早いもので、もう8月も終わり…。┐(´д`)┌

中国でも今日から(明日から?)学校が始まって、

ようやく街が少し静かになるかな…。(-。-;)

 

夏休み中は小学生がショッピングモールで

走り回ったりして遊んで、むちゃくちゃ騒がしいし、

カフェでは中高生が席を長時間占拠して、

勉強したり昼寝したりゲームしたり…。(´△`)

(※中国のカフェやマックでは寝ていても追い出されない

 

他に行くところないんかい~、∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

と思いますが、ないんでしょうね…。

そして家より外の方がクーラーが効いていて

居心地が良いのでしょう…。(; ̄_ ̄)=3

 

 

でも、深センの夏はまだまだ続くよ~。(=◇=;)

(だいたい10月くらいまで「夏天 (xia4tian1)」。)
ということで、夏真っ盛りの1週間の献立です。

(食材の使いまわしのヒントにも!)

 

♪日曜日はカヴァで洋食~

♪前菜ばかりを食べ呑んだ~ (///∇//)

■冷凍シシャモのガーリックソテー(トマト・レタス)

□スモークサーモン3種

(アボカド巻き、クリームチーズ巻き、セロリと人参のマリネ)

○イタリアンサラミ(玉ネギスライス)

○レバーペースト+クラッカー

カポナータ(ナス・2色パプリカ・緑ピーマン・トマト缶・ニンニク・ローリエ)

アスパラのバター和え

△緑オリーブ

◎スパゲッティ・アラビアータ(市販ソース)

-----------------------------------

香港でゲットしたカヴァ(スペインのスパークリングワイン)を

呑むために作った献立。(*^o^)/□☆□\(^-^*)

 

洋食はどうしても野菜が少なくなりがち。

ということで、久しぶりに「カポナータ」を作った。

ズッキーニが売ってないので、こちらの黄色い

カボチャを入れようかと悩んだけど、

良しあしがわからず断念…。(;一_一)

 

中国にある食材でできるのだから、

深センのイタリアン・レストランでも出して欲しいな~。

(^~^)

 

アスパラの洋風の料理法は、これ↓がおすすめ。

みんなのきょうの料理(NHKエデュケーショナル)

アスパラガスのバター風味

 

深センの細くてイマイチなアスパラガスも

結構おいしく食べれます!?( ̄▽ ̄;)

 

 

♪月曜日はセロリ・パプリカ~

♪オイスターで炒めて中華~

豚肉とセロリ・パプリカのオイスター炒め(ピーマン・ニンニク)

△キャベツと薩摩揚げの煮物(エノキダケ)

△スナップエンドウの明太マヨディップ

アボカド納豆(玉ネギ)

▼ジャガイモ・玉ネギ・ワカメの味噌汁

◎白米

-----------------------------------

日曜の洋食で余った食材を使う献立。(^人^)

 

うちは基本和食で、週末に洋食を作ることが

多いので、サラダで余ったアボカドが、

週明け和食で納豆に入って出てくることが多い。(笑)

 

納豆と言えば「辛子(芥子)」なのだけど、

アボカドと言えば「ワサビ(山葵)」よねー。

アボカド+ワサビ醤油、最高~。ヽ(=´▽`=)ノ

これ最初にやった人、本当にエライ!!(笑)

 

♪火曜日はイオンで買った~

♪日本産塩鮭に歓喜~

塩鮭焼き

○ジャガイモのそぼろ煮(インゲン)

△トマトとオクラの酢味噌和え

△豆苗のおひたし(削り節)

▼ 豆腐・長ネギ・エノキダケの味噌汁

◎白米

-----------------------------------

今月頭にやっていた、イオンの「北海道フェア」

北海道産のお菓子など食品が売られるのですが、

日本人にとっては魚介(冷凍だけど)が一番うれしいかな~。

\(^o^)/

 

フライパンにオーブンシートを引いて、

蓋をして弱めの中火でじっくり焼く

焼き目も着くよ~。(ちょっとムラがあるけど)

 

※中国のガスレンジには魚焼きグリルは

ついてません。あれは魚を七輪で焼いて

食べる、日本の発明品よね~。

(日本人が多い上海には一部、あるらしい)

