
△ナスのコチュジャン和え(ニンニク・ショウガ・白髪ネギ)
▼油揚げ・大根・ワカメの味噌汁

◎白米

-------------------------------------

翌日はカボチャの炒めもの~。(^~^)

私、ほくほくカボチャを炒めるのも結構好き。

カボチャ(1/4個)は皮ごとラップでくるんで

電子レンジにかけました。(^人^)

(柔らかすぎないよう、上下それぞれ30秒~1分)

食べやすく切って、少な目の油で焦げ目が付くように

焼いて、あらかた火を通したら取り出します。

 

フライパンに油少量を足してニンニクを熱し、

塩・コショウで下味をつけた牛肉を炒める、

→下茹でして切ったサヤインゲンを加える、

→カボチャを戻して炒め合わせ、
バターと醤油で味付けします。ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

カボチャの皮は(レンジにかけたせいもあってか)

まったく気にならずに食べちゃいました。(´∀`)

 

外側カリッと、中ほくほくでオイシ~。ヽ(・∀・)ノ

ダンナさんも絶賛!

揚げ物が上手な人は、天ぷらとか揚げ浸しも

良さそう~。(*^v^*) (私は下手なので…)

 

 

この「新疆貴族南瓜(丸)」もしくは(笑)

「板栗カボチャ」は、かなりのおススメです。ヽ(゚◇゚ )ノ

 

が、このカボチャの旬(最盛期)は「8-10月」!!

早くしないと終わっちゃう~。(゜ロ゜)

(スミマセン、ブログでお知らせするのが遅れてて…)

 

おいしいカボチャが食べたい人は、深センにも

何店舗かあるスーパー「Ole’」か「BLT」へ

早めにGo!三 (/ ^^)/


※BLTもOle'と同じ系列なので、たぶんあるかと。c(>ω<)ゞ
 

丸のままでしか売ってなかったら、

「我只要一半 (wo3 zhi1 yao4 yi2ban4) 」

「请把南瓜切成半儿 (qing3 ba3 nan2gua1 qie1cheng2 ban4r)」

 

カボチャを手にして手刀のジェスチャーで、

「请切一半 (qing3 qie1 yi2ban4)」だけでも
何とかなります~。(`◇´)ゞ
 

※カボチャ半個で20~25元くらいです。
(いつのまにか1元=15円!

 1年くらい前は20円だったよね…。 (@_@;))

 


 

Ole’店舗(中国語)

http://www.crvole.com.cn/index.php?r=store

 

関連過去記事:

9月の連続家ごはん献立~サバと里芋と水キムチ! (

↑ちょうど1年前は水キムチにハマってた。(`◇´)ゞ

 

「笑う!中国(深セン)生活」:中国生活~料理・食事の記事

http://ameblo.jp/hedgehogsroom/themeentrylist-10075140029.html

↑食べ物関係だけ、まとめて読めます。( ^)o(^ )

 

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。

↓応援クリックお願いします。(どのバナーでもOK)

 

にほんブログ村 トラコミュ 中国で自炊・家ごはんへ
中国で自炊・家ごはん

 

中国は10月1日から国慶節(建国記念日)の連休なので、

あまり投稿がないかもしれませんが…。( ̄▽ ̄;)

(そしてこのブログも読まれない可能性が…。 (;一ω一||))

 

 

連休中もマメな or 奇特な or 休みが取れなかった (ToT)

在中ブロガーさんの記事もこちら↑から。

 

 

 

 

 

AD

コメント(3)