前回、「暑中お見舞い」をしたのに、もう
「残暑お見舞い」になってしまいました。(・_・;)

 

台風や大雨、熱中症やクーラーにも負けず、

皆様お元気でお過ごしでしょうか?( ´△`)

 

----------------------------

世界が注目するリオ・オリンピックですが、

ここ、中国深センでも盛り上がってますよ~。(≧▽≦)

 

日系スーパー・イオンにもオリンピックの

視聴コーナー(?)が登場。↓

この時は開会前でしたが、テレビでサッカーの

予選を流していました。

放送はCCTVの5CH(スポーツチャンネル)

のようです。

 

----------------------------

CCTVの余談:

 

CCTV(中国中央電視台)は国営テレビ局で、

CCTVだけで16チャンネルもあり、Σ(゚д゚;)

それぞれ専門ジャンルの放送をしています。

 

5CHは運動チャンネルで、24時間!

世界のスポーツ中継やスポーツニュース

やっています。

(他のチャンネルは、ニュース・経済・芸能・

 映画・ドラマ・音楽・科学・児童などなど)

 

国営放送ですが広告が入っていて、

地上波で無料で見られます

広告収入で賄っているため、税金も投入されて

いないそうです。へぇ~。(*'o'*)

 

サッカーのシーズンには、中国リーグだけでなく

ヨーロッパ各地の試合も多く放送されるため、

やたらにヨーロッパ・サッカーに詳しい

中国人も多いようです。

 

なので、ワールドカップ時は、中国が出場して

いなくても超盛り上がるんですね~。ヽ(゚◇゚ )ノ

----------------------------

 

話は戻って、イオンのオリンピック視聴コーナーの

テレビの隣にあるボード。↓

各国のメダルの数を書き込むようです。

オリンピックは、「奥运会(奥運会) (Ao4yun4hui4)」。

奥林匹克 (Ao4lin2pi3ke4) 运动会(運動会) (yun4dong4hui4)」

の略だそうです。

 

「奥林匹克」が「オリンピック」…。

なんだか暴走族の当て字みたい。( ´艸`)

 

奖牌(奨牌) (jiang3pai2)」が「表彰メダル」。

(bang3)」は「掲示」だそう。

 

ついでに

金メダルは、「金牌 (jin1pai2)」、

銀メダルは、「银牌(銀牌) (yin2pai2)」、

銅メダルは、「铜牌(銅牌) (tong2pai2)」。

 

 

表の左側には国名が並んでます。

中国 (Zhong1guo2)、

英国 (Ying1guo2)、は日本と同じですが、

美国 (Mei3guo2)、でアメリカ合衆国。

 

美利坚(美利堅) (Mei3li4jian1) 合众国(合衆国) (he2zhong4guo2) 」

の略だそう。

日本では「亜米利加(アメリカ)」なので「米国(ベイコク)」ですが、

中国語だと「メイリージェン」で「美国(メイグゥオ)」。

なんだかずいぶんイイ感じ!?(^人^)

 

澳大利亚(亜) (Ao4da4li4ya4) はオーストラリア、

俄罗(羅)斯 (E2luo2si1) でロシア。

発音は「アールォスー」で、全然違う!?(~_~;)

 

巴西 (Ba1xi1)、 ブラジルに至っては「バーシー」。

略語なのかポルトガル語由来なのか…。(?_?)

 

德国(徳国) (De2guo2) はドイツ。

日本 (Ri4ben3)、

韩国(韓国) (Han2guo2)、も同じですねー。

 

加拿大 (Jia1na2da4)、 カナダの

「加」は同じだけど、日本語だと「加奈陀」だそう。

 

西班牙 (Xi1ban1ya2) 、スペインは漢字も同じ。(~Q~)

法国 (Fa3guo2)、フランスは「法兰(蘭)西 (Fa3lan2xi1)」で

日本の「仏蘭西」とはちょっと違う~。

 

朝鲜(朝鮮) (Chao2xian3)、だけで北朝鮮=

「朝鮮民主主義人民共和国」を指すらしい。

 

----------------------------

イマイチわからないのが、この国名の順番

(下の写真は大会7日目のもの)

上から、中国、英国、米国、オーストラリア、

ロシア、ブラジル、ドイツ、日本、韓国、

カナダ、スペイン、フランス、北朝鮮。

 

地域別でもないし、前回のメダル取得数が

多い国順なのかなぁ!?

「あいうえお」順(中国ならピンイン順?)でも

ないよねぇ。

 

一番上が、地元中国なのは良いとして、

英国が二番目。(・・?

 

英国のAIIB参加や中国産原発購入に、

習さんがエリザベス女王に会ったりして、

いろいろと印象が良いのでしょうか!?( ̄▽ ̄;)
(英首相交代で雲行きが怪しいらしいですが…)

 

続くアメリカ、オーストラリア、ロシア、ブラジルと

大国というか面積の大きな国が続きますが、

まさか面積順でもないだろうな。(笑)

 

日系スーパーなのに日本の扱いが結構下

だというのもナンですが、(いろいろ配慮があるのかも…)

お仲間(?)のはずの北朝鮮がずいぶんな位置…。

(;一_一)

 

単純に「中国一般庶民」の国別好感度順だったり

しても、なんだか複雑だわ~。ε=(。・д・。)

国のブランド力や政治力の問題!?)

 

----------------------------

深センの地下街でもオリンピックコーナー

できてました。↓

競技別の日程表が書かれています。

理约(里約) (li3 yue1)」で「リオ」なんですねー!?