 

やっぱり鮭はうまい~。ヽ(゜▽、゜)ノ 

サーモンとは違うよねぇ。

 

サーモンと鮭の違いは、こちら↓でも。

関連過去記事:

里芋の味噌煮と中国駐在員へのお土産

 

あとね、切り方が違う。(`∀´)

日本は3枚におろしてから、(→大きい骨もとれる)

頭に向かって斜めに切るんですよね。

だからお皿に載せたとき、向こう側の皮が見える。

(パリパリに焼くと、これもウマイ!)(^~^)

 

中国は(他の外国の多くも)魚は輪切り

(→腹骨やヒレがついてて食べにくい)

↓こんな感じ。

 

こちらで輪切りの魚を、二人分に分けて

日本の切り身っぽくして料理していて

気付いたこと。

 

火にかけると皮が縮んで身が反り返る!!Σ(゚д゚;)

月曜人参モヤシ玉子炒め

↑サワラの輪切りを2つに分けて、

塩麹に漬けて焼いたもの。

身が反り返って2つに割れてしまったのを、

ごまかして並べてます。σ(^◇^;)

 

※上の写真は以前の記事↓から再掲。

連続「突然家ごはん」献立とモヤシの苦労… (

 

そうか、魚を斜めにそぎ切りにするのは、

そういう理由もあったのか~。(´∀`)

 

日本の食材の切り方や下準備って、

素材のおいしいさを引き出すのはもちろん、

見栄えや食べやすさも考えられてるんだな~、

ってつくづく思います。ヽ(・∀・)ノ

 

 

♪水曜日は骨付き肉を~

♪ 隠し味にはカレー粉~

 

 ●豚スペアリブのオイスター漬け焼き(キャベツ・パプリカ炒め)

 △冬瓜とサクラエビの煮物(エリンギ)

ツルムラサキの梅おかか和え

▼豆腐・オクラ・長ネギの味噌汁

◎白米

-----------------------------------

 少し円高(元安)になったら(←いいんだか、悪いんだか)

中国でも高いスペアリブが安く感じて久々購入。(*^_^*)

 

漬け汁は、オイスターソース(大さじ1)、

醤油(大さじ1弱)、きび砂糖(大さじ1)、蜂蜜(大さじ1)、

カレー粉(小さじ1弱)、ゴマ油(小さじ1弱)、

玉ネギすりおろし(1/4個)、ニンニクすりおろし(1片)。

(お肉300gくらいに対し)

 

カレー粉とゴマ油の隠し味で、深い味わいに!?

漬けこむ時間が少なかったら、フライパンで蒸し焼きに

した後に、漬け汁を入れて煮絡めるのと良いです。

v(^-^)v

 

日曜日のカポナータのために買ったパプリカ&

ピーマンをようやく使い切ったよ…。( ̄▽ ̄)=3

 

 

♪木曜日は市場で買った~

♪アジをトースターでフライ~

 

アジのチーズフライ風(トマト、キュウリのピクルス)

 +タルタルソース(ピクルス・玉ネギ)

△タケノコとコンニャクの土佐煮(削り節)

ツルムラサキの柚子コショウ和え

▼油揚げ・冬瓜・シメジの味噌汁

◎マツタケご飯(冷凍保存品)

-----------------------------------

この日は友人に付き合ってもらって、

老街側から東門歩行街をうろうろした後、

湖貝東門生鮮市場に行きました。(*^ー^)ノ

(暑い中お付き合い、あざっす!(笑))

 

「湖贝东门市场大厦 (hu2bei4 dong1men2 shi4chang3 da4sha4)」

というビルに入っているので、場所が気になる人は

↑これをコピペして百度地図で見てね!

 

ここは国貿の和食屋さんも、大葉(青じそ)を

買っているという噂の大型の公設市場。

以前来たときは、1階の魚介売場を見ただけで、

2階にある野菜売場に気づかなかった…。 (><;)

 

他のブロガーさん情報で、階段で2階に上がれば、

大葉があるよ~、と教えていただいて今回こそ!

と、うろうろしたものの見つからず…。(´д`lll)

 

時間も昼過ぎで遅かったせいか、他の野菜も

良いものに見えず、何も買わずに1階に降りました

ガッカリ。_| ̄|○

 

 

1階の魚介市場は、半分くらいお店が閉まってたけど、

普段見ない大き目なサバやアジがあったので、

一番よさげなお店でアジを買って帰りました~。o(^-^)o

2尾で5~6元。やっぱり安い~)

 

自宅に戻って、すぐアジの頭とお腹を出して

冷蔵庫へ。買ってすぐに帰ってきたので、

アジの身はしっかりしてたけど(笑)、

本人は暑さにやられてぐったり。(; ̄_ ̄)=3

しばらく横になってました…。(´△`)Zzzz・・

 

ので、野菜類を買いに行けず、この日は

あるもの(ストック)で副菜を作った。(-д-;)

(野菜が少ないので、無理やりピクルスを添える)

 

アジは、大葉がゲットできたら梅シソフライ(orソテー)

したかったんだけどね。残念。

 

いざ料理しておどろいたのが、アジの体全体に

ウロコがびっしりついてた。(@_@;)

日本の真アジは、あっても背中の方に少しだけ

だった思うけど。

 

そういえば日本でも、丸アジとか青アジとか

言われる少し大きいものは、ウロコがびっしり

ついてたなぁ~。(~Q~)

深センでゲットしたのは、こっちの仲間かもね。

 

身は弾力もあっておいしかったけど、ほとんど

脂がのっていなかったので、きちんとフライに

したほうが良かったなー。(^_^;ゞ

 

※今回は(も)、「なんちゃって(揚げず)フライ」。

小麦粉+マヨネーズ+水を混ぜ合わせて、

チーズ入りパン粉もつけて、オリーブオイルを

ふって、オーブントースターで焼いた。

 

関連過去記事:

「簡単サーモンフライ~中国でもゴボウは食べるの?」をUPしました。 

 

 

ようやく金曜だ~。(^o^;)

 

♪金曜日はツルムラサキを~

♪ニンニク炒めでナンプラー~

豚肉とツルムラサキのナンプラー炒め(人参)

△ナスのピリ辛煮(赤唐辛子)

△ニラと竹輪のゴママヨ和え

▼冬瓜・シメジ・ワカメの味噌汁

◎白米

-----------------------------------

最近ハマってる野菜、

それはツルムラサキ!(*^v^*)

(この水曜と木曜日も登場!)

 

日本でも買ったことが数回しかなく、

ゆでてお浸しにした程度。

正直なじみがなかったけど、他の野菜が

あまりにも良くないので、異国の地で

チャレンジしましたよ!σ(^◇^;)

 

-----------------------------------

ツルムラサキの名前の余談:

↑中国語では「木耳菜 (mu4'er3 cai4)」。

切るとトロっとする感じが「キクラゲ」に

似ているからかな~。(*^_^*)

 

あ、ご存知だとは思いますが、

「キクラゲ」は「木耳」で、木に着くキノコです。

「黄クラゲ(水母・海月)」で、海の生物だと

思っている人がいるとかいないとか…。f(^_^;)

(私もキノコだと知ったのは20才の頃ですが…)(//・_・//)

 

ちなみに英語名は「Malabar Spinach(ホウレンソウ)」。

「Malabar」って何ぞや?と調べてみたら、

「インド南西部のマラバルン海岸」のことだって。

このあたりが原産地なのかな。(-з-)

 

 

と、他のスーパーでツルムラサキを見つけたら。

↑写真だとラベルの字は見えないと思いますが、

Chan vegetable ●菜」と書いてある!?Σ(゚д゚;)

 

●は、「漏」の雨の部分が違うのだけど、

小さくてよくわからない…。(+_+)

「chan」のピンインで引いたら、「潺 (chan2)」

だと判明。※「漏」の雨の部分に「子」が3つ。

 

「潺 (chan2)」は「川の流れる音、せせらぎの音」、

潺菜 (chan2cai4)」と「木耳菜」の関係は!? (・・?

 

困ったときは、Wikipedia。(`∀´)

「中華料理では木耳菜(ムーアルツァイ)、潺菜(広東語 サーンチョイ)などと呼んで炒め物にすることが多い。」

 

おお、普通話と広東話であったか。Σ(・ω・ノ)ノ!