※もしかしらた「约」は異読の(yao1)かも…。

 

「奥运会(奥運会) (Ao4yun4hui4)」ではなく

奥运赛 (Ao4yun4 sai4)」となってますね。

 

「赛 (sai4)」は、「競争、試合」。

スポーツの大会でよく使われています。o(^-^)o

 

関連過去記事:

深センでミラノ・ダービーをやるらしい(追記あり)  (2015-07-13)

 

↓縦軸の項目(競技名)を見てみましょう。

足球 (zu2qiu2) はサッカー、

乒乓球 (ping1pang1qiu2)は「 ピンパンチゥ」で卓球!

↑この漢字はピンポン以外に使わない…。(^_^;)

 

游(遊)泳 (you2 yong3)は 水泳(ここでは競泳)、

跳水 (tiao4shui3) で、飛び込み!

 

花样 (hua1yang4) 游泳(you2 yong3)で、

シンクロナイズド・スイミング!?(*^o^*)

花样(様)」で「模様、柄、スタイル」の意味もあるそう。

 

水球 (shui3qiu2)は、そのまま水球、

举重 (ju3zhong4)は、挙重でウェイトリフティング、

艺术(芸術) (yi4shu4) 体操 (ti3cao1)で、新体操だ!

体操 (ti3cao1)は、そのまま。

 

网(網)球 (wang3qiu2)は、テニス。

 日本だと「庭球」でしたね。(^人^)

跆拳道 (tai2quan2dao4) は、テコンドウですね。

柔道 (rou2dao4) も、そのまま。

蹦床 (beng4chuang2) は、トランポリン。

 なるほど、跳ぶ床か~。(・∀・)

 

击剑(撃剣) (ji1jian4) で、フェンシング。

排球 (pai2qiu2)は、 バレーボール。

沙滩 (sha4tan1) 排球 (pai2qiu2)で、ビーチバレー。

  「沙滩(灘)」は「砂浜」のことだそう。

篮球 (lan2qiu2) は、バスケットボール。

 漢字は違うけど、「篮(籃)」も「籠」の意味です。

 

射击 (撃)(she4ji1)は、射撃。「撃」が「」って略しすぎ~。(^o^;) 

射箭 (she4jian4) で、アーチェリー!?「」は「矢」の意味。

田径 (tian2jing4)は、「フィールドとトラック」を指すそう。

 「田径 運動 (yun4dong4)」=陸上競技の略らしい。

羽毛球 (yu3mao2qiu2)は、 バドミントン。(^~^)

 

全28競技(306種目)中、16競技(21種)が載っています。

※体操・新体操・トランポリンは、競技名としては「体操」で、

 種目が別という分類だそうです。

 競泳・飛び込み・シンクロナイズドスイミング・水球も「水泳」で、

 バレーボール・ビーチバレーも「バレーボール」が競技名

 

参考HP:

ガンバレ!ニッポン!!五輪応援部

http://ouenbu.com/olympic/rio-kyougi.html

 

これらのボードに載っている競技が、中国で

人気のあるor中国が強いものってことですね~。

 

 

あれ、レスリングがない!?∑(-x-;)

日本はプロレスの影響もあってか(?)、

レスリングが昔からメジャーですが、

中国では盛んではないようです…。(-з-)

 

他に載っていない競技は、

ボクシング、ヨット、ボート、カヌー、

ホッケー、ハンドボール、7人制ラグビー、

自転車、トライアスロン、ゴルフ、

馬術、近代5種

 

日本でもマイナーな競技もありますが、(^_^;ゞ

ボクシングやゴルフなどが中国では

人気がないのは、ちょっと意外ですねー。

 

----------------------------

地下街のあちこちにあるモニタでも、

オリンピックのダイジェストを放映中。

体操男子の団体で日本が優勝して

喜ぶシーン。(この時、中国は3位でしたね)

 

立ち止まって、ずっとモニタを見上げている

人達も数人いました。

↑柔道男子で金メダルを取り、感極まって

泣く日本人選手。(もちろん、この直前に

 優勝を決めた試合の様子が流れていました)

 

 

ふと思ったのですが、中国のテレビでは

中国の選手が出ていなかったり、

メダルを取れなかったりしても、

 

優勝者(外国人)の演技や優勝決定シーン

何度も放送してるんですよねー。

 

日本のテレビ(地上波のニュースやワイドショー)って、

日本人選手の同じVTRを、一日中ずーっと

何度も繰り返して流してるだけ…。ヽ((◎д◎ ))ゝ

 

「(日本の)○○選手は入賞なりませんでした。」

と報道するも、外国人の優勝者のVTRが

流れないんですよね。

 

せっかく世界のトップアスリートが集まって

いるのに、その活躍を見せないなんて、

ナンダカオカシクナイデスカ…!?

 

そういう意味では中国は日本よりずっとフラットに

オリンピックやスポーツを楽しんで観ている

気がします…。ヽ(=´▽`=)ノ

 

----------------------------

↓別のイオンのオリンピック視聴コーナー。

テレビの手前には、ビールやお水に紙コップ、

野菜チップスやナッツ類など。

(イオンのプライベートブランド・トップバリュが中心)

 

自宅でオリンピックを観戦しながら、

これを飲み食べしてね~、ってことかしら。

 

うーん、商売上手。(`∀´)

 

 

 

 

 

----------------------------

本日も、長文を読んで下さりありがとうございました。m(_ _)m

たまにしか更新していないので、許して~。σ(^◇^;)

 

 

にほんブログ村に参加しています。

↑人気の中国&深センブログもこちらから。

 

 

 

 

AD