さすが、広東省にあって普通話が公用語の深セン

 

※以前は、空心菜(普通話)と通菜(広東話)を

教えていただきました。↓

7月の家ごはん献立と…夏風邪?花粉症?

 

 

ちなみに「弦(ツル)」が「紫」色だから、ツルムラサキ

なんだけど、現在出回っているものはほとんど

「緑茎種」だそう。

名が体を表さなくなっちゃった。f(^_^;)

 

Wikiでは、沖縄では島野菜としてツルムラサキが

「じゅびん(地紅)」と呼ばれているとあります。

知らなかった~。(*'0'*)

 

野菜ナビ > 野菜図鑑 > ツルムラサキ 

↑こちらを見ると、1970年代(※)から普及し始め、

主に東北で栽培されているとのこと。

原産地(東南アジアや中国南部説あり)と違って、

日本の産地は涼しいところなので、ちょっと不思議。

 

※1970年代から普及し始めた中国野菜で

有名なのが、「青梗菜(チンゲンサイ)」。

(深センでは「上海青」が近いもの)

1972年の日中国交正常化に伴い

日本でも栽培されるようになったとの話。

 

野菜に地理と歴史あり、ですね~。(^~^)

 

関連過去記事:

サバ辛味噌煮とチンゲン菜の謎 (

 

結局「せせらぎの音」との関係性はわからない…。

広東語に詳しい方、お願いします~。m(_ _)m

 

余談おわり。

-----------------------------------

 

 

ようやくもどって、ツルムラサキを食べる話。(`◇´)ゞ

 

ホウレンソウなどより茎は太目で、

葉も厚くしっかりしているけれど、

火を入れるとすぐに柔らかくなります。

 

切るとオクラのように、粘り気があるのが特徴。

※これらの粘り気はムチンと呼ばれるフィトケミカル。

胃など粘膜を保護したり、免疫を上げたりすると

言われる。

 

ネット情報では「クセがある」とあるけど、

私は全然気にならないなぁ~。(-^□^-)

(モノや季節によるのかも。こっちは空心菜が

 結構クセがある…。ホウレンソウはアクが多いし)

 

ホウレン草などと比べると、火を入れても

あまりカサが減らないし(食べ応えがある!)、

洗って水に濡れた後でも冷蔵庫で数日もつので

ものすごく使い勝手がよい~。(・∀・)

 

この8月は、和え物7回、炒めもの2回

作りましたよ。ヽ(=´▽`=)ノ

(他に、辛し和え海苔和え、細かく切って

 納豆に入れたり山芋とろろにオクラと入れたり

 

週末のブランチにベーコンとニンニクで

洋風の炒めものにしたのですが、

洋風でちょっとトロリとする感覚って、

なんだか不思議でした。(`◇´)ゞ

 

ふつーに中華炒めでもおいしいと思う。

(鶏ガラスープの塩味、オイスター味など)

ツルムラサキ、絶賛おススメ中!ヽ(・∀・)ノ(笑)

 

毎日夏日&熱帯夜&湿度80%越えの深セン、

ねばねばツルムラサキを食べて

ながーい夏を乗り切りましょう~。p(^-^)q

 

 

-----------------------------------

♪土曜日は焼肉行きたい~

♪大雨降ったら残り物~ ┐(´д`)┌

 

♪友達よ、これが私の~

♪一週間の晩御飯~ ヽ(・∀・)ノ

 

♪テュラ テュラ テュラ テュラ テュラ

♪テュララ~

♪テュラ テュラ テュラ

♪テュ~ラ~ラ~ (ノ´▽`)ノ

 

↑ずっと言いたかったのよ、これ。

 

 

 

関連過去記事:

 7月の献立と夏が旬の野菜 

 1週間の献立~ロシア民謡にのせて (

 

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。

 

夏の中国で、みんな何を作ってるのかな~、

と思った人は、こちらをクリック。↓(^~^)

にほんブログ村 トラコミュ 中国で自炊・家ごはんへ
中国で自炊・家ごはん

 

人気の中国&深センブログもこちらから。↓

 

 

 

 

 

AD

コメント(4)